« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

「土建国家」から「地球貢献国家」へ

29日(火)のプロフェショナル仕事の流儀「茂木健一郎の脳活用法スペシャル」を残念ながら聞くことができませんでした。■仕事に集中できない。つい物忘れする。誰もが感じる脳に関する悩みに、キャスターである脳科学者・茂木健一郎が科学の知識と自らの経験をもとに答える脳活用法スペシャル。■快感や喜びに関係のある物質ドーパミンは、褒められたときやうれしいときに多く放出される。そして、ドーパミンが多くでた時、その直前にしていた行動を繰り返したくなる事が実験で判っている。そのため、学生がいい発言をした瞬間を逃さずに褒める事が大切だ。瞬間的に褒めるには、相手の事をよく見る必要がある。その事も、子どもには良いメッセージとして伝わるという。▼褒めることは自然科学研究機構生理学研究所の定藤規弘教授の研究グループのデータでも、脳の線条体という部位の血流が活性化することを突き止めています。24日のブログです。■再放送は来週5月 6日 (月)午前1:15~翌日午前2:00にあります。
■会報「企業診断ニュース」5月号の特集(5月1日発行)は、次のとおりです。
<特集>一歩先の診断士へ~自分を磨く5つのヒント~
 1.第1のヒント 自分磨きのためのトータル的なマナーを身につけよう
 2.第2のヒント 話の聴き方,質問の仕方
 3.第3のヒント 「話す力」を磨くポイント
 4.第4のヒント スケジュール管理,手帳のじょうずな使い方
   スケジュール管理と手帳の使い方は試行錯誤が続く…
 5.第5のヒント 診断士としての営業力を高める方法
朝日新聞の社説は「地球環境―人類の足場が危うい」。▼「人類が突然いなくなったとしたら、この地球はどう変わるのか。今年1月、科学者たちの予測をもとに、米国のテレビ局、ヒストリー・チャンネルが「ポスト人類」の世界を描いた。番組の結論はこうだ。人類消滅から6カ月後、都市近郊にオオカミの仲間や山猫が入り込み、我がもの顔で動き回る。5年後には都市部の大半がツタや樹木で覆われる。200年後にはニューヨークの摩天楼もパリのエッフェル塔も崩れ去る。千年後には近代都市は跡形をとどめず、原始のような森と小川が戻る」 ▼人間と地球の関係を表すのに、「生態系サービス」という言葉がよく使われる。どうすれば、ただ同然だった「生態系サービス」をもっと大事にしていけるのか。技術開発や市場の力を生かし、生態系を未来世代に残していく方策は何か。▼道路特定財源の一般財源化へ2009年度の実施。二酸化炭素の低排出型に社会を変革する「低炭素革命」に挑戦する絶好の機会である。財源の「環境シフト」、「環境税」に切り替え、環境技術開発を誘導する。「土建国家」から「環境立国」へ。洞爺湖サミットでリーダーシップを、日本は「地球貢献国家」をめざすべきだ。■関連リンク:世界一斉放送「人類滅亡 -LIFE AFTER PEOPLE-」■関連リンク:あらたにす:くらべる社説

| | コメント (0)

2008年4月29日 (火)

元気な中小企業を支援

S20080429_1 S20080429_6S20080429_4 2008年版中小企業白書が4月25日に公表されました。▼以下は27日の日本経済新聞社説からの引用です。▼全国に430万社ある中小企業は、日本経済を下から支える存在だ。一握りの大企業の業績が好調でも、430万社に元気がなければ、経済は沈滞する。中小企業の活性化はきわめて重要な課題である。モノづくり系の中小企業にとって、進むべき方向は技術開発力の強化だ。ニッチ(すき間)分野に狙いを定め、そこでトップをめざす。そんな志の高い企業が多数登場すれば、「大企業の下請けで、低賃金」というイメージも変わるだろう。▼経営革新に取り組めば、小粒な企業でも成長性や社会的な存在感を確保できる。▼中小企業行政のあり方も見直す時だ。窮地に陥った企業への緊急融資など「弱きを助ける」だけでなく、新しいことに挑戦する企業を応援し、伸ばす仕組みが必要だ。元気な中小企業は、活力ある日本経済を実現する上で不可欠の存在である。 ■関連リンク:2008年版中小企業白書中小企業施策の新イメージキャラクターが決定!~元気でフレッシュな南條有香さん(18才)を起用し、施策浸透キャンペーンを展開します~■188_300小企業ニュースです。■大阪市、市内企業の紹介冊子を発行中小企業の知財戦略の支援に資する2つのマニュアルを作成されました。■中小企業総合展 2008 in Kansaiがインテックス大阪6号館で2008年5月28日(水)~5月30日(金)に開催されます。■関連リンク:中小企業総合展 2008 in Kansai

