« 環境経営学の理論と方法 | トップページ | 歯科診療所評価モニター制度がスタート »

2006年8月22日 (火)

ISMSとCSR

23日(火)経営コンサルティング会社のISMS構築の打合せでした。トップインタビューに続き、担当役員の方々にインタビューし構築上の問題点を伺い、ギャップがかなり明確になりました。雛形文書は概ね揃った。その後、審査機関の営業担当と適用範囲の解釈について意見交換を致しました。スケジュールに沿って、構築推進にエンジン始動!!■17.00から19.00中小企業CSR分科会第8回会合に参加しました。経営・環境・社会の各検討メンバーで次回までに、各項目を検討する。次回は9月26日(火)18.00から。■日経スペシャル「ガイアの夜明け」は「食の安心とは?~情報公開をめぐる 知られざる裏側~」。▼「成型肉」という言葉を初めて聞いた。切り分けられた内臓肉などを接着し、やわらかくして形を整えたもの。「成型肉」ときちんと表示せずに販売したことが問題になった。▼コンビニのおにぎり1個に約10種類、サンドイッチに約20種類の食品添加物が入っているという。▼食品添加物は、食品の裏側に「原材料名」として記載されている。表示がきちんとされていて、情報が正確に公開されているのであれば、消費者は自らの判断でその食品を選ぶことができるが。食の安心とは??■廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ…。食品添加物の元トップセールスマンが明かす、食品製造の舞台裏。知れば怖くて食べられない! ■22日新聞コラムです。「2006822.doc」をダウンロード S180822 S180822_2

449222266909_ss500_sclzzzzzzz_v113015521

|

« 環境経営学の理論と方法 | トップページ | 歯科診療所評価モニター制度がスタート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISMSとCSR:

« 環境経営学の理論と方法 | トップページ | 歯科診療所評価モニター制度がスタート »