« 中小企業CSR分科会 | トップページ | インドの衝撃 »

2008年7月26日 (土)

内部監査のPDCAを回せ

26日(土)は午前が八尾、午後が西区で内部監査の指導でした。■内部監査で効果をあげるためには「内部監査プロセスについてPDCAを回そう」「iso90012005.10.pdf」をダウンロード してご覧ください。
1)監査を始める前に内部監査の目的を確認せよ
監査を命じられたら、経営者がその部門に課している課題を事前に把握しておき、その問題解決の進捗も確認することが期待される。
2)文書より現場や現物を見る監査へ
もっと現場での仕事振りをよく観察して、仕事の進め方、現物の現状について確認すべきです。
3)全員参加による継続的改善ができる風土を
社内で不適合製品が発生しているならば、真の原因、是正処置計画、是正処置の実施、是正処置の効果などについても確認すべきである。
4)チェックリストが毎回同じものでは効果がでない。
5)改善すべきことをどれだけ見つけることができるか。
6)内部監査終了後に反省会をしていますか?S20080726_6 S20080726_8 S20080726_15 S20080726_38

|

« 中小企業CSR分科会 | トップページ | インドの衝撃 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。