« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

シュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星

5月12日に、シュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星が地球に最接近します。ゴールデンウィーク中に、肉眼や双眼鏡などでシュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星を見えるそうです。国立天文台のホームページでもその観察報告が見ることができます。

| | コメント (0)

2006年4月29日 (土)

新緑の大阪城公園

S180429 S180429_1 S180429_1_1 S180429_2 S180429_3

大手通りの光治療院の隣で「海洋堂を遊ぶ展」を5月2日までやってます、ぜひご覧ください。海洋堂さんはおまけをビッグビジネスに変えた“食玩の巨人”「世界最狂造形集団」です。光治療院の青野先生がかわいいお子さん奥様ときておられました。新緑の大阪城公園を抜けて昨年4月開設のパナソニックセンター大阪。このコース、連休の散策にお勧めです。松下の事業ビジョン、なかでも家電リサイクル工場のビデオや燃料電池コージェネレーションの展示がわかりやすく勉強になりました。S180429_1_2S180429_3_1 S180429_4 S180429_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

企業の社会的責任活動とブランド価値

S180428csr_3 S180428csr_4 S180428csr_6 S180428csr_10 S180428csr_12 S180428csr_14 S180428csr 28日午後、ATCのエコビジネスセミナーで立教大学経営学部助教授・経済学博士の高岡美佳様の基調講演「企業の社会的責任活動とブランド価値」のあと、CSR具体的取り組み事例として冨士写真フイルムの津田部長様、㈱島津製作所の大瀬理事様、㈱ダスキンの桐木部長様の順に各社の社会的貢献活動についての考え方と取組み事例についてのお話を聞いた。CSR活動の報告を期待したが、各社の報告は期待はずれであった。しかし、社内や海外事業所への徹底については、すぐに売上向上と直結しないだけに社員教育が重要であろう。

| | コメント (0)

HIKARI治療院

■今日は光治療院で足裏にお灸、背中(肝臓、腎臓)及び首、肩に針をしていただきました。経営者の皆さんも多く,針、全身の整体治療に通っておられます。ぜひ一度、お訪ねください。ご紹介します。S180428_1_1 S180428_2 S180428_3 S180428_4 S180206 ■「どこに行っても治らなかった方は、一度来てみてください」と、とても頼もしいことを言ってくれるのが、光治療院の篠原院長。2005年3月から大手通りのアトランティス21ビルの地下で、開業。谷町に新しい仲間が加わった。台湾で長期に渡って修行し、首、顎、背骨、肘、指、肩、股関節、腰、足の調整について秘伝の技術を伝授され、太極拳をマスターした気鋭の鍼灸師だ。今までの永年の悩みが解消された患者さんは数多く、家族ぐるみで通っている。さらにたくさんの苦しみを少しでも和らげたいという篠原先生の人柄にも惹かれ、スーパー歌舞伎の役者さんを始め、関東、海外からもたくさんの患者さんが目白押しだ。以上は浪速産業㈱の中野専務さんのお話です(谷町新聞より)。■2003年12月、私はパソコンによる疲れから右手が痺れ、困っているときに紹介していただいたのが篠原光先生。先生の治療の結果、お陰さまで劇的な回復で、以後ずっとお世話になっています。

HIKARI治療院

大阪市中央区大手通1-1-2アトランティス21ビルB1F
電話06-6940-2545 FAX06-6940-2158

■HIKARI治療院のメニュー
 鍼灸治療+関節矯正 5,000円/25分
 学生(小~大学生) 3,000円/20分

■関連WEB:“ちちんぷいぷい”で放映されました「大阪のゴッドハンド HIKARI治療院」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

第5回中小企業CSR分科会

4月27日(木)18時30分~21時は近所の中央区船越町のMay WindsでのNPO環境経営学会・格付研究委員会・中小企業CSR分科会に参加した。出席者は10人でした。
■次回までの宿題と今後の取り組みは下記テーマを各メンバーが
再確認しておくこと。
(1)中小企業の実態に関する調査研究
(2)老舗の実態に関する調査研究
(3)中小企業CSR(サステナブル)評価格付・設問に関する調査研究
  ①経営:平井、久富、松尾、杉村、
  ②環境:井上、服部、山本、
  ③社会:鹿島、仲谷、浅野
■次回会合
 日時:2006年6月6日(月)18時~
 場所:あずさサステナビリテイ㈱(大阪市中央区瓦町)(予定) 

S180427csr_3_1 S180427csr_5_1 S180427csr   

| | コメント (0)

