« 統合マネジメントシステム | トップページ | 言葉の花束「プラスαの魅力」 »

2006年9月30日 (土)

運動の秋、運動方法の3

秋といえばスポーツです■1)運動は動脈の弾性をよみがえらせ血圧を安定化する作用があります。2)脂肪を燃やして内臓肥満を改善する作用もあります。3)アディポネクチンを増やし血糖コントロールが良くなる作用があります■この三つが大きな運動の作用ですが、その他にも運動によって代謝が良くなりお肌のはりがでてきたり、ストレスが改善され性格が明るくなったり、抗がん作用があると言っている研究家もいます。このように運動は体に多くの良い効果を引き起こします■効果的な運動の方法は? 運動療法のキーナンバーは「3」
※一日合計30分の運動を心がける
※運動の効果が出てくるのには3ケ月
※運動の効果が持続するのは、3日
■一日合計30分以上の運動をして、そして3日運動をしないと効果がなくなる…・‥ということは、週3回以上は運動をしなければ…それで効果が出るまで3ヶ月…結果を信じて楽しみとしなければ続けることは大変ですね。「泉岡利於先生、ドクターきらら2006.vol.3より」■血液検査結果クレアチニンの値、γ-GTPの値についての情報 ■竹下輝明さんからいただいたコラムです「2006930.doc」をダウンロード

|

« 統合マネジメントシステム | トップページ | 言葉の花束「プラスαの魅力」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。