« 地域と企業の関係 | トップページ | 部品の人生は、一度きりじゃない »

2008年2月24日 (日)

ジュンク堂書店

S20080224_1S20080224  24日朝、テレビ「ルソンの壺」は、「売れない本にお客大満足!」、ジュンク堂書店 工藤恭孝社長でした。「専門書といえばジュンク堂」と言われるほど客の信頼度が高い。徒歩10分のところに天満橋店があります。■ここ10年で売り上げを3倍近くに伸ばしてきた。㈱ジュンク堂書店売上高・経常利益推移(過去10年間)グラフをご覧ください。■来店客のために椅子とテーブルを用意しています。滞留1時間未満の客の売上は6006円、1時間以上の客の売上は9932円(写真)です。■昨年7月22日の経済羅針盤で同社が紹介されています。■2007年7月22日 (日)ブログです。■経済羅針盤はコスモ石油・木村彌一社長で、アラブ首長国連邦・アブダビ首長国の政府系投資機関であるIPICの投資を受けて注目を集めている。日本は産油国とどう付き合っていくべきか?■コスモ石油のホームページです。■International Petroleum Investment Companyとの業務提携に関するお知らせ :2007年9月18日■なにわエコ会議が阿倍野区役所でありました。■宮崎のまるごと食べれるきんかん!本当においしいです!S20080223_1

|

« 地域と企業の関係 | トップページ | 部品の人生は、一度きりじゃない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。