ISO/IEC27001のセミナー

S1804272 S180427 27日(木)13.00テクノ経営総合研究所でISO/IEC27001の研修をさていただいた。次は5月25日のISO集中セミナー(日刊工業新聞社会議室にて)でも講師を担当します。対象は情報システムが金くい虫と考えている経営者です。経営者向けセミナーだけに情報セキュリティの重要性、そして「ISO/IEC27001導入効果」をやさしく、わかりやすく具体例をあげて話す工夫が必要です。

| | コメント (0)

2006年4月26日 (水)

ともかくやる、だめだったら変えればいい

S180426_4 S180426_10 S180426_42 S180426_43 S180426_47 藤村正宏氏のエクスペリエンス・マーケティング セミナー(実践編)感動で売れ!体験で売れ!「感動」で売れ!「体験」で売れ!
○これからのキーワードは“つながり”“関係性”
○マーケティング進化論
○“ことば”を持たない企業は絶滅する
○ともかくやる、だめだったら変えればいい
また新たな感動!、良い話も実行に移す人は1000人の中でわずか1人。良いと思ったらすぐに実行をしましょう!! 明日になったら、忘れてしまいますよ!! 今すぐに行動を!!■「藤村流売れる!コトバ」 1400円は年間売上100億円アップさせたチラシほか、次々注文が集まるインターネットのホームページ、ホームページでも人柄の表現、個の顔を出すことが大切。顧客からお褒めの声をもらうアンケートのつくりかた、販促成功法などが満載!!■「無敵の話す力」1400円の2冊を購入しました。■藤村正宏氏のホームページです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

販路開拓にWEB展示会

S180425 平成18年度大阪府中小企業支援センター登録アドバイザー研修に参加しました。参考になる情報の一部を記載します。
アドバイザー派遣とは窓口相談などで対応しきれない、経営改革、技術開発、情報化など様々な課題を解決するため専門的な知識や経験を有する当センターの登録アドバイザーを派遣します。
■販路開拓〔自社のPRをお考えの方〕
自社の製品・技術などの情報をWEB上でPRして、販路拡大につなげます。WEB展示会は府内中小企業が、自社の得意分野や製品、技術等の詳細情報を登録し、WEB上における販路開拓を支援するサービスです。登録料は無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

石川九楊の世界展

180413kuyou_250_1 S180424_2 石川九楊の世界展は25日までです。ぜひ素晴しい書をご覧ください。

アートであることを主張する書のひとつの頂点を見せていただいたと思います。文字が持つ意味、言葉の世界をシュールリアリズムで表現されたユニークさにわくわくしました。思いがけずお兄さんの石川和雄さんのご案内で予想外の素晴しい「解説」をしていただき感激です、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2006年4月23日 (日)

携帯電話とICレコーダー

携帯電話を検討中です。どの機種が使いやすいでしょうか。メールはすべて携帯へ転送しています。22日の日経新聞に仕事に使いやすい携帯電話が紹介されていました。「NIKKEIプラスワン]仕事に使いやすい携帯電話 ■西村晃さんの新刊「速攻! ケータイ仕事術」(成美文庫)も参考になります。■SONY ICレコーダーICD-U70はボイス録音・MP3音楽再生・データストレージ機能に対応。最長約502時間45分の長時間録音ができる、1台3役の大容量(1GB)モデル、販売価格:19,800円(税込)を購入予定です。502時間も録音できるのですから、あとは充電できたら文句なしですね。しかし、ニュースでは販売開始を5月10日となっていたのに、延期となっております。いつまで待てば良いのでしょうか? 早く使いたいですね!

| | コメント (0)

2006年4月22日 (土)

天五の奴寿司

160422 S180422_9 S180422_11 S180422_16 東京の魚河岸の社長が、新鮮な材料で提供している店として天神橋5丁目のすし銀座の中の「奴寿司」を紹介された。いつも行列ができる人気の奴寿司総本店 、お向かいのすし政、春駒も負けず並んでいます。行くならば、早い時間に行かないと、うまいネタはなくなってしまいますよ。テレビの影響で、行列は15人くらい、待つこと30分、旬の新鮮な材料を使った旨い寿司、おまかせコース(1皿に2種類のネタ)を堪能した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

