« 知的資産経営報告書 | トップページ | 循環型社会とアフリカ独立50年を考える »

2008年5月23日 (金)

研究報告大会

 S20080523_3_2 S20080523_5 S20080523_11 環境経営学会は、2000年10月発足、2001年度から毎年1回、5月に研究報告大会をしています。今年は8回目です。1回目から参加、途中参加できなったこともありますが、昨年の駒澤大学での大会に引き続き、2008年度環境経営学会研究報告大会にも参加しました。洞爺湖サミットを目前に控え、この研究大会で、温暖化対策や低炭素社会・循環型社会構築のヒントになるような研究成果や低減がいろいろ報告されるのを期待しています。
■23日(金)のプログラムは以下のとおりです。
■場所:東京大学駒場リサーチキャンパス(生産技術研究所コンベンションホール)
▽11:20環境経営学会第8回定期総会
▽13:00学会長講演:環境経営学会会長・山本 良一
▽挨 拶:環境経営学会名誉会長・西澤 潤一
▽13.30基調講演・石原 慎太郎 (東京都知事)
▽14:00学会賞表彰式並びに受賞者挨拶
▽研究報告Ⅰ「企業のグリーン度と資本のグリーン化」
▽研究報告Ⅱ「低炭素社会への道程」
▽研究報告Ⅲ「環境負債」
▽研究報告Ⅳ「環境に敏感な次世代育成のチャレンジ」
▽事業報告Ⅰ「サステナブル経営格付2007結果発表」
▽事業報告Ⅱ「日本主要企業のLCS度格付(ランキング)」

▽17:30懇親パーティ(コンベションホール、ホワイエ)
■一日目の基調講演は低炭素社会に向けて大都市における、安全で健康な環境づくりに、積極的に取組んでおられる、石原 慎太郎・東京都知事でした。
■学会賞表彰
▽ベストプラスティス賞:TOTO株式会社、
▽学術貢献賞:広瀬忠一郎氏
■研究プロジェクトのテーマ紹介と報告でした。
■関連リンク:環境経営学会
■関連リンク:TOTO株式会社
■関連リンク:東京大学S20080523_13 S20080523_22 S20080523_47 S20080523_49 S20080523_2

|

« 知的資産経営報告書 | トップページ | 循環型社会とアフリカ独立50年を考える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。