« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

バルデミュンデ

6月30日(金)ドイツのバルデミュンデ入港(7.00)▽バルデミュンデの日本語の案内書が近いうちにできるそうです。バルデミュンデ市の日本人スタッフの石川ゆうこさんがホフトックへの市内めぐりへの行きかたを教えてくださった。▽ホフトックの市内めぐりはアメリカ人夫婦と一緒に回った。▽ベルリンまで往復組は朝6時過ぎのバスで出発した。▽ドイツチームのサッカーの試合が夕方から始まったので、ベルデミュンデのお店は早々と店じまい。▽船上では世界最大のビール祭りの「プレオクトーバーフェスト」▽夕焼けがきれい。▽我々の出港にあわせバルデミュンデ港から船出を祝う花火(写真)が上がった。(23.00)  ▼海外旅行準備室 ドイツドイツ連邦共和国  S1806302_79S1806302_96S1806302_142S1806302_90S1806302_4S1806302_73S1806302_75S1806302_81S180630_1

| | コメント (0)

2006年6月29日 (木)

ヴィスビー

  6月29日(木)ゴッドランド島のヴィスビー入港(7.00)▽快晴。▽久しぶりにゆっくり休んだ。10時からゴッドランド島のビスビーへ。テンダー(救命ボート)で渡る。列車(?)で街を一周する▽ビスビーはリゾート地。スエーデンの東側。美しいピーチリゾート地。島の歴史は古い。廃虚とばらの街。1225年に建てられたサンタマリア大聖堂は、島のシンボル。中世の街のメルヘンタウン。▽出港(14.00)▼S180629_9 S180629_16 S180629_26 S180629_38 S180629_58 S180629_63 S180629_79 S180629

S180629ct0164_38S180629ct0164_7S180629ct0164_11 S180629ct0164_31

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

ストックホルム

6月28日(水)ストックホルム入港(8.00)。▽ストックホルムはスエーデンの最大の都市。島と水路の都、北欧のべニスとも呼ばれる。ノーベル賞の受賞式が有名。スエーデンの建築家エストベリによる市庁舎は古城の佇まいを感じさせる魅力的な建物。▽ストックホルムの映像です。▽ハマンビー臨海地区の再開発プロジェクトを見学予定でしたが、英語の案内のみなので今回は諦めた。エネルギー、下水、可燃ゴミなどの再生を行う、世界最大級の循環都市プロジェクトがあります▽環境情報センター「グラスフーセット」で、プロジェクトの展示を見学できます。▽港よりタクシーで30分のところです。▽出港18.00▽スカンジナビア情報のホームページです。▼ストックホルム公式観光ガイドホームページ ▼スウェーデン王国のホームページ ▼海外旅行準備室スウェーデンのホームページ ▼スエーデンの消費者は環境への関心が高く、経営戦略に環境対策を取り入れることが、企業にとって市場で優位に立つ必要条件となっています。すでに多くの企業がEMASやISO14001を取リ入れています▼ISO14001の主要各国の取得数グラフです。

