« 温暖化対策番付、日本は42位 | トップページ | お役に立つコンサル »

2007年12月 9日 (日)

工業経営研究学会・環境研究分科会・循環型社会研究分科会

9日(日)13.30--17.00工業経営研究学会・環境研究分科会・循環型社会研究分科会合同研究会主催のシンポジウム「私が変わる私が変える:循環型社会への取り組み」に多くの皆様がご参加いただきありがとうございました。日ごろの研究・活動の成果をご披露いただき、前回同様、予定時刻ぎりぎりまでの全員での活発な討論を行うことが出来ました。ご参加くださった皆様の地球環境問題に対するご見識の高さに敬服します。
■日時:9日(日)13.30--17.00
■場所:宝塚造形芸術大学 梅田キャンパス502教室
■内容:
1)テーマ:「ビニロンのメタモルフォーゼ:学生服からアスベスト代替品へ」講師:井上尚之
     関西学院大学・関西大学兼任講師 博士(学術)
2)テーマ:「持続可能な社会、その条件は? ナチュラル・ステップから学ぶ」 講師:井上雅由
     特定非営利活動法人 奈良ストップ温暖化の会 理事
3)報告者を囲むシンポジウム「循環型社会への取り組み」
     パネラー:井上尚之、井上雅由、司会:浅野宗克 
■開会ご挨拶で宝塚造形芸術大学教授の坂本清先生から工業経営研究学会設立20周年記念出版として、当研究会で執筆する著書の構成例、タイトル「循環型社会と環境経営の課題」などのご説明がありました。
■1)テーマでは60年前にナイロンに対抗して(財)日本合成繊維研究協会で作られた純国産合成繊維ビニロンが、アスベスト代替品としてサバイバルし、日本の技術が再評価されているとの報告であった。
■1)参考資料:FRCビニロンは人体に吸入できない大きさなので人体に害がないとされており、欧米を中心にアスベストに替わる素材として需要が高まっています。
■2)テーマの参考資料:ナチュラル・ステップ■懇親会では八尾市の(株)テルモ工業さんの新素材「ファロックス」の話題で盛り上がりました。(株)テルモ工業の新素材「ファロックス」については船井幸雄.COMのホームページキラリ発見.com掲示板で紹介されています。S191209_3S191209_4 S191209_7参考図書「循環型社会を創る-技術・経済・政策の展望-S191209_12 S191209_17 S191209_25 S191209_37 S191209_42 S191209_45 S191209_47 S191209_51

|

« 温暖化対策番付、日本は42位 | トップページ | お役に立つコンサル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。