環境パフォーマンスの意味は

S180421_2 S180421_6 S180421_16 ISO14001でマネジメントレビューのインプットとして「c)組織の環境パフォーマンス」を要求していますが、これは「d)目的及び目標が達成された程度」と同じではありません。「c)組織の環境パフォーマンス」の報告(インプット)を忘れないようにしてください。環境パフォーマンスの意味は次のようになります。切石 庄之介氏の口語訳:ISO14001:2004'04.12.21を引用させていただくと■3.10 環境パフォーマンスは「会社の、環境に関する能力、成果、結果(測定可能な結果)。 電力をこのくらい使った、地下水をこのくらいくみ上げた、鋼材をこのくらい使った、排ガスをこのくらい排出した、操業時はこのくらいうるさい、ゴミをこのくらい出した、というようなことです」。■化学物質管理促進法の概要、PRTR制度、MSDS制度の解説
パワーポイント資料(化学物質管理促進法の概要)

| | コメント (0)

2006年4月20日 (木)

発表「情報資産を守り活かす」

S180420 S180420_1 S180420_3 S180419_s_1 20日桑蓬会4月例会で「情報資産を守り活かす」というテーマで情報セキュリティマネジメントの重要性を話した。

| | コメント (0)

2006年4月19日 (水)

言葉の花束「プラスαの魅力」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー 橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。

☆ 朝の出だしをポジティブに
少なくとも、朝いちばんに遭遇したことは絶対にポジティブにとらえるようにしよう。スケジュールがいっぱいの日なら、「今日は予定がぎっしりだ。これだけ自分を待っていてくださる方がある。ありがたいことだ」と考えるのである。まちがっても「ああ、今日も時間がない。予定表を見ただけで疲れる」などと思ってはいけない。 
――斎藤 茂太「いい言葉はいい人生をつくる」(ぶんか社) 

☆ 自身への「値引き」をなくす
さまざまな問題を打開していく上で、最も大切なことは、自分自身に対する「ディスカウント」や否定的なストロークをなくしていくということなのです。自分に対する「値引き」は、沈み込む心や元気をなくした心、不健康な心をつくりあげていきます。
――鈎 治雄「楽観主義は自分を変える」(第三文明社)

言葉の花束 プラスαの魅力 第112号(06.4.15)「「06.4.15.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

情報資産を守り活かす

S180419_s 18日午後、篠原専務さんが訪問してくださった。18日で通り抜けは幕を閉めた(朝日新聞)。残念ながら風邪のため本日も外出ままならず、今年の桜の通り抜けには行くことができませんでした。桑蓬会向けの発表資料「情報資産を守り活かす」パワーポイント35画面を作成し、夜参加者にメールで送信しました。写真やイメージ図等を入れたので6.1MBになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

バランス・スコアカードの創り方

風邪の治療は休養が一番とわかっているのに、会場まで徒歩10分の近距離であり、明日来所される経営者の会社近くでもあるので場所確認も兼ねて夜の研修に出かけた。
S180417 営業創造㈱主催第1回戦略創造セミナーは上宮克己氏の「顧客満足経営のためのバランス・スコアカードの導入事例」と戦略創造㈱伊藤社長の「バランス・スコアカードの導入事例」及び「経営戦略策定支援ソフト」のデモンストレーションがあった。
このソフトは3万円でバランス・スコアカードの指導には便利なようであるので購入予定である。
戦略創造㈱
■2006年3月24日 (金)ブログバランス・スコアカードの導入事例

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

茂木健一郎さんの「脳と創造性」

4月14日風邪を引き, 朝からだるく、昼寝。夜、厚着をして大阪商工会議所での慶應丸の内シティキャンパス定例講演会「夕学五十講」に出かけました。
 茂木健一郎さんのテーマは「脳と創造性」で、会場は満員で、さすが人気講師です。茂木さんは、人間の脳には「偶有性」を好む性質があり、脳が肥大化した人間の欲望は、偶有性」からクオリア自体に向かうと言われています。クオリア( Qualia) とは意識が何かの感覚刺激を受け取った時に発生する感触、感情のことを指すそうです。
脳の働きを「記憶の編集力」。側頭葉に蓄積される過去のさまざまな記憶をそのまま再現するのではなく、新たな記憶と関連づけながら意味づけや修正を行う、つまり編集作業をするのだそうです。この作業こそが「創造」という営みに他ならないと茂木さんはおっしゃいます。
茂木さんは、創造性=体験(側頭葉)×意欲(前頭葉)という計算式で説明されています。体験は記憶に連動しますので、年を重ねる程に記憶は増えます。意欲が衰えると創造力は低下することになります。不確実性が創造性の向上にもつながります。不確実性と行動経済学の関係がまだわからないのです。消費者が店で複180414数のブランドの中から一つを決める時間は2秒で意思決定する。「ひらめき脳」をお読みくださいとのことです。