S180628_3S180628_41S180628_38S180628_44S180628_118_1S180628_84S180628_130S180628_15S180628_178S180628_81

S180628_73

S180628_8

S180628_149_1

S180628_160

S180628_196

S180628_210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

ヘルシンキ

S180627_8 S180627_14 S180627_17 S180627_19 S180627_39 S180627_48 S180627_66 S180627_73 S180627_82 6月27日(火)ヘルシンキ入港(6.00)、18.00出港。▼4:30目覚める。雨降り。▼昨夜部屋のドアに明朝の朝食の注文書を出しておいたら、7:45にルームサービスが届いた。誠に贅沢である。卵料理も希望通りで有り難い。▼ 10時に山田さんの案内で、揃ってシャトルバス でヘルシンキ市内へ。▼ヘルシンキの地図 ▼まずヘルシンキ郵便局、デパート、ヘルシンキ駅へ。▼私たちは自由行動で市内を散策。デパート、カバンの店へ。▼海岸のフリーマーケットで買い物。そのあとすし店へ。楽やの看板。店長や従業員はフィンランドの方でした。▼ヘルシンキ周辺のホームページ。▽ヨーロッパで最もクリーンな首都で有名です。▽フィンランド共和国のホームページ ▽フィンランドのホームページ ▼ヘルシンキ市の都市づくりから学ぶ  ▼ヘルシンキの都市政策・環境政策 ▼ヘルシンキ市アラビア地区再開発 ▼港湾都市ヘルシンキの未来 ▼北欧都市行政調査の様子 ▼北ヨーロッパの各都市を視察 ▼ヘルシンキ旅行情報 ▼出張報告書 (環境効率欧州動向調査) 平成16年3月 社団法人産業環境管理 ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

サンクトペテルブルグ

26日(月)サンクトペテルブルグ市内見学(バスにて)。▽昨日空港の近くに進出するトヨタ自動車、日産自動車の工場予定地をバスから眺めたが、サンクトペテルブルグは自動車産業の中心地に台頭しつつある。▽プーチン大統領はサミット開催地に生まれ故郷のサンクトペテルブルグを選んだ。 帝政ロシア繁栄の基礎を築いたピョートル大帝が三百年前に「欧州への扉」として開いた旧都。▽サミット会場となる市郊外のコンスタンチン宮殿はピョートル大帝が「ロシア版ベルサイユ宮殿」を目指して、1720年着工し、10年余りかけて完成した。プーチン大統領就任後に改築され、2003年はロシア・欧州連合(EU)首脳会議も開かれた。▽北側のフインランド湾を背に、200ヘクタールの広大な敷地にバロック調の建物と庭園が広がる。サミットの舞台として警備のしやすさもポイントとなったようだ。▽ロシア政府はサミット期間中は空港、港湾施設を閉鎖。サンクト上空の飛行も禁止するなど、大規模な治安機関を投入して厳重な警備体制を敷く。(日経6月9日)ロシア連邦のホーム ページ ▼ 海外旅行準備室 ロシアのホームページ

S1806262_48

S1806262_51

S1806262_41 S1806262_22_1S1806262_16_1 S180626_73_1S1806262_45 S180626_7_1S180626_56_1 S180626_80_1 S180626_82_1 S1806262_2_1  S1806262_28_1 S1806262_39_1S1806262_22_2

S1806262_58

S1806262_47

S180626_6S1806262_47_1S1806262_4_1S1806262_62S1806262_67S1806262_69S1806262_78

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンクトペテルブルグ

6月25日7.00サンクトぺテブルク入港。空気が匂う。中国に似ている。環境が問題だ。上陸歓迎に楽隊。▽サンクトペテルブルグ。北緯約60度、ネヴァ川といく筋もの運河のはしる「水の都」サンクトペテルブルクは、帝政ロシアの首都として、また大革命勃発の地として歴史的に有名ですが、今もなお人口450万余を擁するロシア第二の都市であり、行政、経済、学術文化の中心地となっています。▽サンクトペテルブルグではトヨタ自動車工場建設予定地を車窓から見学。ずっと先の方で、良く見えませんでした。「18.03.23トヨタグループ.jpg」をダウンロード在サンクトペテルブルク日本国総領事館 ▼今年の7月15日(土)~7月18日(月)までの予定でサンクトペテルブルグのコンスタンチン宮殿でG8サミットが開かれる予定です▼サンクトペテルブルグを目指す世界の自動車メーカー ▼日産自動車、ロシア サンクトペテルブルグ(トヨタの隣に)に新車両組立工場建設を決定 ▼サンクトペテルブルグ都市案内のホームページS180625_2 S180625_3 S180625_6 S180625_9 S180625_46▼18.7.7日経新聞記事「白夜の古都」 S180625_106 S180625_113 S180625_124 S180625_124_1「18.07.17サンクト.jpg」をダウンロード  S180625_145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

