« 慶應大阪リバーサイドキャンパス | トップページ | モーダルシフト »

2008年4月13日 (日)

自転車との新たなつき合い方

13日(日)の朝のルソンの壷は大型自転車専門店「サイクルベースあさひ」のあさひ社長・下田進さんでした。■1000台という豊富な品揃えと、素早く的確な修理とを2枚看板に、売り上げを伸ばし続けています。また、客の声を生かしてユニークなオリジナル自転車も開発。自転車との新たなつき合い方を提案する企業の取り組みが急成長の秘密です。■昨年7月8日の経済羅針盤でも取り上げられています。そのブログです。■経済羅針盤はシティグループ・ジャパン ダグラス・ピーターソンCEO。今年5月、アメリカ金融大手のシティグループの日本法人持ち株会社と日興コーディアルグループの持ち株会社が合併する。この統合の裏には、日興がこれまで培ってきた国内の営業力とシティの幅広い海外拠点網を融合させた総合金融サービスを強化する狙いがあります。■日本におけるシティ
■ノートパソコン持参で孫の遊び相手に、奈良の息子宅で一日を過しました。

|

« 慶應大阪リバーサイドキャンパス | トップページ | モーダルシフト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。