« 現場にこだわれ | トップページ | ブッシュ以後の日米関係 »

2008年2月 4日 (月)

世界最高水準の省資源社会の実現へ向けて

20080203209 4日は立春。週刊ダイヤモンド2月9日の特集は『年収が20倍増えた仕事術「グーグル(Google)化」 知的生産革命』です。■「不可能を可能にしたインドのタタ、世界最廉価27万円カーの衝撃」(14、15ページです)■『効率が10倍アップする新・知的生産術――自分をグーグル化する方法』■本日の日経スペシャル カンブリア宮殿のゲストは世界2位の建設機械メーカー「コマツ」の坂根正弘会長です。「世界に羽ばたく日本のモノづくり~どん底からのダントツ経営改革に学べ!」■他社が数年かかっても追随できないような差別化のされた商品を「ダントツ商品」と名付けた新商品開発プロジェクト・・・トップの強いメッセージに、現場が奮起して、数々の「ダントツ商品」が生まれた。■今は「ダントツ商品」が売り上げの5割を占める。■コマツのITシステムはS20080204_1 S20080204_3 S20080204 世界一。東京にいながら、1万km離れたニューヨークで稼動する自社製品の状況を知ることができる。建設機械の内部に組み込んだセンサーで車両のあらゆるデータ(稼動状況、位置、稼動時間、燃料残量、エンジン負荷、故障情報、---)を収集し、自動的に送信する「KOMTRAX(コムトラックス)」。コマツはこのシステムの導入で、部品交換や修理、盗難への対応といった顧客サービスを大幅に向上させている。コムトラックスを使えば、レンタルした建機の稼動実績からオーナーの支払い能力の変化をつぶさにチェックできる。さらに、遠隔操作によるエンジンロックの機能を使って、支払いが滞っているオーナーの建機を止めてしまうことも可能である。■このコムトラックスは世界で6万5000台に搭載され、コマツの建機の10%に達している■日経ビジネス2007.6.4号は『製造業の進化形、コマツが究める「理と利」経営、世界を深耕』を特集しています■コマツのホームページです。■経済産業省のホームページに「世20080204h1界最高水準の省資源社会の実現へ向けて~グリーン化を基軸とする次世代ものづくりの促進~」を取りまとめ公表しています。作成は産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会基本政策ワーキンググループです。■世界最高水準の省資源社会の実現に向けて~グリーン化を基軸とする次世代ものづくりの促進~ー産業構造審議会基本政策ワーキンググループ報告書の概要ー(PDF形式:151KB) ■世界最高水準の省資源社会の実現に向けて~グリーン化を基軸とする次世代ものづくりの促進~ー産業構造審議会基本政策ワーキンググループ報告書ー(PDF形式:146KB) ■最新の環境・循環型社会白書平成19年版 [HTML版]

|

« 現場にこだわれ | トップページ | ブッシュ以後の日米関係 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。