タリン(エストニア)

6月24日(土)10.00タリン(エストニア)へ入港。出港18.00.▽タリン港(エストニア)の賑わい ▽バルト3国のなかで最北に位置するエストニア。九州を一回り大きくしたほどの国土に約144万人が住む。インターネット普及率は世界トップクラス.伝統の薬作りを活かしたバイオテクノロジー分野での成長も目覚ましい。EU加盟。中世ハンザ都市の面影を色濃く残すタリン歴史地区(旧市街)は1997年に世界遺産に登録されている。 ▽晴れ。日の出、3:59。日の入り22:44。気温23。入港9:30、集合9:50、タリンノ市街地見学へ。▽東欧バルと三国のひとつ、エストニアの首都タリンはフィランド湾に面し、バルと海最大の港湾都市でエストニア海軍の基地が置かれています。▽タリンは城壁で囲まれた砦の街です。▽トンベア城や高さ124メーたの搭がそびえるオレフ教会、煉瓦造りの旧市庁舎など歴史を感じさせる街並みが続いています。▽案内をしてくださったのは倉橋さん、歌の勉強にタリン大学へ来られて6年。合唱団に所属。日本人は30人在住。月収6~7万円。靴はイギリスより「高い。▽大統領宮殿見学。▽食品スーパーRIMIを見学する。▽タリン ▽エストニア大使館 ▽外務省ホームページのエストニア共和国 S180624_59 S180624_66  S180624_79 S180624_109 S180624_116  S180624_117エストニア共和国のホームページS180624_121  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

バルト海クルーズ

23日(金)バルト海のクル-ズ。アムステルダム号での船内ライフを楽しむ。▽10:30から船内のキッチン見学。施設案内を受ける。▽16:30から船長ウエルカムパーティー。ホーランド社はオランダからアメリカへの移民を運ぶ船会社だった。オランダ船籍。社長はオランダ、従業員はインドネシア人、フィリピン人の人たちです。この航海では2人の乗客に対して一人のクルーからお世話になります。▽クルーの言葉でありがとうを、インドネシア語ではTerima kasih。こんにちは Selamat siang.▽Selvtak.(どういたしまして) 、 Nama anda siapa?(あなたのお名前はなんですか)  Nama saya ... (私の名前は~です)、Apa ini? (これは何ですか) です▽船旅のおすすめ紹介記事 をご覧下さい▽大人の雰囲気のアムステルダム号 ▽アムステルダム号横浜寄港 ▽ホーランドアメリカライン旅行スタッフブログ ▽スカンジナビアの情報 ▼ニート対策「17.08.03ニート対策.jpg」をダウンロード世界のあいさつ
S1806232_13 S180623_10 S180623_20 S180623_36 S180623_40 180617am5_1 180617am_ship1_1 Map_amusu1_1 S180715

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

洋上風力発電所ミドルグロン

6月22日(木)午前:コペンハーゲン市内見学。▽13.00アムステルダム号乗船。▽コペンハーゲン港出港後、後方デッキより洋上に並ぶ20基の風力発電機が見事です。▽コペンハーゲン市の環境政策 ▽風力発電 ミドルグロン ▽ミドルグロン風力発電 ▽いろいろな風車と風車のある風景 ▽デンマークの環境対策にふれて ▽デンマ-クコペンハ-ゲン市の高齢者施策 ▽環境 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 53   S180622_1 S180622_4 S180622_18_1 S180622_45 S180622_51 S180622_52 S180622_62 S180622_69 S180622_88 S180622_94 S180622_8 S180622_1_1 180618

S180622_2_1S180622_15_1 180617am_ship1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