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

洞爺湖サミットに向けて

伊藤忠商事・会長の丹羽宇一郎さんが日経の28日夕刊「明日への話題」で「洞爺湖サミットに向けて」という文の中で「最初は小さな出来事でも積み重なることで、大きな問題になること」を書かれています。▼4月18日の同志社大学経済学部創立60周年記念シンポジウムで講演でもお話されていました▼4月18日ブログ▼「ピーナッツを一日目に一粒食べ、二日目にはニ粒、三日目には四粒と毎日、倍の数を食べ続けると、一カ月たった31日目にはどれ位の数を食べることになるだろうか。答えは約11億粒だ。最初は小さな出来事でも積み重なり、累積すれば膨大な量になることを示している。環境問題もこれに共20080428dw_h通した性質がある。人類が排出する二酸化炭素は最初はわずかなものだった。それが人口増と工業化が進み、自動車などが普及するに連れ、毎年の排出量は膨大になり、その累積で大気中の二酸化炭素濃度は上昇し温暖化が進んだ。最近になればなるほど上昇のカーブが上向きになっているのはピーナッツの例えそのままだ」▼低炭素社会への処方箋は「①省エネ、②自然エネルギー利用拡大、③原子力発電の推進の三つの手法しかない」。
■本日発売の『週刊東洋経済』は「中国と世界経済」、週刊ダイヤモンドは「中国&ロシア最新報告」の特集でした。■関連リンク:『週刊東洋経済』■関連リンク:『週刊ダイヤモンド』■今夜のテレビは22.00からNHKスペシャル「日光・月光菩薩、薬師寺1300年の祈り」。東京国立博物館の「国宝・薬師寺展」で公開されている日光・月光菩薩を中心に、いにしえの美と祈りを今に伝える仏さまの魅力を探る。テレビ大阪のガンブリア宮殿は「若手のやる気の出し方を教えます、~伝説のカリスマの社長兄弟~」です■関連リンク:㈱リンクアンドモチベーション■関連リンク:㈱リンクアンドモチベーションはリクルート社「就職ブランド調査2008」において、大学生の就職希望企業の総合52位(コンサルティング業1位)となりました。■関連リンク:株式会社 オンテックス■「あらたにす

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

バリアフリー2008

S20080427_1

S20080427

27日(日)の朝は関西の元気な企業2社の紹介番組を見ました。8.00からのルソンの壷は吉忠マネキンの社長・吉田忠嗣さん■マネキンのレンタル制等をいち早く導入し、また納入する百貨店のニーズに合わせたオリジナルマネキンを開発するなど独自の工夫を重ね、店舗やショーウィンドーの背景まで含めた総合演出まで行っています。マネキン業界でのシエアは80%以上。この頃のマネキンはリアルになっていて、驚きます。■関連リンク:吉忠マネキン経済羅針盤は松原市にある靴下のコーマさんでした。「ガンバ大阪」の遠藤選手などがコーマが製造するソックスを使用しています。■関連リンク:コーマ■午後はインテックス大阪 2号館~5号館で開催の「バリアフリー2008」へ見学に出かけました。第14回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展です。■関連リンク:バリアフリー2008 ■関連リンク:会場風景(写真)■関連リンク: NPO法人日本福祉ネットワーク協会 ■関連リンク:㈱イーストアイの歩行車 :4輪タイプの歩行補助器 セーフティーアーム ロレータ <室内屋外共用>■関連リンク:島製作所の歩行車の特徴 ■関連リンク:ビジネス マッティングフエア  ■ 「あらたにす」は、「新しくする」の古語です■本日の歩数は15035でした。S200804270S200804271S200804272S200804273S200804274

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

ISO9001とリーダーシップ

19102310 26日(土)ISO9001のコンサルティングでした。ISO9001は社長の経営ツールです。
■リーダーシップ10のルールによるとリーダーとは?
1)現状を変革する人である
2)ビジョンを描く人である
3)問題を解決する人である
4)チームをまとめる人である
5)マネージする人である
6)コミュニケーションをとる人である。
7)力を配分する人である
8)関係を築く人である
9)計画を立てる人である
10)リーダーである
関連リンク:「初めて部下を持つ人のためのリーダーシップ
20080428hyoshi日経ビジネス4.28-5.5号は「社長革命」です。
■強い現場への5条件(P34)
組織を強くする執行力とは何か? 
5つのリーダーの条件を探る。
1)眠れる組織に火をつけろ
2)ぶら下がり社員を許さない
3)「下から目線」で問題共有
4)伝承するのは「壊し方」
5)「会社の顔」は愛着で磨く
■夕方はマンションの理事会。明日ラグビーの試合だという孫と最寄駅まで一緒。今日の歩数は17449.■「あらたにす」くらべる社説S20080426_1 S20080426

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

サステナブルな社会をめざして

25日(金)午後、指導先のホームページのリニューアル会議に参加しました。本日の歩数は13087歩です。■関連リンク:ホームページ研究会■5月は金沢や東京の環境セミナーに参加予定です。指標の拡充などを盛り込んだ第2次循環型社会形成推進基本計画を定めました(3月28日/環境省)

学問のすゝめ21」(慶応義塾創立150年記念講演会
■日時:5/18(日)13:30~17.30
■場所:金沢市文化ホール
■内容:「環境問題を考える 、サステナブルな社会をめざして
■講演者:石原良純(俳優、気象予報士)、村上周三(元理工学部教授)、星野佳路(株式会社星野リゾート代表取締役社長)

成長と環境を考える賢人会議
■5月19日(月)13:30~17:30
■会場 : グランドプリンスホテル新高輪 北辰(東京都港区)
■テーマ:「成長と共生、日本の指針を考える」
■講演者:吉川 弘之 氏(産業技術総合研究所理事長・元東京大学総長)、山本 忠人 氏(富士ゼロックス社長)、 志賀 俊之 氏(日産自動車 最高執行責任者)
■パネルディスカッション「低炭素時代の企業経営と成長戦略を考える 」 茅 陽一 氏(地球環境産業技術研究機構研究所長)、永里 善彦 氏(旭リサーチセンター社長)、浜中 裕徳 氏(地球環境戦略研究機関理事長・慶応大学教授)、松村 幾敏 氏(新日本石油副社長)、森本 宜久 氏(電気事業連合会副会長)