茂木健一郎 クオリア日記 

茂木健一郎

プロフェッショナル 仕事の流儀 

| | コメント (0)

2006年4月14日 (金)

中小企業のための「環境ビジネス」7つの成功法則

中小企業のための『環境ビジネス』7つの成功法則」記念出版セミナーに参加しました。遅れて参加し、また風邪のために懇親会も出ず、ご挨拶もせず先に失礼いたしました。すばらしい内容でした。基調講演、一部、二部の時間配分等が上手にバランスがとれていた。短時間によくもこれだけ中味の濃い内容をご提供いただいたものだと感謝。パネリストの経営者の皆さんの環境ビジネスへの「格闘と成功への軌跡」、「コラボレーション」の二つの切り口から整理して成功の秘訣を浮き彫りにされた進め方も良かった。環境経営研究会の会員のチームワークが成功へ導いたのでしょう。ありがとうございました。
180413mj06016547 S180413 ■平成18年4月13日(木) 14:00~17:30
■開催場所: おおさかおおさかATCグリーンエコプラザ内
■内容
Ⅰ.基調講演 「中小企業のための環境ビジネス7つの成功法則」 
 講 師  社団法人大阪中小企業診断士会 理事  内藤 秀治
Ⅱ.パネルディスカッション 「わが社の環境ビジネス成功のポイント」
 第1部 「環境ビジネスにおけるわが社の格闘と成功への軌跡」  
      パネラー  新江州株式会社 会長 森 建司
             根来産業株式会社  社長 根来 功 氏
             高橋金属株式会社  社長 高橋 政之 氏
             中小企業診断士宇田吉明 ・ 桂彰 ・ 小畑秀之
    第2部 「成功の秘訣はコラボレーションにあり!」
      パネラー  株式会社高槻オート 社長 倉本 勇 氏
           きんぱね株式会社 社長 奥西 穂積 氏
              株式会社三幸 社長 中路幸治郎 氏
          中小企業診断士 大西正規 ・ 青田義久 ・ 椎木茂久

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

石川九楊の世界展(大丸京都店)

180413kuyou_250 「書はアートだ!」「石川九楊の世界展」。いま最も注目されている書家、石川九楊。一文字一文字丹念に書き込まれた独特の書風は、アートとして高い評価と人気を集めています。 本展は、石川九楊の初期から現代までの代表作約200点を、年代に沿って4部構成で展観します。多彩な書体と独特の筆蝕を味わえる多種多様な石川九楊の「書」をお楽しみください。
■2006年4月13日(木)→25日(火)
大丸ミュージアムkyoto(大丸京都店6階)
■入場時間: 午前10時~午後7時30分 (午後8時閉場)
最終日は~17時)、入場は閉場の30分前まで
■料金 一般700、大・高生500円、中学生以下無料
■主 催: 京都新聞社、NHK文化センター
石川九楊『書の終焉――近代書史論』(同朋舎出版)

石川九楊とは
○<投稿014>「書の閾値」を逸脱した<石川九楊の世界展

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

造幣局の通り抜け

なにわの春本番を告げる造幣局(大阪市北区)の「桜の通り抜け」が12日始まりました。
今日は「桜の通り抜け」には行けませんでしたが、夕刊各紙が「大阪の春本番を告げる、通り抜け」を下記のような見出しで報じています。造幣局のホームページでも通り抜け状況の最新情報を確認できます。平成18年4月12日午後5時現在の本日12日の入場者  38,000人、開花情報  3分咲き 。
■雨にじむ桜色…「通り抜け」始まる(12日14:38 読売)
■桜の通り抜け」始まる・大阪の造幣局(12日14:00 日経)
■大阪の春来たる 恒例造幣局で桜の通り抜け (12日15:01 サンケイ)
■桜の通り抜け始まる 大阪・造幣局(12日19:34朝日
■桜の通り抜け:なにわの春本番を告げ大阪・造幣局(12日13:44毎日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

セキュリティ測定手法および支援ツール

180408200605 S180411_1 S180411 4月11日(火)は朝6.32の新幹線で東京でのISMS文書構築・移行1日研修(ISO27001完全対応)に参加し、帰りは22.26新大阪着とちょっとハードな一日となりました。ISO化で追加された要求事項の効果測定に工夫が必要ですね。独立行政法人 情報処理推進機構の定量的セキュリティ測定手法および支援ツールの開発の情報が参考となった。同ホームページから報告書がダウンロードできます。本日教わったことをもとに、G社構築文書を修正すべきところが明確になったので、急いで修正案を作成します。