KLMオランダ航空でコペンハーゲンへ

6月21日(水)企業経営者と北欧・バルト海・ロシアを巡る旅(6月21日から7月3日)の出発です。▽京阪・天満橋7.40、地下鉄・北浜7.46、天下茶屋8.04から南海特急、関西空港8.39着。▽4階国際線ロビー中央団体受付カウンターNO24ウイングロード看板前に集合9.15。S180621_7 S180621_16 S180621_17KLMオランダ航空KL868便11.15出発。▽777型、青の内装、癒される清潔感。パーソナルモニターで音楽等を楽しむ。▽空の旅12時間05分後、アムステルダム16.20到着、▽1133便(18.25、所要時間1時間.20分)にてコペンハーゲンへ。▽コペンハーゲンのホテルで宿泊。S180621pic1klm_1デンマークの映像です。 S180621pic1klm_4 S180621pic1klm_6 S180621pic1klm_7 S180621_1 S180621_1_4 S180621_1_5 S180621_5_1 S180621_6_1 S180621_11_1   ▽他の方のKLMオランダ航空搭乗報告のホームページです。▽コペンハーゲ 情報です。▼デンマーク王国情報のホームページ ▼海外旅行準備室デンマーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

社会的責任(SR)の規格はどこに向かうのか!?

S180620csr_2 20日(火)14:00~16:50中之島センタービル29階社団法人 関西経済連合会大会議室で開催のISO/TMB/WG on SR 第3回総会報告会「社会的責任(SR)の規格はどこに向かうのか!?」に参加しました。参加者90人。▽14:10~14:30 第3回リスボン総会の全体概要:矢野 友三郎[経済産業省]。▽14:30~15:10 SR国際ガイダンス文書ISO26000の概要:深田 静夫[日本代表団 団長/(社)日本経済団体連合会/オムロン(株)]。世界の意見を一つまとめる作業はご苦労が多い。▽「SRの定義」は、次のとおりである。『社会及び環境に対する活動の影響に責任を果たす組織の行動。それらの行動は、社会の関心及び持続的発展と整合のとれたものであり、倫理行動、順法性及び政府間文書に基礎をおいたものであり、かつ、組織の既存の活動と一体化したものであるとする』 。▽SRの範囲(課題となる項目)については、以下の7つとなった。 ▽①環境、②人権、③労働慣行、④組織的な管理、⑤公正な取引、⑥社会貢献・コミュニティ参加、⑦消費者課題 。▽今後、今回の総会での決議事項をベースに第2次文書(WD2)が回付され(10月となる見込み)、2007年1月下旬または2月上旬にシドニーにてWD2の検討が行われる予定。ISO26000のガイドライン発行は2008年10月に予定されている。▼16.00から歯科医ご夫妻とISOの打合せ。8月末開業計画。帰国後に詳細打合せ予定▽今夜の日経スペシャルガイアの夜明けは「緑茶のプライドを賭けた闘い」がテーマ。▽緑茶専門カフェ「クーツグリーンティー」。▽緑茶ブームのタイに挑む「キリンビバレッジ」】▽【コーヒーの本場“緑茶”で挑むベンチャー起業家の野望】です。▽トヨタが工場建設中のサンクトベテルブルグはどんな都市か? 都市と海上交通の変化、北欧市民の環境認識、環境対策、北欧のニート対策の諸調査に明日から出かけます。中小企業経営者と北欧・バルト海・ロシアを巡る旅(6月21日から7月3日)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

顧客満足度1位は旭山動物園

週刊ダイヤモンド6月24日号は「儲かるサービス、感動は収益を生む」を特集しています。
【顧客満足度・総合ランキング】1位の旭山動物園は昨年12月に訪れました。3位のザ・リッツカールトン大阪も宿泊体験済みです。北海道ならば旭山動物園と「あかん悠久の里 鶴雅」がおすすめです。http://asano.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/post_c7da.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

