« 情報資産を守り活かす | トップページ | 発表「情報資産を守り活かす」 »

2006年4月19日 (水)

言葉の花束「プラスαの魅力」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー 橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。

☆ 朝の出だしをポジティブに
少なくとも、朝いちばんに遭遇したことは絶対にポジティブにとらえるようにしよう。スケジュールがいっぱいの日なら、「今日は予定がぎっしりだ。これだけ自分を待っていてくださる方がある。ありがたいことだ」と考えるのである。まちがっても「ああ、今日も時間がない。予定表を見ただけで疲れる」などと思ってはいけない。 
――斎藤 茂太「いい言葉はいい人生をつくる」(ぶんか社) 

☆ 自身への「値引き」をなくす
さまざまな問題を打開していく上で、最も大切なことは、自分自身に対する「ディスカウント」や否定的なストロークをなくしていくということなのです。自分に対する「値引き」は、沈み込む心や元気をなくした心、不健康な心をつくりあげていきます。
――鈎 治雄「楽観主義は自分を変える」(第三文明社)

言葉の花束 プラスαの魅力 第112号(06.4.15)「「06.4.15.doc」をダウンロード

|

« 情報資産を守り活かす | トップページ | 発表「情報資産を守り活かす」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の花束「プラスαの魅力」:

« 情報資産を守り活かす | トップページ | 発表「情報資産を守り活かす」 »