「2008年度環境経営学会研究報告大会」
■開催場所 東京大学駒場リサーチキャンパス
■5月23日(金)
11:20-12:00 環境経営学会第8回定期総会
13:00-13:25 学会長講演 環境経営学会会長 山本良一(東京大学教授)
13:25-13:30 挨拶 環境経営学会名誉会長 西澤潤一(首都大学東京学長)
13:30-14:00 基調講演 石原慎太郎(東京都知事)
14:50-報告「企業のグリーン度と資本のグリーン化」 「低炭素社会への道程」「環境負債」    「環境に敏感な次世代育成のチャレンジ」 「サステナブル経営格付2007結果発表」  「日本主要企業のLCS度格付け」、17:30-19:30 懇親パーティ
■5月24日(土)
9:30-12;00  研究発表、13:00-シンポジウム「サステナブル社会を目指す企業経営と市民社会の共働の方向性を探る」 、研究発表 第二部、閉会挨拶 環境経営学会副会長 鈴木幸毅(東京富士大学教授)
■関連リンク:環境経営学会http://www.smf.gr.jp/
■関連リンク:レム秋葉原

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

「褒められる」ことは報酬

自然科学研究機構生理学研究所の定藤規弘教授の研究グループは、人が褒められた時に脳の線条体という部位の血流が活性化することを突き止めた。▼脳神経科学的にも、人にとって褒められることが、食べ物やお金をもらったときに反応する中心部の血流が活発になったことを明らかにできたとしている。▼線条体は、脳の中心部にある部位。人間の生存に直接的にかかわる食べ物や性的刺激、お金といった「報酬」を得るために行動する際、活発に働くことがこれまでも知られていた。▼実験では、大学生の男女19人(平均年齢21歳)を対象に、脳の血流量を測定した。▼「信頼できる」や「優しい」といった84種類の言葉を見せて褒められる状況を与えたところ、金銭を得た時と同じように線条体が活発に反応する様子を撮影することに世界で初めて成功したという。▼さまざまな状況で、脳を特殊な磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影したところ線条体の血流は、褒め言葉の称賛の度合いが高まるほど増加した▼24日付の米国脳科学専門誌ニューロンに発表した。▼関連リンク:自然科学研究機構生理学研究所 ■関連リンク:褒めることで生まれる正のフィードバック■関連リンク:コーチングは日本の「やる気」を呼び起こすか/本間正人「人を褒めるのはむつかしい」■関連リンク:2007年4月29日 (日)『社員第一主義』に舵を切れ■関連リンク:言葉の花束「プラスαの魅力」2007年4月20日 (金)■関連リンク:2007年10月29日 (月)リーダーシップ■関連リンク:2007年11月 6日 (火)ねばちっこい経営■日本電産グループに入った日本サーボは、前期に14億円の赤字だった連結最終損益は16億円の黒字と一気に過去最高を更新した。▼直接の要因は購買費削減や生産性向上だが「なんと言っても意識改革の成果だ」。▼整理整頓を徹底、朝の仕事は身の回りの清掃で始め、工場は清潔にする。「ムダを省く取り組みが進み経費も在庫も減った」。(24日日本経済新聞16面より)■関連リンク:日本サーボの決算短信資料2008.4.23 ■24日(木)は8.00から三規格統合で、OHSAS18001:2007の研修でした。 

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

営業力

20080422dw_h週刊ダイヤモンド」4月26日特大号は「営業力:実践トレーニング」です。興味深い内容です。■“営業のカリスマ”神田昌典氏が営業力の「8つの力」を解き明かし、“経営の神様”大前研一氏が営業プロフェッショナルへの極意を伝授する。■Part 1これだけはマスターせよ! 営業マンの「8つの力」です。
■「8つの力」は
①自己演出力,
②アポイント力
③聴く力,
④質問力
⑤提案力
⑥説得力
⑦読心力
⑧謝罪力
■25年以上にわたるCI開発やブランド開発で「ブランドの価値向上」のTCDさんのホームページを発見しました。
あらたにす(くらべる社説)■竹下さんからいただいた23日の新聞各紙のコラム集です「2008423.doc」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

水の惑星

22日はアースデイ。伊藤忠商事・会長の丹羽宇一郎さんが日経の21日の「明日への話題」で「水の惑星を守ろう」という文を書かれています。▼1815年のタンボラ火山の爆発力は広島原爆6万個に匹敵し、火山爆発の影響で翌年の欧州は「夏のない年」というほど地球は寒冷化、農作物不作、飢饉。▼大気中の二酸化炭素は200年前の0.028%から0.037%へ。地球の大気は窒素78%、酸素21%が占め、火星や金星の大気の二酸化炭素が95%を占める。▼地球で二酸化炭素が少ないのは水に溶け、固定化されたからだ。植物の吸収もある。▼地球は「水の惑星」である。■関連リンク:火山学者に聞いてみよう -トピック編-タンボラ火山(インドネシア)
■関連リンク:世界おまけニュース これから.com : 1815年の大噴火によって姿を消した ...
■関連リンク:日本惑星協会「惑星を知ろう[ 地 球 ]」
■8.00から営業研修。夕方からCSR研究会、大商の夕学講座に参加。本日の歩数は14114歩。■夕学講座の講師はフジマキ・ジャパン代表取締役副社長、イトーヨーカ堂顧問を兼任している藤巻 幸夫さんで、テーマは「自分ブランド直伝~ここが奥義~」■これからの時代に必要な「個」としての魅力を放つ「自分ブランド」の重要性を自らの経営哲学や自身の経験を交え、いかにして周りを巻き込みながら確固とした「自分ブランド」を築いていくのかを話された。■関連リンク:藤巻のプロバガンダ■関連リンク:あらたにす

