« プライバシーマーク取得 | トップページ | モンゴルと日本 »

2008年2月20日 (水)

グローバルスタンダード

20日(水)一駅手前の日暮里で下車し、谷中ぎんざをとおり東京のオフイスへ。■祝・新交通 日暮里・舎人ライナーの垂れ幕。3月30日開通の予定です。■帰りの新幹線から富士山が見えました。■本日発売の「ウェッジ3月号」は羅針盤「グローバル化に乗り遅れた日本の交通体系を再構築せよ」。■“優良企業”の足も引っ張る 日本市場の構造変化。日本経済のけん引役だったトヨタ、キヤノン、武田薬品など「国際優良株」っすら、壊滅的な下げて配当利回りが急上昇。「成長しない日本」という「ジャパン・プレミアム」を上乗せられている。日本の根本的な構造変化に目を向けなければならない。■分岐点に立つ薄型TV3強 それぞれに見えるリスク。三大陣営のリスクは「外販」シャープ、「自前」松下、「調達」ソニー。■続発する官僚の不祥事、責任追及ない日本。政治評論家・屋山太郎さんの意見書です。「公務員が問題を起こしても個人が責任を問われない。弊害が大きいので抜本的改善が必要だ。とくに指定職以上の幹部職員は民間企業の取締役と同様に、問題が起きたら個人の責任をきびしく追及されるようにすべきである」。この分野もグローバルスタンダードにすべきではないか。S20080220_1 S20080220_2 S20080220_3 S20080220_5 S20080220_6 S20080220

|

« プライバシーマーク取得 | トップページ | モンゴルと日本 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。