« やる気を引き出す シンプルなしかけ | トップページ | 世界最高水準の省資源社会の実現へ向けて »

2008年2月 3日 (日)

現場にこだわれ

3日のルソンの壷は「海の男の声を聞け、魚群探知機が漁業を変える」、兵庫県西宮市に本社のある古野電気です。■売り上げ600億円、船舶の電子装備のシェアで世界トップレベル。■創業者から受け継がれる徹底した「現場主義」。企画、開発、営業、あらゆる部門の社員が「現場にこだわれ」をモットーにしています。■古野電気のホームぺージです。
■「経済羅針盤」は内田洋行でした。■企業のニーズに合わせた新しい技術を取り入れたオフィスや会議システムの開発に力をいれています。■内田洋行のホームページです。
週刊東洋経済 2008年2月9日増大号の特集は「働きウーマン世界は女性を中心に回りはじめた」です。■週刊ダイヤモンド2月9日の特集は『年収が20倍増えた仕事術「グーグル(Google)化」 知的生産革命』です。
20080203200824hyoshi日経ビジネス2008.02.04号は「本当のライバルは? 常識破りが飽和を破る」。▼2つの異変は「ヤマダ電機が自動車を売る」、「エキナカの一店舗当り一日売上がセブンイレブンを抜いた」▼仮想敵が需要を創造する。新たな市場に潜む「本当のライバル」との戦いに果敢に挑んだものだけが、成熟社会を生き抜くことができる。■第2特集は「待ったなし!内部統制、中小も『経営の棚卸』」です。▼監査人との交渉がカギ。▼業務刷新と一石二鳥
プレジデント2008.2.18号は「年収2000万の時間術」を特集しています。▼1日の時間の使い方を考えるうえで原点となるのは、残りの人生をどう生きるかということ。

|

« やる気を引き出す シンプルなしかけ | トップページ | 世界最高水準の省資源社会の実現へ向けて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。