宇宙誕生から日本民族の特質

18日(日)は父の日、近く小学校の参観日です。息子、娘からプレゼントをいただいた。14.10から宇宙誕生から日本民族の特質の講義!! 充実した内容、2時間ではとても時間が不足です。そして「新しい桑蓬会」が始まります!! 参加者は23人。懇親会後の20.00から22.00、地球温暖化を防ごうと観光施設や企業のイルミネーションなどを消すキャンペーンが全国で実施された。22.00からサッカーW杯の日本・クロアチア戦。攻めきれずクロアチアと0-0で引き分けた。次の試合は前回優勝国ブラジルとの一次リーグ最終戦(日本時間の23日)。まだ希望がある。

■■桑蓬会第251回例会及び平成18年度総会■■■
日 時  平成18年6月18日(日) 14:10~19:00
場 所  大阪弥生会館 (比叡の間及び六甲の間)
議 事  
  1.第251回例会  14:10~16:00
     発表者  岡市 敏治氏
     テーマ 「私たちはどこから来てどこへ行くのか
          ~宇宙誕生から日本民族の特質~」
  2.総  会     16:00~17:00
   (1)活動報告  (橋本書記)
   (2)会計報告  (大佛会計)
   (3)特別議題  (浅野会長)
     ・今後の進め方
       「桑蓬会」に何を期待しますか
       会員を勧誘する上での障害は
       改善すべきこと
       例会の発表テーマについて
     ・新役員選出

            会 長:小泉 國茂
            副会長:恩村 政雄
            書 記:南井 保利
            会 計:池口 清満
   (4)役員改選
       退任役員挨拶
       新任役員挨拶
  3.懇 親 会    17:00~19:00

S180618_4 S180618_5 S180618_6 S180618_9 S180618_10 S180618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

情報セキュリティマネジメントシステム緊急セミナー 

株式会社テクノ経営総合研究所の下記セミナーで講師を担当することになりました。

◆日  時 2006年 7月 13日 (木) 14:00~17:00
◆場  所 大阪:大阪産業創造館
【テーマ】 情報セキュリティマネジメントシステム緊急セミナー  
情報漏洩事故を起こさないために!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆内  容 情報漏洩事故が相次ぐなか、ISO情報セキュリティマネジメントシステム規格がJIS Q 27001として5月20日発行されました。その概要と導入方法などについて経営的視点からわかりやすく解説します。

---------------------------------------------------
◇◆講演内容◆◇
---------------------------------------------------
第1部 情報セキュリティの影響と経営課題
 ●日本版SOX※法での情報セキュリティ統制の必要性
                  ※:サーベンスオクスリー法
 ●ビジネス継続のために企業が抱えるITシステムの課題
 ●情報資産を守るためにはこれをコントロールする必要がある
 ●ISMSは企業競争に勝ち残るチャンス!
第2部 情報セキュリティマネジメントシステムの概要
 ●ISMSとPマークの相違点
 ●ISO27001その規格内容は?適用範囲・保護の対象は?
  マネジメント構築のポイントは? 取得にかかる期間・費用は?
第3部 効率的なISMS構築法
 ●構築法のポイントは?
 ●効率的なリスクアセスメントは?
 ●自社ですぐできる必要最低限の対策とは
----------------------------------------------------  
◆担当講師  浅野 宗克
 
◆受講料 通常料金(税込) 3,000円 :割引料金(税込) 2,400円 

| | コメント (0)

2006年6月16日 (金)

プライバシーマーク付与現地審査

プライバシーマーク付与の現地審査が20日(火)午後に迫っている企業を訪問しました。審査前の最終見直しのためです。写真は近鉄川西駅から見た風景です。S180616_1 S180616_2 S180616

