2020年10月29日 (木)

スシロー快進撃の奇跡

12月10日(木)に、大阪商工会議所主催の第3回ビジネス講演会で「スシロー快進撃の奇跡」という題で、講師は株式会社あきんどスシロー代表取締役社長 堀江 陽氏。▼回転寿司業界の売り上げトップで快進撃を続けるスシロー。▼堀江社長は1970年生まれの50歳で、生命保険営業マンから2000年にスシローに転身、トラック運転手のアルバイトからトップ(2019年)になられた異色の経歴をお持ちです。
▼スシローは、大阪市阿倍野区にあった「鯛すし」の職人が1980年に1984年に創業されました。▼創業当時から継承されている「うまいすしを、腹一杯。▼うまいすしで、心も一杯」の想いを企業理念に、売上1940億円(2019年度)の好業績を達成されています。
▼堀江社長より、スシローが中小企業から大企業に成長していく中でのご苦労や組織に必要なことなどご自身の体験談を交えて率直に語っていただくのを楽しみです。
■関連WEB:株式会社あきんどスシロー (売上1940億円:2019年9月末) ■関連WEB:くら寿司株式会社の会社案内(売上1325億円:2018年10月末)

 

|

2020年10月28日 (水)

脱炭素社会への挑戦

日経産業新聞フォーラムを受講しました。
「『脱炭素社会への挑戦』脱炭素時代を生き抜く環境経営」
   ~変える企業意識 変えるエネルギーの使い方~
◆日時:10月28日(水)13:00~15:00
◆会場:オンライン開催
◆主催:日本経済新聞社
🔳プログラムPROGRAM
▼13:00~13:30 基調講演
「脱炭素経営による企業価値の向上について」
 環境省 地球環境局地球温暖化対策課 課長 
 小笠原 靖氏
▼13:30~14:00 基調講演
「エレクトロヒートが拓く省エネ・脱炭素イノベーション」
 一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
 会長 内山 洋司氏
▼14:00~14:30 プレゼンテーション
「環境経営と経営力強化
 ~先進企業が実践するエネルギー対策とは~」
オムロン フィールドエンジニアリング
エネルギーマネジメント事業本部
  田渕 博史氏
▼14:30~15:00 特別講演
「ソニーの環境への取り組み
~RE100達成への活動事例のご紹介~」
ソニー サステナビリティ推進部 環境グループ
ゼネラルマネジャー 志賀 啓子氏
■菅首相の所信表明演説は「温室ガス2050年ゼロ宣言」、中国政府は2035年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討しています。

 

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

緊急対談「コロナ禍と能」

10月27日(火),緊急対談「コロナ禍と能」をZoomウエブナーで視聴しました。
◆日時:10月27日(火)19.30—21.10
◆場所:山本能楽堂及びZoomオンライン
◆演題:緊急対談「コロナ禍と能」
◆講師:
・公益財団法人山本能楽堂代表理事
・観世流能楽師・
 山本 章弘氏
・大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問
池永 寛明氏
◆内容
◆目次
失われつつある力1 ─ 時間軸と地理軸
失われつつある力2 ─ 初心
失われつつある力3 ─ 融合
失われつつある力4 ─ 想像
失われつつある力1 ─ 時間軸と地理軸

■コロナ禍で、650年続いてきた能が果たすべき役割、あるいは、能を現代社会にどのように生かしていくのか。能は物語になっています。そう、能は演劇です。しかも現在でも演じられている、世界で一番古い舞台芸術です。1300年代にできたミュージカル。室町ミュージカルです。
新型コロナウィルスが起こす社会変革。明治維新、戦後以来のリセットだと言われています。
能がお客様に求める想像力。その想像力をどのように取り戻すのか。働き方、暮らし方、学び方、、、、全てが変わる、あるいは変わらざるを得ない日常の中で、650年の歴史の中、様々な社会変動を乗り越えてきた能に何かヒントが隠されているのか、、、考え続けていければと思います。
舞台のうしろの鏡板の「老松」はどの能でも同じ松である。どの演目も背景を変えない。あの老松は不変。観客は能を観るだけでなく、声をはじめ五感・音で観る。むしろ声・音が大事ともいえる。観客は舞台を観て聴いて「想像」した。
2020102736

 

 

|

2020年10月26日 (月)

星のブランコ(吊り橋)

