« ISO/TS16949自動車産業規格 | トップページ | 言葉の花束 »

2008年2月15日 (金)

内部監査の研修

S20080215_3S20080215_6 15日(金)10.00~16.00は内部監査の研修でした。
1)内部監査の目的、内部監査の要求事項の解説
2)内部監査の手順
3)内部監査チェックリストの作成実習(グループワーク)
4)ビデオを見て、不適合を指摘し、是正処置要求書の作成
5)ISO90001研修のQ&A
▼聞くばかりより、グループワークで話し合い、考え、全員が発表したことが楽しく好評でした。▼ビデオによるケーススタディも理解しやすく良かったようです。▼「8.2.2b)品質マネジメントシステムが効果的に実施され、維持されているか」の要求事項の意図を再確認してもらった。▼監査を始める前に内部監査の目的を確認せよ。▼文書より現場を見る監査へ▼全員参加による継続的改善ができる風土を▼内部監査終了後に反省会をしていますか?
■昨日研修のISO/TS16949:2002の国別認証件数(2006年12月末時点)世界:27999件
1)中国:4758
2)アメリカ:3852
3)ドイツ:2763
4)韓国:2621
5)インド:1588
6)フランス:1127
7)日本:939
8)イタリア:935
9)スペイン:870
10)ブラジル:846
■日経新聞の経済教室は13、14日に続き「排出権取引導入の視点(下)」を松橋隆治教授が「排出枠固執は疑問、難しい公平性の確保」の見出しの趣旨のことを書かれていました。参考になる内容でした。▼第2部は地球環境広告特集で、「ポスト京都に向け試される日本の指導力」です。■本日の歩数は8936歩です。

|

« ISO/TS16949自動車産業規格 | トップページ | 言葉の花束 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。