« 誰もしなくても、せめて私ぐらいはする | トップページ | 言葉の花束 »

2008年1月31日 (木)

「低炭素社会へあめちゃん大作戦」

S20080131_5 S20080131S20080131_3 31日は久しぶりに早朝の大阪城梅林を散歩しました。寒紅、冬至梅は満開。2月上旬が見ごろでしょうか?▼大阪城梅林の梅開花情報のホームページです。■次は朝日新聞の記事です。▼我が国の2000年度の温室効果ガスの総排出量です。全国各地のユニークな地球温暖化防止の取り組みを競う「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」が繰り広げらている。▼自然エネルギーの利用や低炭素社会に向けたまちづくりにもお国柄が表れる。▼大阪のおばちゃんは、バッグの中に大抵「あめちゃん」を入れているという。▼見知らぬ人にも気軽に配る。自分でなめるより、他人に配るために持ち歩いていると言ってもいいぐらいなのだそうだ。▼これを温暖化防止のPRに使おうと思いついたのが、大阪Osaka_04 のおばちゃん代表の西村優子さんだ。▼地域の女性会や子供会が、「(繰り返し使える)リターナブルびんはペットボトルに比べて69グラムのCO2を減らします」などのチラシを、あめと一緒にイベント会場や街頭で配っている。▼地産地消などの観点から伝統野菜あめを使い、すぐにチラシを捨てられないように2粒いれる。▼「あめちゃんと一緒だとチラシをほぼ100%受け取ってもらえる。立ち止まって話を聞いてくれる人の確率も高い」。西村さんは「あめちゃん効果」を強調する。▼一般からのウエブ投票などを参考に、2月10日にグランプリが決まる。大阪を応援しましょう■今日から日経・朝日・読売の3社のニュース・サイトに載る最新ニュースも、「あらたにす」で同時に一覧できます。 3紙の報道や社説を対比しつつ、じっくり読むことで、新聞の奥深さ、面白さを再発見してください。「あらたにす」の特徴は、3紙が発信するニュースや社説などを「読みくらべ」できます。

|

« 誰もしなくても、せめて私ぐらいはする | トップページ | 言葉の花束 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。