« 言葉の花束「プラスαの魅力」 | トップページ | 新しい日本型雇用を目指して(労働経済白書) »

2006年8月18日 (金)

理想の病院・医師

18日(金)■午前は長年懸案のそけいヘルニアの手術を盆休みにすませ、術後1週間の検査で訪れました。手術をしていただいた北原先生、野呂先生、いつも笑顔で接していただいた看護師の皆様、本当にありがとうございました。これからは気にすることなく、お陰さまで仕事や旅行が楽しめます。
大手前病院は2004年11月25日にISO9001BSIジャパンにて認証取得しています。患者の意見と病院の回答も1階に掲示し、患者満足のために改善活動の取組みについて、よく努力されていました。◇「理想の病院」で一番数多い意見は「患者とのコミュニケーションが取れる」23.1%、「待ち時間が短い」20.6%。「雰囲気が良い」19.8%。4割いじょうの人が医師やスタッフの接し方に関するものでした(元気読本)。◇「理想の医師」では「患者の話をしっかり聞いてくれる」「説明してくれる」「優しい」「患者の立場になって応対してくれる」の回答で8割に達する(元気読本)◇病室から大阪城や生駒山が見えました。食事もダイニングルーム「ひまわり」で大好きな大阪城、遠くに見える生駒山を眺めながら、楽しい快適な療養生活を過ごすことができました。◇医師による「そけいヘルニア」情報サイト
そけいヘルニア入院治療計画書(1泊) (今回の私の治療計画は5日間でした)
■午後は術後なので、最も近い徒歩2分のクライアントでISMSの打合せをしました。第一次審査1月、第二次審査2月目標です。審査機関はBSIジャパンの予定です。 ■8月18日新聞コラムです。ご覧ください。「2006818.doc」をダウンロード S180813_9 S180814_8 S180814_13 S180814_28 S180815_14

S180810_3

|

« 言葉の花束「プラスαの魅力」 | トップページ | 新しい日本型雇用を目指して(労働経済白書) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想の病院・医師:

« 言葉の花束「プラスαの魅力」 | トップページ | 新しい日本型雇用を目指して(労働経済白書) »