« 能力発見・開発の手法 | トップページ | 脳って何だ? »

2007年4月 7日 (土)

地球は熱があり、節々が痛む

■朝日の社説は次のように書いています。■「熱が出ますよ。体の節々が痛くなってくるはずです」。私たちの地球は、お医者さんから、そんな診断を受けた。世界の専門家でつくる「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告だ。」(中省略)■深刻な水不足に直面する人々は数億人以上の規模になる。穀物生産の低下が、とくに赤道を中心とした低緯度地域で起こる。人間の健康に与える影響では、栄養失調、感染症などが増え、生物界でも種が絶滅するリスクが高まる。(省略)■早く本気で政府も企業も個人も対応をしなければ、余計なコストを支払うことになります。■品質・環境・安全の統合マネジメントシステムの文書化指導でした。■本日の歩数5135■7日のコラム(竹下さん提供です)「2007407.doc」をダウンロード S190406_1 S190407_3 S190407 S190407_1

|

« 能力発見・開発の手法 | トップページ | 脳って何だ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。