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

言葉の花束

S20080421_7 (財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」:北の大地から「プラスαの魅力第160号(08.04.15)」「16008.4.15.doc」をダウンロード  してご覧ください。
☆見えないものに佇(たたず)める人になりたい
――矢崎節夫「みすヾコスモス わが内なる宇宙」(JULA)
関連リンク:「みすヾコスモス わが内なる宇宙
☆「豆類」は脳の元気の元になる
――大島 清「温泉と駄ジャレと手料理が脳に効く」(新講社)
関連リンク:「温泉と駄ジャレと手料理が脳に効く」 
■16日(水)から明日22日(火)まで造幣局の「桜の通り抜け」です。
21日は淀屋橋の歯科の帰途、晴天に恵まれ、天満橋駅からの「桜の通り抜け」の長い行列が続いていました。
日経スペシアル・ガンブリ宮殿「よその社長はいいこと言うなぁスペシャル ~第2回社長の金言大賞~」
<社長の金言大賞ノミネート>
①川又三智彦 氏(ツカサグループ代表)
【金言】 情報は溢れている。事実のウラある真実をつかめ。
②安部修仁 氏(吉野家ホールディングス社長)
【金言】 迷った時は3年後の自分から今の自分を眺めて判断する。
③鳥羽博道 氏 (ドトールコーヒー名誉会長)
【金言】 関心があると、ニーズが“見える”。
④三木谷浩史 氏 (楽天株式会社代表取締役会長兼社長)
【金言】 会議は説明の場ではない ”決定”の場だ。
⑤岡本太一氏 (鍋屋バイテック会長)
【金言】 工場をキレイにすれば、社員はプライドを取り戻す。
⑥坂根正弘 氏(コマツ会長)
【金言】 “ダントツ“を作るためには負けてもいいところを決めろ。
⑦堀之内九一郎氏 (生活創庫 社長)
【金言】ゴミだって、欲しい人がいれば“価値”がつく。
⑧知識賢治氏(カネボウ化粧品社長)
【金言】資料の分厚い会社は大企業病だ。
⑨安藤宏基氏 (日清食品 社長)
【金言】 商品開発に常識人はいらない。
⑩松井利夫氏(アルプス技研 創業者)
【金言】組織はサンマと同じ。頭から腐る。S20080421_1 S20080421_2 S20080421_3 S20080421_4 S20080421_5 S20080421_6 S20080421_8 S20080421

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

エレコムとアルバック

20日(日)は8.00からルソンの壷は元気な大阪の企業「エレコム」でした。「エレコム」の本社は大阪市中央区伏見町で、昭和61年創業のエレコムはマウスやキーボード、メモリなどパソコン周辺機器で数々のトップシェア商品を生み出しています。その原動力の一つになっているのが「デザイン力」。▼グッドデザイン賞など数々の賞を受賞しています。機能的な差別化が難しいパソコン周辺機器市場でデザインにこだわり売り上げを伸ばしてきました。▼開発の現場に若手社員を積極的に参加させることでフレッシュなデザインを生み出しています。▼そのデザイン力を背景に男性中心の市場に女性ターゲットの商品を投入し新たな市場を切り開こうとしています。▼関連リンク:エレコム
経済羅針盤は 液晶テレビパネルの製造装置や半導体の製造装置などの製造を手がけるアルバック。そのアルバックが現在力を入れているのが、太陽電池の製造装置です。世界中のメーカーが注目し、競争も激しい分野ですが高い技術力を武器に国内や台湾などのメーカーからの受注が相次いでいます。日本のメーカーの今後の進むべき道について、中村会長のお話でした。 ■関連リンク:アルバック■奈良市立鳥見小学校運動場でのラグビー練習を見学しました。■関連リンク:鳥見小学校■関連リンク:鳥見小学校地図S20080420_5_2 S20080420_13 S20080420 S20080420_3 S20080420_2 S20080420_4

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

エコ・ファースト

19日(土)早朝出発、吉野へ出かけ、8.00からISOの3規格の研修。■環境省のエコファーストも説明した。 環境省は、業界のトップランナー企業の環境保全に関する行動を更に促進していくため、企業が環境大臣に対し、自らの環境保全に関する取組を約束する「エコ・ファースト制度」を創設するとともに、約束を行った企業に対して「エコ・ファースト・マーク」の使用を認めると発表した。 ■平成20年4月16日に「エコ・ファースト制度」の第1号である株式会社ビックカメラにより、環境大臣に対して「エコ・ファーストの約束」が行われた。■関連リンク:環境省報道発表資料■関連リンク:㈱ビックカメラ IRニュース■ISOマネジメント5月号は「ISO思考で不祥事を絶つ」を特集しています。海外事情では「ISOが先行すた国ーーインド」でインド人がTQM、TPMに戸惑っている。

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

これからの企業と日本の可能性

18日(金)午後は京都の同志社大学寒梅館:ハーディーホールで開催された経済学部創立60周年記念シンポジウム「これからの企業と日本の可能性」に【参加しました。
■Ⅰ パネルディスカッション 15:00~16:45
「これからの企業の社会的責任をめぐって」
パネリスト
大井成夫 氏(京都銀行 常務取締役)
宇都宮優子 氏(高崎高島屋 代表取締役社長)
徳岡邦夫 氏(京都吉兆嵐山本店 総料理長) 
コーディネーター 末永國紀(同志社大学経済学部 教授)
▼各社のCSR活動の現状は? 今後の課題は?
▼本業の事業活動で社会から認めてもらう。地域社会のニーズを汲み取り存在価値を十分発揮し、説明責任を果たし、社会の信頼を得ること。
京都吉兆嵐山本店洞爺湖サミットではメインディナーを担当。その後サンフランシスコでのシンポジウムやNY"Masterpiece Dinning"に参加予定。
■Ⅱ 総轄講演 17:00~18:00
「これからの企業と日本の可能性~少子高齢社会の到来・地球環境問題・BRICsの台頭~」丹羽宇一郎 氏(伊藤忠商事株式会社 取締役会長)
▼日本の企業数570万社。100人以下の事業所99%。働いている人数は大企業が13%、中小企業が87%。賃金面ではここ一年で大企業の賃金が2.9%増、中小企業は3.1%減。▼格差社会の改善が必要だ。大企業は中小企業の社員の給料が上がるよう注力すべきだ。▼日本は中国、韓国、アジアも日本の市場と考え、自分のマーケットを考えて活動する。▼これからは、日本はもっと人と技術に投資すること。▼日本の若者は世界の同世代の若者と、もっと競争すべきである。■日経ビジネス4.21号の「世界で稼ぐ『和魂商才』」はコカ・コーラ、P&G。世界的な消費財メーカーが日本の力を求めている。厳しい消費者に鍛えられたマーケティング力がそこにあるかだ。日本で磨き上げたノウハウや手法が世界市場を攻略するカギとなる。丹羽宇一郎 氏のお話も日本がアジアを日本国内と考え市場開拓をすべきだと話された。S20080418_6_2 S20080418_7 S20080418_9