交野の地は、七夕伝説の里であり、星降る里のシンボルという意味合いで、この吊り橋に「星のブランコ」という愛称がつけられました。 星のブランコは、標高180m、全長280m、最大地上高50mの木床版吊り橋で、人道吊り橋としては全国的にも最大級の規模です。吊り橋からは、ほしだ園地の森が眼下に望め、四季折々に美しい姿を見ることができます。スリルを味わいながら空中散歩を楽しんでください。

 

2020102618

星のブランコ(吊り橋)へのアクセス
京阪電車交野線「私市」駅下車。
▼ハイキングコース(生駒縦走、かわぞいの道)をピトンの小屋まで徒歩約40分。
星のブランコへはピトンの小屋からぼうけんの路(急な階段の路)を経て約20分。
その後、緩やかな管理道を更に約5分となります。
▼体力などに自信のない方は「ぼうけんの路」の階段道ではなく「ほしだ園地管理道」をご利用下さい。
■関連WEB:ほしだ園地のマップ 202010072020102603202010261420201011

 

|

2020年10月25日 (日)

新しい農産物流通への挑戦

大商夕学講座の第1回は配信期間が(10/21~10/27)でした。10月25日(日)13.25からYouTubeで受講しました。
日時:10月25日(日)13.25~14.25
演題:「0から100へ ~新しい農産物流通への挑戦~」
講師:及川 智正(おいかわ ともまさ) 氏 
   株式会社農業総合研究所 代表取締役会長CEO
受講:オンライン開催(YouTube配信)
要約:
 学生時代から農業への危機感を覚え、会社員を6年間経験後、農業界へ転身。自分で農業を3年、八百屋を1年実践し、その経験を活かし、2007年に現金50万円で農業総合研究所を設立。起業後10年で取扱高70億円を達成、農業ベンチャー初の上場企業となりました。 多数のメディア出演や講演活動、農林水産省の委員も務める及川氏が、農業のこれまでとこれからを語ります。
■関連WEB:株式会社農業総合研究所 
■関連WEB:注目の西日本ベンチャー100
■関連WEB:『農家の直売所』運営の農業総合研究所が5.6億円を調達 ■関連WEB:『及川智正、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

|

2020年10月24日 (土)

小売り、無人コンビニなど新業態加速

ミニストップは完全無人の店舗に参入する。扱う商品を菓子や飲料に限定した小型店で、支払いは全てキャッシュレスとする。出店費用を通常のコンビニエンスストアの1%以下に抑え、企業のオフィスの中など1000カ所への早期出店を目指す。これまでも人手不足を機に店舗の見直しが進んできたが、新型コロナウイルスで対応が加速している。
▼日本の小売業で無人店舗が広がり始めた。▼コンビニエンスストア中堅のミニストップは11月から企業のオフィスの中など約1000カ所に、支払いまでを客が自分でする小型店を出す。▼高級スーパーの紀ノ国屋も無人店を展開する。深刻な人手不足に新型コロナウイルスへの対応も重なり、店舗形態の見直しが加速している。▼ミニストップが始める無人店舗は商品棚を2~3つ程度並べた小型店で、広さは3~10平方メートルとオフィスの一画に設置できる。店員は置かずにセルフレジで客が商品のバーコードをスキャンし、ICカードなどキャッシュレスで決済する。(日本経済新聞2020.10.24)
▼アマゾン・ドット・コム:完全無人店(アマゾン・ゴー)を18年から開始
▼中国:無人コンビニ「ビンゴボックス」2017年から展開

|

2020年10月23日 (金)

働き方改革と事業承継を考える(№5537)

日経ⅩTECH EXPO2020
「働き方改革/ニューノーマル(新業態)」

 

特別講演「働き方の大転換を生き抜くには? Slack の提唱する5つのポイント」

 

◆日時:10/23 (金) 10:35 ~ 11:05
演題:働き方の大転換を生き抜くには? Slack の提唱する5つのポイント
講師:Slack Japan日本法人代表
   佐々木 聖治 氏
▼多くの企業が、「ニューノーマル」な働き方に対応するべく、リモートワークの導入や情報共有の仕組み作りを
工夫している中、組織のメンバー全員が連携し、共通認識のもと、目標を達成するためには何が大切なのでしょ
うか。働き方の大転換点を迎えた今、企業が成功するために取り組むべき 5 つのポイントとは?。
▼働き方を取り巻く、あと戻りできない5つの変化
働き方の大転換を生き抜くための5つのポイント
1)オフイスの時代の終焉
2)組織はますますオープンに
3)新しい指標、アジリティ(機敏性)
4)息切れを迎えたアナログ業務
5)優先すべきは企業文化

 

