« 日本小集団協会 | トップページ | プライバシーマーク取得 »

2008年2月18日 (月)

「最高のサービス」とは何なのか?

S20080218_2S20080218_4 S20080218  18日(月)大阪城梅林 、今年は寒いので開花が少し遅いですね。大阪城梅林の開花情報のホームページです。■日経ビジネス2月18日号は「新興国攻略法、儲ける会社の目利きに学べ」です。先進国経20080218済が減速の兆しを見せる中、日本企業の2008年3月期決算は「新興国頼み」となる。これまで「NIEs」「ASEAN」「BRICs」などのブームの中で、日本企業は浮沈を繰り返してきた。新たな盛り上がりで稼ぐには「七・転・八・起」がキーワードとなる。▼2008年版新興国攻略法4か条①面積確保よりも点をつなげる、②性能追求より、タイミング重視、③長期戦と転戦も視野に、④不正は屋台骨揺らすと自覚。▼シャープが世界首位陥落、太陽電池の 痛恨■週刊東洋経済2月23日増大号 の特集「『食』の戦争 」です。需要急増と燃料転換、異常気象で暴騰する輸入食料。そして日本農業の急速な崩壊……。私たちに危機への備えはあるか。■今夜の日経スペシャルガンブリア宮殿は北海道の洞爺湖にある高級リゾートホテル「ザ・ウィンザーホテル洞爺」を経営する窪山哲雄氏のお話です。窪山氏は経営破たんし閉鎖に追い込まれたこのホテルを、サミットの舞台に選ばれるまでに再生させた。今や、客単価は1泊あたり5万5千円。客が求めてやってくる「最高のサービス」とは何なのか?■サービスはマニュアルではできない、と徹底的に会議を行いスタッフ全員でサービス哲学を共有するウィンザー流とは?「客が満足するサービスとは何か」を、窪山社長に話を聞く。■「ザ・ウィンザーホテル洞爺」 のホームページです。S20080218_1 S20080218_2_2 S20080218_3 S20080218_5 S20080218_6 S20080218_7

|

« 日本小集団協会 | トップページ | プライバシーマーク取得 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。