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

世界企業ランキング

ニューズウィーク日本版2006-6・21号(6/14発売)は「世界企業ランキング2006年版」を特集しています。今やCSR(企業の社会的責任)は義務ではなく経営そのもの。世界500社の頂点に立つCSR時代の真のエクセレント・カンパニー(CSR+財務業績)の50位までに日本の企業では5社が入っています。▽1位:スタトイル、2位:アストラゼネカ、▽22位:花王、24位:キャノン、35位:大日本印刷、38位:商船三井、50位:武田薬品工業。
▽クルマのCSR化で時代の王道を走る:本業の社会性を高める究極の戦略「トヨタ自動車」121位 ▽徹底したリコールで消費者の信頼UP:隠すよりさらけ出す広告がプラス「松下電器」131位S180615_1 S180615_4
今週の中吊り「ニューズウィーク日本版」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

6S研修会

▽6月14日(水)8.45に御所の山本商事㈱さんの奈良総合リサイクルセンターの竣工式へ。▽廃プラスティック・木くず・紙くずなどを破砕してRPF(固形燃料)を作る完全屋内処理の施設で、一日あたりの破砕処理能力700Tで、奈良県下最大級の中間処理施設が誕生! S180614_2_1 S180614_4 S180614_6 S180614_9 S180614_12 S1806145pict0030_3 S1806145pict0030_4

▽午後は関西電力㈱京都電力所で6S研修会の講師を務めました。▽同社の目指すべき企業像は「エネルギーをコアに、くらしの基盤となる領域において、お客様満足No.1企業をめざします」。▽社員の行動指針は「お客さまの喜びのために、私の最善をつくします」。▼業務改善活動の6S研修会
プログラム
 1)講義「仕事の基本は6S活動である」   13.30---14.50
  ①.6Sって何のこと?
  ②職場の6S定着化のポイント
  ③6Sから顧客満足とCSRへの道
    休憩                 14.50---15.00
 2)グループワーク「職場の問題解決」    15.00---15.40
    各グループでテーマを選んで話し合う。
 3)グループ発表              15.40---16.00
    グループ話し合い結果を発表する
           休憩                     16.00---16.10
 4)感謝、笑顔、コミュニケーション     16.10---17.00
  ④.マナーは、目、耳、手、足?
  ⑤.接遇の原則 接遇の意味
  ⑥.クレーム発生原因と実態
  ⑦.コンビニ敬語は使わない。
  ⑧ 笑顔(スマイル)の作り方
  ⑨.お辞儀の仕方
  ⑩「私はできる」と信じよう

| | コメント (0)

2006年6月13日 (火)

言葉の花束「プラスαの魅力」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
☆ 人生のキーワードは「カキクケコ」
    カ(感動)、キ(興味)、ク(工夫)、ケ(健康)、コ(恋)です。
☆ 人生を楽しむことが自己実現への近道
   人生を楽しむことが、自己実現への一番の近道である。これは、脳科学的に見ても正しい。――茂木 健一郎「脳の中の人生」(中央公論新社)
言葉の花束「プラスαの魅力」「06.6.15.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業再生物語

6月13日(火)の22時からのテレビは情報満載です。▽NHK教育テレビ22.00~22.25「趣味悠々 ブログに挑戦してみよう!」▽大阪テレビ22.00~22.54「どん底から這い上がれ~中小企業再生物語~」巷にあふれる景気拡大感。しかし、中小零細企業の倒産数はなかなか減らない。ヤミ金融業者に追われ、すべてから見放された女性社長、老舗ホテルの経営が悪化して風前の灯の状態に陥った2代目社長・・・。それでも誰もが、再生への一筋の光明を目指して歯を食いしばっている。▽テレビ大阪23.00--「スクープ!情報売買の現場を直撃」続発する情報漏えい事件。取材班はある会社の社内情報を社員が持ち出し、闇の勢力に売買しているとの情報を入手。その手口と取引現場を追跡し、スクープ撮影に成功。企業の情報管理と、社員のモラル低下の防御策を考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

ISMS普及の障害

12日(月)13.00--16.50JIC-QAの「コンサルタントの皆様との情報交流会」でISO22000とISO27001の最新動向とJICQAの取組みについて話を聴いた。「ISMS普及の障害は審査員とコンサルタントの不足。特にISMSの構築のできる人材が不足している。ISOのコンサルの皆さんには、情報技術を習得して、ISMS市場の伸長に貢献していただくことをお願いします」。S180612jicqa_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

歯科診療関係の勉強会

6月11日(日)10.30--15.30歯科診療関係の勉強会でした。講習会のテキストである「医療安全管理テキスト」(日本規格協会)は医療の質向上を実現させるための適切な内容です。ISO9001取得と健全な歯科医院経営に向けてのネットワーク創生のホームページも参考になります。夜景を見ながら、Iさんと時を忘れ歓談しました。S180611_1 S180611_5 S180611_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

6Sの参考図書

ジュンク堂で6Sの参考図書を4冊買い求めました。▼原田隆史「大人が変わる生活指導」BP社、▼江口克彦「成功したい人の夢実現ノート」PHP研究所▼「60分ですぐ身につく!ビジネスマナー」▼浦野啓子「問題だ!そのバイト語」東洋経済新報社

| | コメント (0)

歯科診療関係の勉強会

6月10日(日)13.00--19.00歯科診療関係の勉強会に参加しました。前回は5月14日(日)で、今回はS180610_1 S180610_2 全国のISOコンサルタントが集まり、面白いプロジェクトになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

西の京

9日(金)午前中は京都での打合せのあと、奈良市の西の京経由で大阪へ戻りました。▼2、3日前から体調を壊し、昨日は昼食・夜食、今朝の朝食も摂らずに出かけました。▼奈良の緑は豊かで、すばらしい空気によって癒されたようです。▼昼過ぎから、ようやく空腹を感じるようになり、今度は頭の回転が鈍り、二度も財布を落としてしまった。▼やっと体調が元へ戻ってきたようです。
▼写真は左から京都駅八条口でみた紫陽花、▼奈良市の三松寺、▼西の京の大池から見た薬師寺と若草山、▼田植えが終わった西の京の田んぼです。S180609 S180609_1 S180609_4 S180609_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

老舗の経営理念

6月8日(木)10.30から大阪商工会議所サービス産業部会で経営史研究家の大塚融氏から「今に活きる老舗の経営理念」の講演を聴いた。住友商事、早川、松下の商売心得帳、丸紅のロッキード事件後の社内体制立て直しのためにそれまでの社訓から新しい社訓を制定した。社訓はトップが作るべきだ。社訓は不況に見舞われたときに役立つている等社訓にまつわるこれまでの研究から事例をお話された。S180608 社訓に多い言葉は「和」「誠実」「努力」「信用」とのこと。▼6月8日(木)夜22.25--22.50のNHKTV 「お金で買えない商人道」の放送があります。▼6月15日「ナニワ商人の家訓」▼6月22日「京の老舗、長生きの秘訣」▼6月29日「近江商人、三方よしの経営術」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

ブログに挑戦してみよう!NHKTV

NHK教育テレビが「趣味悠々 ブログに挑戦してみよう!」を放送しています。次回の放送時間は6月13日(火) 午後10:00~午後10:25(25分) で 第2回「ブログをはじめよう!」です。テキストは1050円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

個人情報保護JIS改正

6日(火)は東京で個人情報保護JIS改正に関する説明会に参加しました。JIS改正のポイントとプライバシーマーク審査への対応の説明があった。申請書の書式が変更となります。ご注意ください。6月15日(木)は大阪でも説明会があります。▼平成18年3月13日より平成18年3月24日まで実施の「個人情報保護法に関する取組み状況の実態調査」の報告書、個人情報保護法に関して取組んでいる事業者の実態がわかります。ホームページから報告書:PDFファイルが入手できます。
S180606p_3 S180606p_4 S180606p

