« 顧客を知り尽くし 顧客を満足させる法 | トップページ | ISO27001予備審査 »

2006年11月19日 (日)

文章作成のコツ

本日から11月末締め切りの雑誌への投稿原稿「診断事例」に、着手しなければならない。▼今回は書きたいことをまず図に描いてから文章化を試みよう。▼重要なキーワードを三つに絞る。▼一番言いたいことを最初に書こう。▼19日午後、この作成のコツで8000字完成、明日以降は下記要領で推敲します。
▼「文章作成のコツ」(1月15日ブログより
書くテーマ、題材がきまれば、まずその題材について、脳の中が嵐になるぐらい、考えを巡らし、思いついたことを一枚のシートに次々にメモにしていく。いきなりワープロに向かうのは良くない。まず文章の設計図を作ることである。
1)思いついたことは全部書く。
2)幅広く考える
3)思いついたことは必ず書く
4)単語でもいいし、文章でもいい
5)以上を同類項ごとに4つに分けて、分類し、整理しておく。
書きたいことをすべて書き並べる。

▼文章構成について
次に4色のサインペンで「起承転結」の4分類にまとめる。
1)事実を述べる
2)自分の意見を述べる
3)意見の正しさを検証する
4)反論を想定し、それに反論する

▼推敲のためのチェックリスト
□意味の区切りごとに分けて書いているか
□5W1Hのはっきりした文章になっているか
□内容をかみくだいているか
□具体的・客観的な表現を使って事実を描写しているか
□事実と意見の書き分けているか
□自分の意見が一貫しているか
□根拠としてあげた事実や経験と意見がかみ合っているか
□俗語、話し言葉、業界用語などを使って、文体が他と不調和に
 なっていないか
□「でます体」と「である体」を混用していないか
□二通りに解釈できる曖昧な表現はないか
□極端に長い文を書いていないか。一文に内容を詰め込み過ぎていないか

■19日の新聞各紙のコラムです(竹下さんからの提供)「20061119.doc」をダウンロード

|

« 顧客を知り尽くし 顧客を満足させる法 | トップページ | ISO27001予備審査 »