« 低炭素化の先に真の循環型社会 | トップページ | 循環型社会をどうデザインするか »

2008年6月24日 (火)

二酸化炭素の地下貯蔵

20080624 24日(火)の クローズアップ現代は「二酸化炭素を回収せよ~切り札となるか 地下貯蔵~」でした。ゲストは東京大学大学院教授・藤井康正さんです■排出削減が急がれる二酸化炭素を、地下に封じ込めようという技術が今、注目を集めている。果たして、温暖化対策の切り札となるのか、二酸化炭素の地下貯蔵の最前線の報告でした。埋めた二酸化炭素を天然ガスに生まれ変わらせる研究も始まっています。■風力、太陽光、原子力発電などの自然・再生エネルギーへの転換までのつなぎとして、「地下貯蔵」の技術が効果的です。二酸化炭素という廃棄物を回収して地下に貯蔵して天然ガスに蘇らせる。循環型社会をめざす取組みです。■[PDF] 二 酸 化 炭 素 地 中 貯 留 技 術 研 究 開 発 成 果 報 告 書です■記事 : 二酸化炭素を上手く地下に貯蔵できるかもしれない 読書メモ「二酸化炭素と地球環境」■スタジオパーク 「二酸化炭素を地下に閉じ込める」■23日の放送は「ヒマラヤ 氷河湖決壊の危機」でした。

|

« 低炭素化の先に真の循環型社会 | トップページ | 循環型社会をどうデザインするか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。