« 能力発見・開発の手法 | トップページ | 価値創造のための戦略的交渉力 »

2007年4月17日 (火)

人は仕事で磨かれる

4月17日(火)18.00中小企業CSR分科会へ、■19.30大商夕学講座「人は仕事で磨かれる」丹羽宇一郎氏■著書に「人は仕事で磨かれる」があります。■仕事には「見える報酬」と「見えざる報酬」がある。▼「見える報酬」とは形に表れるもの、給料や昇進、そして家族が喜ぶ姿。「見えざる報酬」とは形が無いもの、心・精神の成長。▼人間は、肉体を維持する為に栄養をとる。心にも“栄養"を与える必要がある。▼世相を見ると、知識万能主義・数字や偏差値の世界。▼人は仕事で磨かれる。仕事を通じ、感激や感動体験、やさしい人への目線、強いものや不正義に向かっていく勇気を涵養し、心や精神を鍛える事が求められている。▼人間の差は継続である。▼毎日本を30分読むこと。 ■22.00「ガイアの夜明け」 は「新たな”食”を発掘せよ!~狙いはアジアの本物~」でした。▼NIRVANA New York。1970年、NYに誕生し多くの著名人に愛された伝説的インド料理レストラン。2002年に惜しまれつつ歴史を閉じた名店が、モダンインディアンダイニングとして復活します■17日新聞各紙のコラム(竹下輝明さん提供)です「2007417.doc」をダウンロード ■本日の歩数:8459でした。S190417_1 S190417

|

« 能力発見・開発の手法 | トップページ | 価値創造のための戦略的交渉力 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。