■関連情報■
アイソス5月号はISO27001全口語訳 

切石庄之介HP「日常語:ISO27001~理解しやすいISO27001解説}
ISO/IEC27001差分研修コース (2月28日ブログ)
ISO/IEC 27001:2005の移行指針(2月15日ブログ)
情報セキュリティマネジメントシステム(2月14日ブログ)
図解 よくわかる企業セキュリティ入門(3月22日)
情報セキュリティマネジメント(3月3日ブログ) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

食品安全マネジメントシステム

JICQA無料セミナーISO22000(食品安全マネジメントシステム)を受講しました(4月10日)。フードチェーンの方、食の安全対応策に関心のある企業・組織の経営者・担当者の方への ISO22000(食品安全マネジメントシステム)導入支援ができるようS180410_3 S180410_4 勉強しています。食品の安全・安心、顧客満足の両方を満足させる仕組みが必要です。いつJIS化になるのでしょうね??■2月21日のISO22000のセミナー

| | コメント (0)

転勤と入学式

3月31日お父さんの転勤で横浜から奈良の富雄へ先に戻ってきました。4月10日(月)は入学式。校長先生の一年生へのS180410pict0007_4_1 S180410pict0007_29_1 S180410pict0007_22_1 メッセージは明日から「早寝する」こと。入学式に仕事場から駆けつけてくれたお父さんは明日から5月連休明けまで藤沢に残ってお仕事です。早く帰ってきてください!! おじさんは横浜から東京へ引越ししました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

診断・助言に役立つ資料

診断・助言に役立つ資料が掲載されています。ご活用ください。

平成17年度「支部における調査・研究事業」報告書の公開
診断事例一覧
多様化・高度化している中小企業者の経営課題に、中小企業経営者、中小企業支援機関および中小企業診断士が的確に対応していくことができるよう、ベンチャー・創業・新分野進出、環境保全・情報システムの確立などの経営革新に関する中小企業診断士による診断事例を収集・蓄積(データベース化)し、インターネット上で情報提供するものです。
IT活用コンテンツ(平成17年度)
平成17年度に(独) 中小企業基盤整備機構委託事業として、「 IT 活用指針データベースの構築事業 」 を実施しました。本事業では、会員中小企業診断士の協力により、IT 導入に積極的に取り組んでいる中小企業の先進事例を紹介しています。さらに、中小企業の IT 化支援を行う際に参考となる調査報告書もあわせて掲載しております。 
平成18年度当初予算に係る「中小企業戦略的IT化促進事業」の公募 について(予告)~中小企業庁ホームページ~
平成18年度中小商業ビジネスモデル連携支援事業(補助金)の公募
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水と緑と光の天満橋

天満橋、桜の名所ならではの壮観な風景です。大阪キャッスルホテルのレストランから眼下に広がる大川沿いの桜並木、船が行きかう大川の流れと中之島公園の景観を一望でき、朝食をS180408sakura_5S180408sakura_13 楽しみました。S180408sakura_6_1 S180408sakura_17 S180408sakura

| | コメント (0)

2006年4月 8日 (土)

平成18年度全国都市緑化記念植樹

S180407pict0082_2 S180407pict0082_6 S180407pict0082_11 180407pict0082_12_2 S180407pict0082_37 S180407pict0082_21 S180407pict0082_67 S180407pict0082_41 S180407pict0082_53 7日、大阪城への途中、知事公邸の庭の見事な桜(左上の写真)を見学させていただいた。都市緑化の推進を図り、緑豊かな潤いのあるまちづくりを目的に、第23回全国都市緑化おおさかフェアの中心的な行事として、広く各界の参加を得て「平成18年度全国都市緑化祭」の式典をNHK大阪ホールで開催。大阪城公園西の丸庭園にて秋篠宮殿下、国土交通大臣、太田府知事、関市長の臨席のもと記念植樹が行なわれた。大阪城の桜は満開。大阪の最高気温18.1度で平年並み。夜桜も賑わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

藤田邸跡公園

S180407pict0082_60 S180407pict0082_62 S180407pict0082_65 S180407pict0082 藤田邸跡公園から毛馬桜之宮公園の桜も満開です。明治の豪商「藤田家」の邸宅跡が公園として平成15年12月から公開されました。
藤田邸跡公園
毛馬桜之宮公園 藤田邸跡
旧藤田邸庭園の地図
藤田美術館
近畿探訪「大阪府」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

