« 「最高のサービス」とは何なのか? | トップページ | グローバルスタンダード »

2008年2月19日 (火)

プライバシーマーク取得

S200802192119日(火)は雨水。温かさに雪が雨にかわり、氷がとけ始める頃といわれています。少し春を感じます。朝は新規開拓の会議に出席し進捗を確認しました。朝礼では全員で、大きな声で「困難に出会っても---」を唱和、元気なスタートでした。■夕方の新幹線で東京へ移動。車中の読書は日経ビジネスと週刊東洋経済、ISOマネジメントの3冊。■ISOマネジメント3月号はISO22000・HACCP・JGAP認証取得事例集を特集しています。■プライバシーマークJISQ15001:2006版更新事例で書類の指摘事項は×が40箇所、△が9箇所、現地確認が3箇所と予想以上に多い指摘件数だった。その指摘と対応内容が紹介されています 。■プライバシーマーク取得指導の参考書として「プライバシーマーク取得がよーくわかる本」「よくわかるJISQ15001:2006」の2冊を見つけました■今夜のプロフェッショナル仕事の流儀は西脇市の繊維機械を販売する会社の片山象三社長です。「ライバル中国に勝つ!」。社員14人の熱血社長、驚き新開発。プロフェッショナル仕事の流儀は「あきらめなければ、失敗ではない」。■茂木健一郎さんのコラムです「生きる情熱からしかイノベーションは生まれない」■「第1回日本ものつくり大賞」は世界初の「多品種小ロット織物生産システム」に。「織物産地を次の世代に残そう」、その思いが、コストで中国と戦える世界初のシステムを生んだ。詳しい内容はホームページで紹介されていますのでご覧ください。

|

« 「最高のサービス」とは何なのか? | トップページ | グローバルスタンダード »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。