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

人間開発指数と能力開発

17日(木)午後は情報のマネジメントシステム構築のコンサルティングの第1回目で、情報の特定とリスク分析・評価でした。
S20080417_6S20080417 ■18.00から桑蓬会第271回例会で「健康生きがいづくり能力の発見・開発の手法」というテーマで話をしました。▼アイスランドは①930年に世界初の民主議会開催、②レイブルが1000年にアメリカ大陸発見、③ホフディハウスで1986年にレーガン・ゴルバチョフ会談で世界の歴史が変わった。▼アイスランドはIT競争力で世界8位、地熱エネルギーの活用によりGDPを先進国、その結果国連開発計画から発表された「人間開発報告2007/2008」でアイスランドが世界一になりました。▼「人間開発指数」は「長寿で健康な人生を送ること」、「教育を受ける」、「適正な生活水準を保つ」という観点から算出されています。■健康生きがいつくりの「能力と開発の手法」についてご紹介した。これからは一人称から三人称の活動をしよう。■参加の皆さんと生きがいつくりの能力と開発について討議した。S20080417_1 S20080417_2 S20080417_4 S20080417_5

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水)

服装は無言の紹介状

20080416 昨日に続き、こころの時代は元NHKの美粧師・岡野さんの「本音は顔に出る(2)」でした。■昔の武将は眉を太く書いたりして強く見せた。■岡野宏さんのプロフィールです。■岡野さんの著書「一流の顔」です■ケネディ大統領も選挙には化粧をしていたが、ニクソンが負けた選挙では化粧をしていなかった。■選挙で訴えるメッセージで顔のつくり方が異なる。何を伝えるかでポスター用の写真の顔も変わる。■本田宗一郎、田中角栄、カラヤン、イタリアのオペラ歌手ババロッティーさんの実話など大変興味のあるお話しでした。■銀行の営業マンも商店街と山手では好まれる顔、服装が異なる。■笑顔は万国共通の素敵な顔である。■「服装は無言の紹介状、服装はその人を作らないが、その人をあらわす」■造幣局の「通り抜け」は今日から。■天満橋駅から中之島駅を結ぶ新線中之島線が10月19日に開業です。平日昼で一時間8本の列車で便利になります。■昨年10月時点で近畿の人口が2086万人、4年連続減少。大阪府881万人で全国3位、2位の神奈川県:888万人、兵庫県:558万人(7位)、京都府:263万人、東京都:1275万(全人口の10%に)、東名阪の三大都市圏(1都2府8県)で合計50.6%。東京圏と「名古屋圏」は人口増、大阪圏は減少。■15日の歩数:13323、16日:5643歩でした。

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

外見力

20080415 15日(火)の〔こころの時代〕「本音は顔に出る(1)」美粧師 岡野宏さんのお話を途中から聞いた。良いお話でした。今朝の新規開拓の会議で話題提供。今日の続きは16日もあります。■元NHKアート美粧部在籍。女優の卵からスターまで、番組出演者のメークを約40年間担当してきた岡野氏が顔の見せ方・活かし方・見た目の重要性を話された。「相手の方は、あなたの表情や外見に合わせて、それにふさわしい対応をしている」。自分の見せ方を考える。俳優でなくてもそれがうまくできれば人生の成功につながります。■現在はキャスターや政治家、企業向けにイメージアップの研修や講演活動などを国内外で行っている。芸能人はもちろん、歴代首相はじめ政財界人、文化人、海外VIPらメークを手がけた相手は約10万人!■岡野宏著「渡る世間は顔次第」、表情を変えるだけで、仕事は上手くいく ■Asahiコラム 「人は外見で内面を表現できる。その辻褄を合わせていこう 」■本音は顔に出る 1 - 老人ブログ80 - Yahoo!ブログnikkeiBPnet「実践 表情学」。豊かな表情は相手に好印象を与え、ビジネスを円滑に進める武器になる。表情づくりのヒントを紹介する。■22.00からの「プロフェショナル」は“工場再建屋”の異名を取る経営コンサルタントの山田日登志氏(68歳)の流儀です。山田氏は、現場に潜むムダを徹底的に排除して工場が持つ力を最大限に引き出すという手法「セル生産」で、これまで300箇所以上の赤字工場の再建を手がけてきた。短時間で多くのムダを指摘するあたりはさすがです。

