« 顧客の悩みこそ商機 | トップページ | 名水の里・黒部 »

2007年1月27日 (土)

環境社会企業責任研究学会

27日(土)は駒澤大学での「環境と社会を意識した企業責任を研究する学会」(環境社会企業責任研究学会)第1回定例研究会へ参加しました。この会は、会員が相互に研鑽、協力して、企業責任に深く関わる環境・社会情報に関して幅広く理論研究及び調査活動を行い、それにより学的深化と進化を企図し、併せて企業責任と環境改善に関する知見を多様な手段を用いて広く社会(生活者・消費者また団体・組織)に提供し、環境に配慮する行動様式の普及を図り、引いては経済社会の全面的グリーン化に寄与することを目的としています。本日の参加者は13人■研究報告は
(1)環境報告書類発行の周辺情報
     日本品質保証機構 村上 亘
       日本品質保証機構 黒田邦夫
(2)環境評価の基本的考えと「環境クォータリー」
     駒澤大学経営学部 鈴木幸毅
(3) 企業と大学の環境報告書:事例紹介と最新動向
     新日本監査法人  井上昌美
(4) 第2回環境報告書ガイドライン改訂検討会の主要論点及び改訂の方向
     ニッセイ基礎研究所 川村雅彦
新鮮な他で聞けない貴重な情報が一杯の大変有意義な研究会でした。18.30から懇親会でした。
■ホテルへ22.00。明朝は黒部へ移動です。S190127_1 S190127_2 S190127_3 S190127_5 S190127_6 S190127_7

S190127_8S190127

|

« 顧客の悩みこそ商機 | トップページ | 名水の里・黒部 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。