« ドラえもんと地球温暖化問題 | トップページ | 玉串川の桜並木 »

2008年4月 4日 (金)

言葉の花束

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本 立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」:北の大地から「プラスαの魅力第159号(08.04.01)」「15908.4.1.doc」をダウンロード してご覧ください。
☆21世紀は自他愛の時代に“幸せは自己、倖せは自他”です。
みすヾさんのまなざしは、自他のまなざしです。自他のまなざしは、みすヾコスモスのまなざしです。自他の他は、他の人ではなく、地球上のすべて、宇宙をも含んでいます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
――矢崎節夫「みすヾコスモス わが内なる宇宙」(JURA)
S20080404_2 ☆ 日本的な価値観をどのように商品化できるか 
日本人は世界で最も長生きをする民族となった。たしかに少子高齢化には負の側面があり、深刻な事態であることは否定できないが、少ない数の人口がみな長生きして天寿を全うし、自分の夢や理想のためにいつまでも元気で働けるのは決して悪いことではない。それらを可能たらしめる日本独特の食文化や、自然と共生する価値観は、日本が世界に誇るべきものなのである。 ――浜田和幸「北京五輪に群がる赤いハゲタカの罠」(祥伝社) S20080404_5S20080404_8S20080404_11 S20080404_17 S20080404_21 S20080404_22

|

« ドラえもんと地球温暖化問題 | トップページ | 玉串川の桜並木 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。