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

モーダルシフト

S20080419 14日(月)、週刊東洋経済2008年4月19日特大号は「鉄道革命 世界で大復権がはじまった ! 」を特集しています。■エネルギー資源高騰、地球環境問題、都市化による交通渋滞の慢性化、これからのアジアの成長のためにどんな交通システムで受け止めるかべきか。航空機や自動車との戦いに敗れ去ったはずの輸送機関・鉄道。世界の交通に今、「鉄道革命」が起きつつある。■世界で起きるモーダルシフト。世界最長の旅客・貨物路線「シベリア鉄道」ビジネスが復活。トヨタがサンクトベテルブルグ間の大量部品輸送にシベリア鉄道を利用を計画中(P43)■パリーロンドン間のシエア7割、航空機を打倒したユーロスター。CO2は航空機の10分のⅠ。■トヨタ列車が大増発。部品輸送を船舶から貨物列車へ、トヨタ式カイゼンを進め、リードタイムはトラック輸送より0.5日短縮、勿論コスト効率も向上(P60)。トヨタのモーダルシフトの取り組み試行を2005年の環境報告書(P36)から読む。■もうクルマはいらない、都市交通の主役が鉄道に変わる。クルマの代わりはLRT。路面電車で街の価値を上げた富山(P96)。ブログ「LRT,富山ライトレール」(4月11日ブログ)■フランス流の都市活性化策、19都市で整備進むLRT先進国(P92)。■パリに登場した新交通機関「ヴェリブ」は究極のエコ(P97)。貸し自転車サービスです。■柴田真紀子さんの記事2007.6.23「パリ市主催のレンタサイクル『ヴェリブ』」もご覧ください■パリの「貸し自転車」制 官民複合モデル大成功2007年11月号 [グローバル・インサイド] 。この制度の管理・メンテナンス事業に参入したのは、日本にも進出して横浜市や神戸市など10都市で事業展開する屋外広告のジェーシードゥコー(JC?Decaux SA)だ。■レンタルサイクルエコのページです。 

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

自転車との新たなつき合い方

13日(日)の朝のルソンの壷は大型自転車専門店「サイクルベースあさひ」のあさひ社長・下田進さんでした。■1000台という豊富な品揃えと、素早く的確な修理とを2枚看板に、売り上げを伸ばし続けています。また、客の声を生かしてユニークなオリジナル自転車も開発。自転車との新たなつき合い方を提案する企業の取り組みが急成長の秘密です。■昨年7月8日の経済羅針盤でも取り上げられています。そのブログです。■経済羅針盤はシティグループ・ジャパン ダグラス・ピーターソンCEO。今年5月、アメリカ金融大手のシティグループの日本法人持ち株会社と日興コーディアルグループの持ち株会社が合併する。この統合の裏には、日興がこれまで培ってきた国内の営業力とシティの幅広い海外拠点網を融合させた総合金融サービスを強化する狙いがあります。■日本におけるシティ
■ノートパソコン持参で孫の遊び相手に、奈良の息子宅で一日を過しました。

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

慶應大阪リバーサイドキャンパス

12日(土)朝日新聞夕刊によると、5月2日に街開きする阪大病院跡地再開発の「ほたるまち」は、「文化・情報を発信する」「水辺に人のにぎわいを呼ぶ」「都心に快適に居住する」の3つの機能を持たせ、朝日放送新社屋、多目的ホールの「堂島リバーフォーラム」、商業棟と、超高層の「The Tower Osaka」、賃貸の「リバーレジデンス堂島」のマンション2棟で構成される。■また、「水上の舞台」をイメージした船着き場を設け、中之島・道頓堀間を回遊するクルーズ船の運行も計画するほか、慶應義塾大学創始者・福澤諭吉がこの地で生まれたことにちなんだ誕生記念碑を建立し、慶應大阪リバーサイドキャンパスの開設。■慶應義塾大学は堂島川沿いの14階建ての3階。街開き翌日(5月3日)に開所し、安西祐一郎塾長が記念講演をする。4月3日の平成20年度慶應義塾大学入学式の模様です。■「ほたるまち」■夕食後のテレビはNHKの探検ロマン世界遺産は、チェコの首都・プラハ。14世紀、神聖ローマ帝国の首都が置かれ、プラハ城、カレル橋と数々の名所が誕生、その繁栄ぶりから「黄金のプラハ」と賞賛された。今も中世の姿を残す街は、どのようにして現代に受け継がれてきたかのか。ぜひ訪れたい街です。■世界・ふしぎ発見!は世界遺産に登録されているイタリアのリビエラ海岸にある「チンクエテッレ」と呼ばれる五つの村。

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

LRT、富山ライトレール

11日(金)はプライバシーマークのコンサルの打合せでした。ISMSよりPマークをと取引先の要望で取得することに決まった。■地下鉄一駅のお客様なので徒歩にしました、今日は13424歩。■北浜・三越跡地に建てた「ホテルブライトンシティ大阪北浜」が14日から開業です。■福田内閣メールマガジン(第26号 2008/04/10)に[私の住むまち]●公共交通の活性化によるコンパクトなまちづくり (富山県富山市長 森雅志)の記事で平成18年4月、全国初の本格的LRT、富山ライトレールを開業したことを紹介しています。今後のまちづくりの視点からCO2の削減策として、興味ある取り組みです。LRT:次世代型路面電車の写真です。昨年富山へ訪れたときにも写真におさめました。8月22日ブログです。 ●[政府インターネットテレビ番組ガイド]は成長力強化への早期実施策を決定、北海道洞爺湖を訪問 など.

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

原谷苑の桜

10日(木)、桜のシーズンだけ一般公開される個人所有の約4800坪の庭園「原谷苑」には、樹齢約50年の紅枝垂桜をはじめ吉野桜、彼岸しだれ、みどり桜、黄桜、御室桜など多品種の桜とともに、雪柳、ぼけ、吉野つつじ、レンギョウなども咲き誇る様は筆舌に尽くしがたい絶景です。■そのあと哲学の道、円山公園、平安神宮の神苑、平野神社など京都の代表的な桜の名所を一日たっぷり満喫しました。
■本日の歩数は13119歩です。昨年4月10日からのウォーキングレポートでは東海道2回、中仙道1回、奥州街道1回を走破し、再びこの4月1日から東海道を歩いています。最近1ヶ月の一日あたり平均歩数は8291歩です。S20080410_13 S20080410_17 S20080410_19 S20080410_20 S20080410_24 S20080410_26 S20080410_27 S20080410_36 S20080410_61 S20080410_64 S20080410_73 S20080410_88

