« ユニコン10月例会 | トップページ | 大商夕学講座「仮説思考」 »

2006年10月22日 (日)

日本小集団協会例会

10月22日(日)9.30--12.00日本集団協会の例会に参加し、貴重な情報を皆様から沢山いただきました。
■場所:大阪府立労働会館602
■日本小集団協会の創設期について
三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、研鑽研究暦は20年を超えています。
■本日の主な情報提供資料(資料数:30点)は下記です。
1)6Sの資料(私の6S)
2)人材沈没、日本企業の「マネジメント能力」の低迷
3)週刊フナイFAX2006.10.13、10.20
4)TANABE FAX REPORT 10/15号
5)ハチドリのひとしずく
6)お話の語り手講座修了発表会
7)Q-PET NO.3添削指導講師からのひと言
8)顧客満足の120分研修プラン
9)口で絵筆操る素晴しさ
10)サービス残業問題への企業の対応策
11)ニートやフリーターを2ヶ月で正社員へ戦力化
12)ビジネス界に押し寄せるコーチングの波
13)管理職よ、いまこそ「管理人」から「仕掛け人」へ!
14)外交のプロが切るBRICS投資
15)「いけてない」地方商店経営者5つの症状
16)カシータ
17)天才社員の育て方
18)MBAが会社を滅ぼす
19)営業「軍事力」を構築せよ
20)上に立つ者の人間学
21)9.11テロ捏造
22)「団塊」退職で変わる経済、伸びるチャンス
23)パブリックスの「奇跡」
24)風に吹かれて豆腐屋ジョニー
25)感動をつくれますか?
26)アメリカの保守本流
27)甲子園大学の概要
28)よくわかる中小企業のための新会社法33問33答
29)有限責任事業組合契約に関する法律について
30)企業のカタチ、会社法を活かす
■次回の例会日
12月17日(日) (前回は7月16日)   

|

« ユニコン10月例会 | トップページ | 大商夕学講座「仮説思考」 »