言葉の花束「プラスαの魅力」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー 橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「18.04.01プラス魅力.doc」をダウンロード
☆ 強靭な意志、確信こそが真の楽観主義
☆ 7.5ヘルツが最もすばらしい心地よい波動
赤ちゃんの脳波は7.5ヘルツ,宇宙からくる波動も7.5へルツです。7.5ヘルツの状態に近づくためには、ひとつは「楽しかったことを常に思い出す」もうひとつは「幸福な未来を具体的にイメージする」を意識的に実行し続けること。
◇参考ホームページ         
利根川教授が人の心についてこのように述べています    □人、宇宙が持つ7.5ヘルツのリズムのすばらしさ・・・・物理学の立場から~ノーベル賞学者の講演会にて

宮本輝ミュージアム開設記念講演会の参加レポート     □アルファー波

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

新入社員教育用資料

180405isoms_200604 新入社員教育用資料として「特集:ISOとは何か? 新入社員のためのISOガイド2006」を特集している「アイソムズ2006年4月号」がおすすめです。ISO9001、ISO14001、さらにSO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)にまで範囲を広げ、ISOマネジメントシステム規格の基礎知識はもちろん、規格を理解する上でのポイントを絞り込んで解説している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中之島新線工事状況(第6工区)

S180405_1 S180405中之島新線工事状況(第6工区)
□開業 平成20年度(予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

地球交響曲第5番 上映会

『全ての存在は繋がっている』
■地球交響曲第5番 上映会
□日時:5月5日(金)□上映:①11.00--13.30、②14.00--16.30 ③17.00--19.30 ④20.00--22.30
□場所:雲州堂

■入場料:前売り1000円、当日1300円
映画:「地球(ガイア)はそれ自体が大きな生命体であり、私たち人類はその心を担っている存在だ」という強いメッセージでおくるドキュメンタリー映画。1992年に公開された「第一番」からのシリーズで、今回5作目にあたる「第5番」を上映します。一度もこの映画のシリーズを見た事のない方でも、深く理解出来る内容になっています。

地球交響曲第5番ホームページ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

入社式

S180403_2 S180403_3 S180403_10 S180403_22 実質的な新年度スタートの4月3日(月)は、多くの企業が入社式を開いた。
門真の松下電器産業は339人の新入社員を迎え、中村社長が「最後の一台まで探し出す覚悟で取り組みたい」と決意を述べたと夕刊の記事にあった。さすがCSRの松下電器である。大川沿いの桜も見ごろとなり、夜桜の新入社員歓迎会(?)を兼ねた花見の座席確保が朝から始まっていた。夜ISO研修です。昼食は雲州堂のイロリのランチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

ISO研修と花見弁当

S180401_3 S180401_4 S180401_9

4月1日(土)は朝から商社でISO研修の講師を担当しました。
1)大手企業のグリーン調達からCSR調達に改定する動向にどう対応するか
2)顧客の変化を掴むために、問題意識のアンテナを立てる。ビジネスチャンスだ。
3)顧客の要求にスピードで応じる。スピードが営業力。
4)「4. 品質マネジメントシステム」から「5.経営者の責任」まで、規格の概要及び狙いを説明しました。
研修の昼休みは近くの公園で桜を見ながら、花見弁当をいただきました。この街中で紋白蝶が飛ぶのを久しぶりに見て、自然の豊かさに感激しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業のCSR活動

中小企業でもCSR活動は重要です。日本経済新聞の3月31日の記事ではCSR活動が調達先選別の要件になりつつありことを報じています。

■CSR活動で調達先を選別「資生堂、07年度から」
資生堂は2007年度から、法令順守や環境配慮など「社会的責任(CSR)」への取り組みを原材料などの調達先の選定条件に組み入れる。09年度には海外の調達先にも拡大する。資生堂が求める水準を満たさない調達先とは最終的に取引を停止する方向。問題発生時の不買運動などリスクを回避し、企業イメージの向上につなげる。(日経2006.3.31)*サプライチェーンとしてのパートナーシップ強化

■大日本印刷は明日から導入(日経2006.3.31)
大日本印刷 グループ共通のCSR調達規準を制定

三菱樹脂:原材料はグリーン調達からCSR調達へ
トヨタ、環境調達ガイドラインを改定
 トヨタ自動車は29日、取引先に環境面の取り組みを求めるガイドラインを4月から改めると発表した。

松下電器のグリーン調達のガイドライン

キャノン・グリーン調達活動

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »