« 新・統合マネジメントシステム規格:PAS99 | トップページ | ISMSセミナーとISO研究会 »

2006年7月12日 (水)

・バルト海・ロシアを巡る旅

     Map_amusu1_1                                                急成長を続けるBRICs諸国の一つであるロシアは、過去5年間の平均で7%のGDP伸び率を示しており、拡大する消費ブームを背景に、多国籍による投資をひきつけています。トヨタが工場建設中のサンクトベテルブルグ、サミットが開催されるサンクトベテルブルグという都市は? 都市と海上交通の変化、北欧市民の環境認識、北欧のニート対策の諸調査に出かけました。企業経営者と北欧・バルト海・ロシアを巡る旅(6月21日から7月3日)の訪問都市のデータを整理中です。ブログに写真の一部を掲載していますので、ご笑覧下さい。

■6月21日関西空港11.15発 
■6月22日コペンハーゲン、アムステルダム号乗船13.00
■6月23日バルト海クルーズ(船内ライフ)  
■6月24日タリン(エストニア)  
■6月25日サンクトペテルブルグ(ロシア)
6月26日サンクトペテルブルグ(ロシア) 
■6月27日ヘルシンキ(フィンランド)  
■6月28日ストックホルム(スエーデン) 
■6月29日ゴッドランド島のヴィスビー(スエーデン)  
■6月30日バルデミュンデ(ドイツ) 
■7月01日オーフス(デンマーク) 
■7月02日コペンハーゲン
7月03日関西空港9.35着

日経エコロジー[2006年7月号]総力特集は「欧州との付き合い方」です。

|

« 新・統合マネジメントシステム規格:PAS99 | トップページ | ISMSセミナーとISO研究会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。