« 長息=長生き | トップページ | 葬儀ビジネス »

2006年8月14日 (月)

酸素入り水

高校野球で熱戦が続いています。投手がプレッシャーの中でリラックスする方法の一つは、意識的に、ゆっくりと深く呼吸することだと思います。日頃、仕事や心配事の方に思考が漂い出したら、それを忘れ、呼吸だけを考えるようにしましよう。
腹式呼吸の練習方法
1)お腹を引っ込めて、胸部(肺)の空気を全部吐く
2)息を約1秒止める
3)お腹を膨らませながら、3秒かけて鼻から息を吸う(約3秒)

吸った2倍の時間(約6秒)をかけて口から息を吐く

▼中性脂肪を減らすのにもっとも効果があるのは、ウォーキング・ジョギングなどの有酸素運動です。20~30分、呼吸を意識しながら、体内に酸素をたくさん取り込み、脂肪を燃焼させる。深い呼吸は脳をリラックスさせ、アルファ波が出て心地よい状態になります。自然呼吸よりも酸素を20%多く摂取できるため、細胞が活性化し、脂肪燃焼効果が高まります。この「意識する呼吸」、「酸素の取り込み」に最適な呼吸方法が、上記の「腹式呼吸」です。                                               ▼休息と健康にあてるべき時間を忙しく働いてしまう。その結果、健康を損なう。ライフスタイルを見直し、健康的な生活習慣を築こう。健康を維持するための予定表にしましょう。
酸素缶や酸素入り水を買う前に、ぜひこの呼吸法を思いだしてください。酸素入り水500MLは呼吸1回で肺に入る酸素の約5分の1の量に過ぎないのですよ(朝日新聞8月2日)。朝日新聞の記事をご紹介します。「18.08.02酸素の缶詰と酸素入り水.doc」をダウンロード

|

« 長息=長生き | トップページ | 葬儀ビジネス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酸素入り水:

« 長息=長生き | トップページ | 葬儀ビジネス »