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

低炭素社会づくりに向けて

9日はISO9001指導でした。プロセスの妥当性確認について、打合せました。■日本が提案した「セクター別アプローチ」に途上国が反発、7月のサミットでの日本のリーダーシップに不安があります。低炭素社会を目指してフォーラムやシンポジウムがこれから多数開催されます。参加を申し込みました。
地球温暖化について:環境省が3月28日発表
京都議定書目標達成計画の改定案を閣議決定した資料が公開されています。
資料1:改定京都議定書目標達成計画の概要                                                      資料2-1:計画本文[PDF 1,109KB]
資料2-2:別表1[PDF 366KB]
資料2-3:別表2~6[PDF 181KB]
参考資料1:温室効果ガス排出量見通しに用いたマクロフレーム等
参考資料2:別表1~6の具体的対策の排出削減見込量の根拠
地球温暖化について:環境省が4月3日発表
「低炭素社会づくりに向けて」の具体的イメージと実現のための戦略をとりまとめ、公表しました。
■第1回京都大学地球環境フォーラム―低炭素社会を目指して―
○4月19日(土)13:30~17:00
○京都大学時計台100周年記念ホール
2008 G8環境大臣会合プレフォーラムin淡路
○5月10日(土)9:00~13:00(エコツアー)、
       13:30~16:15(シンポジウム)
○洲本市文化体育館しばえもん座(洲本市塩屋1-1-17)
■『成長と環境を考える賢人会議』(東京・品川)
○5月19日(月)産総研理事長:吉川弘之氏他が講演。                   ■2008年度環境経営学会研究報告大会
○5月23日(金)第8回環境経営学会年次総会・研究報告大会・
         懇親パーティ(東京大学駒場キャンパス内)
○5月24日(土) 一般報告・研究発表 

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

目標管理

8日は8.00から営業会議で新規開拓研修でした。■「新規開拓で訪問する会社を選定した判断が正しいか」「新規開拓先として本当に取引したいと思うか」を考えてみよう。あなたの会社を選んだ理由を説明できるか?選んだことを伝えるのは熱意だ。■4月1日の朝日新聞に「外山滋比古さんから、新社会人になる君へ」と題した文がありました。▼「朝、起きたら、その日にすること、しなくてはならないことを書き出す。そしたら優先順位をつける。いやなこと、面倒なことを上位にすえ、それから片付ける。できなかったことにはバツ印をつけるとはげみになる。簡単なことからしていると一日のばしになって、いつまでも出来ない。予定をたてる習慣をつけて成功した経営者がアメリカではすくなくないらしい」。■一日は誰にでも24時間平等に与えられている。同じ一日をどう過すかに人生の分かれ道がある。一日の中味をどうするかかが大切。毎日を振り返り、軌道を修正する。この積み重ねが成長を生む。■Webの「CheckPad」という無料ソフトが便利です。「To Doリスト」や「目標リスト」を設定、それをメールにして毎日届けてくれるツールです。■ゴチャゴチャの机を「ビジネスの司令塔」に変える ,すごい!整理術
コンサルタントの「質問力」
時速1000字で書く技術。1時間でA4サイズの1枚にまとめるということ。 S20080408_3 S20080408_2_2 S20080408_6

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

金持ちより人持ち

S20080407 7日(月)の週刊ダイヤモンド4.12号は「後悔しない『老後』」です。■早いうちから始めよう、会社とは別のネットワークづくり(P34)■血縁・社縁でない第3の人間関係を作ってみてはどうでしょう。それは、何も近隣の人たちと仲良くするということではありません。用途別のパートナーの在庫を揃えておけばよい。大事なのは「金持ちより人持ち」。上野千鶴子(P36)
■じいさんはじいさんらしく、それが不機嫌にならないコツ。養老孟司(P35)
■老後が上機嫌になる「養老訓」
1)健康法は信じない。
2)1日10分でいいから 自然のものを見る。
3)団体行動は避ける。
4)余命は信じなさい。
5)大きな期待はしない。
■「定年後の再就職に失敗する人」のチェックリスト(P59)
■定年後にするなら好きな仕事で入念な準備と低リスクが条件(P60)、
S20080407_2日経ビジネス4.7号は「地力を信じろ、人材・技術----宝は社内にあり」を特集している。■日経エコロジー5月号は「エコ商品は『見せる化』で売れ!」の特集。■企業診断ニュース4月号は「診断士の『仕事力』」を特集している。■日経スペシャルガンブリア宮殿は「強いリーダーとは? “カミナリ親父”星野仙一が吠える!」です。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

熟年時代のしん友づくり

6日(日)の4.00からNHKこころの時代はエッセイスト・青木匡光さんの「熟年時代のしん友づくり」の第1回目でした。定年後は魅力がある人間になること。
■人間関係能力としての高感度チェック11。
5つ以上○なら良い。
1エネルギッシュであること
2よくしゃべることの方が良い
3食べ物に好き嫌いがないこと。
4姿勢が良いこと。胸を張って堂々と。
5笑顔がいい。
6目がいきいき耀いている。(燃えている)
7人をそらさない(教養があること)
8服装が垢抜けている。相手にいい印象を与える服装。
9自分が知らないことに挑戦すること
10やる気があること
11:夢があること
■他人から好かれる条件
1)魅力ある人間になる
2)言いたいことは三つにしぼること。
3)観音様のように
4)粋な人
ルソンの壷は「しおれない花」を通して新しいライフスタイルを発信している大地農園。社長の大地 但さんがその成功の秘けつを話されていました。■写真は左から①水陸両用バス(ドーンセンター前)②大川の桜③府知事公舎の部屋④府知事公舎の公開イベントS20080406_1 S20080406_3 S20080406_4 S20080406

