« 「低炭素社会へあめちゃん大作戦」 | トップページ | やる気を引き出す シンプルなしかけ »

2008年2月 1日 (金)

言葉の花束

健康生きがいづくりアドバイザーの橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。■「北の大地」からプラスαの魅力第155号「15508.2.1.doc」をダウンロード  してご覧ください。
☆他人のために使う時間を増やし、他人のために行動せよ
――鈎(まかり)治雄(創価大学教育学部教授)
☆「がんばらない」と「がんばる」のバランスが大切 
――鎌田 實・諏訪中央病院名誉院長「幸せさがし」(朝日新聞社)
▼旭川の橋本さんのメールによると恒例の旭川冬まつりが2月7日から始まります。今年は、環境サミットとも言われる「北海道・洞爺湖サミット」を控え、冬まつりの大雪像統一テーマは環境保全への「旅立ち」です。▼メイン雪像は、全世界の人々に環境保全の大切さを伝える旅に出ようとしている様子を描いた「出発!環境船テラ(イタリア語で地球の意味)」で、現在、陸上自衛隊第2師団によって制作が進められています。▼11トンダンプ6000台の雪を、骨組みなど一切使用せずに高度な製作技術を駆使し、ギネスブックにも登録された世界最大級の大雪像(幅80mX高さ20mX奥行き40m)は観光客の注目を集めることと思います。
■室町通りで創業270年という帯匠「誉田屋」の中庭に立つ蔵を改装した京都セレクトショップ「SHINA」でクリスチャン・レノンシア木彫展を開催しています。■特にダンボールという作品は、表面がデコボコや切り口のぎざきざ感まで本物そっくりで、知らない人が見たら、近くに寄って見ても木で出来ているとはとても気づかないかもしれません。Spict0006 Spict0012

|

« 「低炭素社会へあめちゃん大作戦」 | トップページ | やる気を引き出す シンプルなしかけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。