« 温暖化防止へ国別総量目標提案 | トップページ | ロンドン、低炭素都市”への挑戦 »

2008年1月28日 (月)

カーボンマネージメント

28日(月)午前は情報セキュリティ、午後は環境のコンサルティングでした。■プライバシーマークとISO27001のどちらを取得すれば良いのか?▼システム開発している企業で個20080128ziso08020人情報を扱っていないのにプライバシーマークの方が簡単だからプライバシーマークを先に取得しようという企業が多いですね。▼それで効果が出るのでしょうか▼それよりも強固な情報セキュリティ体制を構築することの方がビジネスにとって、有利ではありませんか。▼取得する狙いをもっとよく考えてください。■ISOマネジメント2月号は「間違いだらけの審査機関と受審組織50例」。▼ISOで自社なりの独特のシステムを構築しているところが全く少ない。▼要求事項の狙い(目的)を満たしていれば良いという訳にはいかないのが、審査の実態です。■NHKクローズアップ現代は「ヨーロッパからの“新しい風”【1】 カーボンマネージメント」でスウェーデン電力会社、 バッテンフォール」(Vattenfall)・CEO、オランダ輸送会社TNT・CEOからCO2の排出量のゼロをめざす企業の紹介でした■明日29日のクロースアップ現代は、ロンドンが2025年までにCO2の排出を1990年比で60%削減するという厳しい目標を発表し、行政の強いイニシアチブでCO2削減を進めている。市内への自動車の乗り入れを厳しく制限する「渋滞税」や市民に省エネの方法をアドバイスする「緑のコンシェルジェ制度」を導入、家屋の改築に補助金を出す制度も作った。
■日経ビジネスは「トヨタ、低価格車は脱常識、丸投げ禁止で、インドなど新興国向けに」の記事です。

|

« 温暖化防止へ国別総量目標提案 | トップページ | ロンドン、低炭素都市”への挑戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。