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

玉串川の桜並木

5日(土)八尾市山本町の玉串川の桜並木が満開です。近鉄大阪線山本駅からすぐ、南北に約4kmの桜並木。山本球場の付近から高安駅付近まで川の両側にサクラの木があり、サクラのトンネルのように咲き誇ってました。川には大きな鯉も泳いでいます。
■大阪・河内情報のホームページに2008年04月02日玉串川沿いの桜の開花情報(2008年4月1日夕方の様子)が掲載されています ■高安山 写真散歩 のホームページに玉串川のすばらしい桜の写真を掲載されています|  2008.04.03 Thursday 19:10 コメント[0] [玉串川 【八尾】]photo by 高安山の仙人=TAKYさん■ISO9001の内部監査研修でした。S20080405_2 S20080405_4 S20080405_9

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

言葉の花束

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」:北の大地から「プラスαの魅力第159号(08.04.01)」「15908.4.1.doc」をダウンロード してご覧ください。
☆21世紀は自他愛の時代に“幸せは自己、倖せは自他”です。
みすヾさんのまなざしは、自他のまなざしです。自他のまなざしは、みすヾコスモスのまなざしです。自他の他は、他の人ではなく、地球上のすべて、宇宙をも含んでいます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
――矢崎節夫「みすヾコスモス わが内なる宇宙」(JURA)
S20080404_2 ☆ 日本的な価値観をどのように商品化できるか 
日本人は世界で最も長生きをする民族となった。たしかに少子高齢化には負の側面があり、深刻な事態であることは否定できないが、少ない数の人口がみな長生きして天寿を全うし、自分の夢や理想のためにいつまでも元気で働けるのは決して悪いことではない。それらを可能たらしめる日本独特の食文化や、自然と共生する価値観は、日本が世界に誇るべきものなのである。 ――浜田和幸「北京五輪に群がる赤いハゲタカの罠」(祥伝社) S20080404_5S20080404_8S20080404_11 S20080404_17 S20080404_21 S20080404_22

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

ドラえもんと地球温暖化問題

孫に付き合って「のび太と緑の巨人伝」の映画を鑑賞した。■のび太が拾ってきた苗木が、ドラえもんの「植物自動化液」で小さな男の子「キー坊」に変身。■突然出現した巨大な渦に巻き込まれ、のび太たちは植物が支配する「緑の星」に流れ着いてしまう。■そこでは、地球の緑をすべて奪い取ってしまおうという計画が進められていた……というストーリー。■のび太たちの冒険と友情の物語の中に、地球温暖化問題や環境保護といった自然を大切にできる「思いやりの心」を育むというメッセージも盛り込まれ、それ以上に大人が考えさせられる環境問題の作品と思った。 S20080403_1 S20080403_6 S20080403

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

大阪の桜満開

2日(水)、大阪の桜は満開です。日本有数の桜の名所と知られる大川沿い。すぐ近くでは「造幣局の桜の通り抜け」--。天満橋から帝国ホテルまでの遊歩道の見事な桜景色を眺めながら贅沢な春を楽しみました。■朝から夜桜の宴会の準備。駅に近い場所から、企業名と使用日時の表示、ブルーシートを敷き詰め、ひもで囲いがある。そのシートの上に酒屋さんのお届けメニューのチラシがおかれています。「注意:公園利用者の迷惑になりますので、花見の場所取り等(シート類・縄張り)の行為を禁止します。ゆとりとみどり振興局北部方面公園事務所」の注意書きの掲示が数箇所にありますが、無視ですね。■大阪城の西の丸庭園の桜(ソメイヨシノ)の標本木が満開と発表。■午後は谷町6の会社でISO14001のコンサルティングでした。■京都議定書目標を達成するために省エネ作戦を。政府は国民に「一人に1日1キロCO2削減」の国民運動を呼び掛けています。 「低炭素型」への社会の仕組みの転換を導く政策が遅れていますが、ISO14001取得の企業はその先頭を担いましょう。 S20080402_6_3S20080402_9S20080402_13 S20080402_16 S20080402_20 S20080402_22 S20080402_23 S20080402_24 S20080402_28

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

審査機関に求めるもの

S20080401 4月1日(火)人が変わり、制度も変わる。▼食品・電気・ガス料金、航空運賃・国民年金保険料の値上げ。後期高齢者医療制度がスタート。石原結實著「『食べない』健康法」の実践と効用▼今朝はガソリンを500円だけにしなさい(今朝の会話)▼国際エネルギー機関のレポート(3ページ上段)によると英国・ドイツ・イタリアのガソリンの価格は200円以上。米国は90円くらい。世界各国のガソリン価格一覧の資料もありました。アイスランドも高いですよ▼今日から東海道五十三次の旅へ、初日の歩数は13701歩。▼8.00から営業部門向けの研修。個人別の月別行動計画表による管理の徹底を話し合いました。牛澤毅一郎著「世界3位の営業マンが書いた、トヨタの社長にホンダを売る方法」には、キーパーソンに食い込む方法、次のアポを取る方法など、売れる営業マンになるための実践的なノウハウ満載です。
■午後はBSIパートナーフォ-ラム2008 Springに参加しました。「最新規格情報」、「教育サービス案内」、「ISO27001:2006 add-onスキーム個人情報保護」など有益な情報でした。16.00からグループディスカッションで、テーマは「審査機関に求めるもの」で、付加価値のある審査の追求です。
■BSIジャパンのウェブサイトが2008年4月1日より新しくなりました。▼OHSAS18001改訂情報 - OHSAS18001:2007
■三井住友銀行の「マンスリー・レビュー」2008.4号の視点は「収益体質の改善が進む中小企業」です。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »