« 言葉の花束「プラスαの魅力」 | トップページ | 日本小集団協会の例会 »

2006年12月16日 (土)

桑蓬会12月例会

12月16日(土)は 桑蓬会12月例会+忘年会でした。
15:30-17:30 例会
17:30-19:30 忘年会
場所: 大阪弥生会館(大阪駅北側)
例会発表:内池 滋さん「企業再生:スキー場の事業計画作成事例)
▼すばらしいお話でした。企画提案・コンサル力のお手本をご紹介していただきました。▼中小企業診断士は、依頼先ニーズに基づき各種の提案や診断書等を作成しています。しかし品質・レベル等については、当事者間が知るのみで、第三者の評価を受ける機会が少ないため、診断士のスキルに大きな落差が生まれているのが現実です。▼これでは、有名だが中身に問題が多い大コンサルファームを越えた信頼性や競争力が保てません。▼引合の一週間後のヒアリング訪問時には、提案の骨子がすでにできていたそうです。▼仕事の速さ・出来栄えを決めるのは何か?それは「分析力ではなく、仮説である」。これからのコンサルタントの必須能力である「仮説思考」です▼仮説思考とは、闇雲に情報を収集してから分析にかかったり、結論を考える従来型のアプローチではなく、少ない情報をベースにまず答えを考えてしまい、その答えを検証する作業のみを行うというアプローチである。ISO9001の設計・開発アプローチである。▼本日は1時間半のご発表と、あと30分の質疑応答でした。もっと話を聞きたい方は、内池さんの「企画提案・コンサル力強化セミナー」が1月27日(土) 13:30~17:00兵庫県支部であります。ご参加ください。セミナー案内をご覧ください「18.12.16地域研セミナー(内池).doc」をダウンロード▼今年は暖冬・小雪の予想で、スキー場は悲鳴。昨年の今頃は大雪の情報でしたが-- ■いつもありがとうございます。16日のコラム(竹下さん提供)です。「20061216.doc」をダウンロード S181216souhoukai_2 S181216souhoukai_3 S181216souhoukai_4 S181216souhoukai_1S181216souhoukai_5 S181216souhoukai_6 S181216souhoukai_7 S181216souhoukai_8 S181216souhoukai

|

« 言葉の花束「プラスαの魅力」 | トップページ | 日本小集団協会の例会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。