« 世界最高水準の省資源社会の実現へ向けて | トップページ | 地球温暖化 CO2の“見える化” »

2008年2月 5日 (火)

ブッシュ以後の日米関係

S2008020521 朝から新規開拓の勉強会です。■ただの○○屋ではない。お客様の商品を世の中にどう知らしめるかが私たちの使命と考えている。その実践が出来ることがプロの仕事だという。■顧客の声を分析していますか?お客様の満足度を掴んでいますか?■「お客様の喜びの声」や「当社を選んでくれた理由」を集めましょう。当社の良さを教えてもらう。紙に書いてもらう。お客様の声はキャッチコピーに使えます。お客様の声を社内のボードに貼りだす。あるいはホームページや営業ちらしに掲載する。
■本日の『夕学五十講』は慶應義塾大学総合政策学部 教授・兼学部長、東京大学先端科学技術研究センター 特任教授■テーマは「ブッシュ以後の日米関係:安全保障、憲法、文化と価値観の共有」です。■2008年大統領選挙は全候補が新人。史上稀にみる混S20080205_1 戦。マケイン、ロムニー(共和党)、オバマ、クリントン(民主党)。「スーパーチューズデー」ノ投票が間もなく始まる■なぜ日米は関係を結ばないといけないのか?日米同盟はその目的達成にとって不可決か?日米の利益・価値・経験の共有は? 日米が世界で占めるべき地位・役割と両国間の任務・役割・能力分担は?■阿川 尚之先生の紹介のホームページです。■1月19日のブログは「世界の中で日本の外交を考える」です。

|

« 世界最高水準の省資源社会の実現へ向けて | トップページ | 地球温暖化 CO2の“見える化” »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。