« 中之島リバーライトフェスティバル | トップページ | 日本小集団協会例会 »

2006年7月15日 (土)

言葉の花束「プラスαの魅力」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。北海道・旭川も夏らしくなり、観光シーズンに入ったそうです。
☆ シンクロニシティとは何か   それは、心の内で思っていたことと、外側(社会)の出来事や物とが一致すること。人生のさまざまなステージで、自分の目標を達成し、他にも尽くすという自己実現を果たすタイプは、最小最大の法則にのっとって進みます。その法則にのせるのが、直観と深く結びついているシンクロニシティであり、フローの力だといえるのです。

☆ 時間にいのちをふきこめば、その時間が生きてきます
   一瞬一瞬の時間をもっと意識して、もっとだいじにして、せいいっぱい生きたい。寿命というわたしにあたえられた時間を、自分のためだけに使うのではなく、すこしでもほかの人のために使う人間になれるようにと、わたしは努力しています。なぜなら、ほかの人のために時間をつかえたとき、時間は一番生きてくるからです。
言葉の花束「プラスαの魅力」「11806.7.15.doc」をダウンロード

|

« 中之島リバーライトフェスティバル | トップページ | 日本小集団協会例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の花束「プラスαの魅力」:

« 中之島リバーライトフェスティバル | トップページ | 日本小集団協会例会 »