« 運動の秋、運動方法の3 | トップページ | 来年の海外研修はインドの企業訪問 »

2006年10月 1日 (日)

言葉の花束「プラスαの魅力」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。☆ エネルギーの最小単位として「波動」がある)■言葉の花束「プラスαの魅力」をご覧ください「06.10.1.doc」をダウンロード  ■一見、科学技術が進むところまで進んだように思える現在ですが、病気のことについては究極的対策は何一つとられていません。■どうして「気」という文字が使われているこれらの事象は、実態がつかみにくいのでしょうか?■答えは簡単です。「気」というのは、まさしく「波動」のことであり、いままで我々は誰からもその「波動」ということの本当の意味を教わっていないからです。■<生活の中の波動><人間関係における波動>――江本 勝「波動の人間学」(ビジネス社

■欽浄寺さんに掲示されている言葉です「背すじのばして肩ひじ張らず、たださらさらと水の如くに」(写真左) ■1日のコラムです「2006101.doc」をダウンロード ■明日発売の週刊東洋経済は「日本人の全給料」です。S181001_2興味深い内容です(写真右) S181001 S181007

|

« 運動の秋、運動方法の3 | トップページ | 来年の海外研修はインドの企業訪問 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。