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

JISマ-ク表示認定工場

骨材の品質要求が高まっている。(社)日本砕石協会関東地方本部を訪問し、「新JIS認証取得」についてご説明を受けた。JISマ-ク表示認定工場の公示検査 は右記の機関で実施しています▼JISの登録認証機関:(財)日本建築総合試験所▼(財)建材試験センター。▼日本砕石新聞第812号 平成17年12月15日▼ 規格番号 JIS A 5005:1993 標題 コンクリート用砕石及び砕砂

| | コメント (0)

マンスリー・レビュー

三井住友銀行のマンスリー・レビュー2006.6をいただきました。
目次は次の内容で、充実しています。ぜひお読みください。
●視点「人口減少・少子高齢化に伴う経済環境の変化」
●経済トピックス
 ①株価上昇の資産効果を検証する
 ②広がりをみせるキャッシュレス取引
●産業トピックス
 ①需要が拡大するなか、原料問題に取り組む太陽光発電業界
 ②サービス多様化が進む学習塾業界
 ③今後の動向が注目される国内半導体メーカー
●アジアトピックス
 ①中国の為替制度改革の展望
 ②日本・マレーシア経済連携協定の課題
●データアイ「増勢が続く工場立地」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

クレド(信念)カード

6月3日(土)研修の帰途、寄り道して患者満足で有名な辰野歯科をこの目で確認すべく訪れた。▼どんな建物?周辺の立地は? ▼JR桃谷駅からJR沿いに勝山通りへ出る。勝山通りの生野区役所から右に曲がったところが辰野歯科でした。▼お向かいが公園で立地はいいですね。▼「私たちが常に携帯しているクレド(信念)カードです」。辰野歯科のクレドカードがホームページに公開されています。▼日々PDCAを回して継続的改善をされていることはすばらしいですね。S180603_4 S180603

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

大阪市環境月間

Pict0030  大阪市では、毎年6月を「大阪市環境月間」と定めており、平成18年は「STOP!地球と都市の温暖化」をテーマに、広く市民や事業者の参加と協力を得て、環境問題への関心を高めながら、家庭や職場から環境に配慮した活動を推進していただくため、各種行事や講座を開催します。 各種行事がホームページに載っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

6月は環境月間です

6月5日は「環境の日」です。1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。6月は環境月間です。▼ 環境月間シンポジウムはテーマ「自然との共生」の講演:「寛容の時代」(五木寛之氏)が 関西電力株式会社主催で メルパルク大阪 にて、6月15日開催されます。▼100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ は6月16日 、北区梅田1丁目・2丁目・3丁目周辺で開催。 電気を消してろうそくを灯し、ひとりひとりが未来の地球のためにできることを「気付く」きっかけとする催し物です。▼平成18年版の環境白書・循環型白書は5月30日に閣議決定され、国会に提出されました。▼記者発表資料
 環境白書はこちら: 循環白書はこちら: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

きんき環境館

環境省きんき環境館(近畿環境パートナーシップオフイス)は天満橋OMMビル5階にあり、環境関連資料が揃っています。次回の循環型社会研究会の開催場所候補のひとつです。ノートパソコンを持ち込めば大型液晶プロジェクションがスクリーンとなります。交通の便がいいですね。180601_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

循環型社会研究会のご案内

循環型社会研究会のご案内■日時:7月23日(日)13.00--17.00■場所:大阪市立歴史博物館第一会議室■発表者とテーマは下記のとおりです。▼①「流通サービスの環境シフト経営」 船井総合研究所 宜川 克さま▼②「南九州焼酎リユースびんの現状と将来政策」 追手門学院大学大学院 鹿 蓉さま ▼③「集団給食施設に於けるリスクマネジメントの実践について」滋賀大学大学院 樽井 雅彦さま▼「グリーン・サービサイジングの類型と可能性」追手門学院大学 今堀洋子さま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »