« 日本経済の行方 | トップページ | 来客への挨拶 »

2007年7月13日 (金)

自力と他力

S190707_3_1 欣浄寺さんに掲示されている言葉です。
こまごまと
自力で
はたらいてきたが
気がつけば
大きな
他力の中

19071351pfw6e8wql_aa240_ [自力と他力]五木寛之/著
の目次は次のようになっています。

他力は「甘えの構造」ではない
他力の風が吹かなければ、ヨットは動かない
他力の思想は、真の絶望から発する
人は歴史を身体に刻みこんで生きる
家の宗教は、個人を超えた記憶につながる
「他力」は二十一世紀のキーワードである
宇宙の時空をつらぬくエネルギー、それが他力の世界
大きな「他力」を感じつつ、「自力」を忘れない
他力は自力の母である

宿命は変えられないが、運命は変えられる[ほか]

|

« 日本経済の行方 | トップページ | 来客への挨拶 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。