« 定期審査立会い | トップページ | 花彩祭は3月25日から »

2006年3月18日 (土)

言葉の花束「プラスαの魅力」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー 橋本 立明さんから
言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。

☆ 辛労を尽しつづけたとき、すばらしいことが…
何かを願って、それを求めて、1時間や2時間後に、どこかから
降って湧いてくるわけでもない。願いつづけ、求めつづけ、その
ための辛労を尽しつづけたとき、3年後、5年後、10年後、20年後
に、天はそれを思いもよらぬ場所から差し出してくれる……。

――宮本 輝「にぎやかな天地」上(中央公論新社)

☆ 「世のため、人のため、チームのため」に働く人が勝ちだ
「ミッション、パッション、ハイテンション!」叫んでから仕事をしよう。
「ミッション感覚を持て」というのは、私がよく口にする言葉だ。
ミッションを端的に言うなら、「指令をこなす」ということだが、
私がいうミッション感覚とは、仕事を常に、「これは自分に対する
使命だ」とひきつけて考える技のことである。(中略)
 パッションとは、ネガティブな体験や不愉快な感情を、エネルギ
ーの起爆剤に変えてしまう方法だ。(中略)
 ハイテンションとは、どんなときでも上機嫌で仕事に向かう力で
ある。これが習慣化できると、心身がタフになり、仕事の疲れ自体
が非常に少なくなってくる。

――斎藤孝「働く気持ちに火をつける」(文芸春秋) 
言葉の花束 プラスαの魅力 第110号(06.3.15)「18.03.15プラス魅力06.3.15.doc」をダウンロード

あなたに奇跡を起こす笑顔の魔法180318441303561509lzzzzzzz

|

« 定期審査立会い | トップページ | 花彩祭は3月25日から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の花束「プラスαの魅力」:

« 定期審査立会い | トップページ | 花彩祭は3月25日から »