« 2008年は波乱の幕開け | トップページ | 年賀状に連絡したくなる「一言を」 »

2007年12月26日 (水)

経営効果が見えるISO

191226ziso08010 ISO取得企業に対する調査のために訪問しました。1時間のインタビューを実施しました。■中小企業がISO導入を成功さすための法則とコンサルティングの手法を導き出すためです。■サ-ビス業。ISO取得後8年経過、クレームは減少していない。クレームの根本的原因に踏み込めていない■1700人の企業で、内部監査員が6人■社内の提案件数がほとんどない■今年から品質・環境の統合審査を受けている。
ISOマネジメント2008年1月号は「経営効果が見えるISOの具体的活用法を」を特集しています。■今も、多くの企業から「ISO○○を取得したが役に立っていない。いかにすべきか?」という相談を受けることが多い。
■その要点は、
「1」ISO○○が経営直結の活動でない、
「2」経営貢献度が目に見にくい、
「3」審査中心の一部の活動になっているため不要な種類の管理に追われる
■26日の新聞コラム集(竹下輝明さんからいただいた)です。「20071226.doc」をダウンロード

|

« 2008年は波乱の幕開け | トップページ | 年賀状に連絡したくなる「一言を」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。