◆日時:10/23 (金) 11:10 ~ 11:40
演題:Workstyleの見える化がもたらす「従業員が求める」働き方改革施策の推進
講師①:PwCコンサルティング
   People Transformation / Director
   鈴木 貞一郎 氏
講師②:PwCコンサルティング
   People Transformation / Manager
   強口 真裕佳 氏
▼COVID-19感染拡大を受け、多くの企業が新しいワークスタイル確立のための多岐に渡る施策をとっている一方で効果が分からず、手探りでの対応となっている企業も多くいます。データに基づく従業員のエンゲージメントやネットワークの見える化と、生産性やエンゲージメントを向上する具体的な施策をPwCの事例とともに解説。

 

◆日時:10/23 (金) 11:45 ~ 12:15
演題:2020年代を勝ちぬく!成果を出し続ける営業組織とは?
講師:ベルフェイス
   セールスグループゼネラルマネージャー
   岩田 恭行 氏
▼激動の変化を強いられている2020年。今後も変化に対応していかなければ、成果を出し続けていくことは難しいです。ではどのような方法があるのか、具体的な事例を用いながらお話します。

 

◆名称 :「今こそ、事業承継を考える~高齢化・コロナ禍をこえて~」
主催 :読売新聞社/後援 中小企業庁・中小機構ほか
日時 :2020年10月23日(金)18:30~20:30
参加方法 :WEBライブ中継
<パネリスト>
・経済アナリスト 森永卓郎氏
・作家  幸田真音氏
・大同生命保険株式会社 代表取締役社長  工藤 稔氏
・一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事  山野千枝氏
・株式会社ヒロハマ 代表取締役会長・
 中小企業家同友会全国協議会 会長  広浜泰久氏
・読売新聞東京本社 調査研究本部主任研究員  高橋 徹
<司会>
・NHK日本語センター専門委員  石井麻由子氏
■関連WEB:ベルフェイス 営業特化のオンライン機能とレコログ(録画録音)機能で
商談数を増やしながら受注率を向上

 

■関連WEB:2020年米大統領選後の事業環境 ―米国のビジネスリーダーは何を見据えているか― ■関連WEB:企業の生産性を向上させ、多様で柔軟な働き方を実現するための在宅勤務ガイダンス ■関連WEB:デジタル時代の自動車販売と顧客体験
-

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

ビジネスツール(№5536)

技術向上研究会
日 時:10月22日(木)18.30--20.30
会 場:マイドームおおさか7階&ZOOM
テーマ:「ビジネスツール」
発表者:二階堂会員
要 旨:顧客創造や診断士の活動に有効なデジタルツールの紹介
1)Google Chrome
2)Google スライド
3)LINE公式アカウント
4)YouTube、
5)Zoom
6)GoogleTrend
7)「アマゾン売れ筋ランキング」「アマゾン欲しいものランキング」
8)「楽天サーチ・価格帯調査」「楽天キーワードランキング」
9)「Yahoo急上昇ランキング」
■関連WEB:グーグルクロームのインストール手順と使い方をはじめから解説 ■関連WEB:2020年Googleの使い方・初心者入門【完全版】

|

2020年10月21日 (水)

中国ビジネスセミナー「最新ビジネス動向」(№5536)

中国ビジネスセミナー「最新ビジネス動向」

◆日 時:10月21日(水) 15:30~17:00
◆場 所:Webセミナー
◆演 題①:私が見た中国ビジネス
      ~元商社マンの視点から~
◆講 師①:大阪商工会議所中国ビジネス支援室
      アドバイザー 井上 邦久氏
◆演 題②:中国最新ビジネス動向
      ~これからの中国市場を見据えて~
◆講 師②:金社法律事務所パートナー弁護士
      陳青東氏 
◆主 催:大阪商工会議所

|

2020年10月20日 (火)

コロナ禍後社会における生活を考える(№5535)

コロナ禍後社会を考える連続講座 第5回
「コロナ禍後社会における生活を考える」

日 時:10月20日(火)19.00~21.10
会 場:銭屋及びZOOM
演 題:コロナ禍後社会における生活を考える
講 師:池永 寛明 (Hiroaki Ikenaga)氏
   大阪ガス(株)エネルギー・文

◆これまでの講座のふり返り---50年前とDX
・キーワード1:家族×コロナ
・キーワード2:高齢・少子×コロナ
・キーワード3:意味わからん訳わからん×コロナ
・キーワード4:うるさいめどくさい×コロナ
・キーワード5:書き言葉・話し言葉×コロナ

202010201 2020102098 20201020

| | コメント (0)

«インタビュー式営業術(№5534)