« 洞爺湖サミットで考える:世界危機入門 | トップページ | 整理術の指導 »

2008年7月13日 (日)

環境研究分科会・循環型社会研究分科会

13日(日)の朝は、ルソンの壷が“わが子に着せたい”にこだわり続ける創業58年の歴史を持つファミリア。売上高170億円。■経済羅針盤は携帯電話の液晶画面のカラーフィルターで世界シェアの4分の1を占めるアンデス電気。本社が青森県八戸市。社員に創意工夫を促す提案募集にも力を入れています、1件100円。■中小企業庁:元気なモノ作り中小企業300社:アンデス電気株式会社アンデス電気(株) - マイナビ2009■21.00からのNHKテレビは「激流中国、告発せよ 摘発せよ~環境破壊との闘い~」です。■13.00から「企業の環境新時代と循環型社会の探求」の執筆者会議でした■14.30から工業経営研究学会 環境研究分科会・循環型社会研究分科会合同研究会で司会を担当しました。
■14:40~「二酸化炭素削減で地球温暖化は防げるか」畑中稔先生
■15:40~「企業の環境新時代と循環型社会の探求」執筆者から5分の主張です。
■2-1地球史(気候学)から見た人間の生存と環境:石坂誠一先生
■3-2地球循環型生産システムの構築:坂本 清先生
■3-3地球環境と企業の地球観:鈴木幸毅先生
■4-1循環型社会実現の基本原理:浅野
■4-2「地球環境問題」--温室効果ガス削減で地球温暖化は本当に防げるか:畑中 稔先生
■4-3資源問題と国際資源循環:小泉國茂先生
■5-3循環型工業経営実現に向けての企業の取り組み:長澤忠彦先生
■5-4循環型社会実現に向けての企業の取り組み-CSR報告書に見る:仲谷修次先生
■研究会は8人の発表者と参加者の間で熱心な意見交換がありました。その後の懇親会も引き続き有益な楽しい勉強会となりました。S20080713_1  S20080713_2 S20080713_6 S20080713_8 S20080713_11 S20080713_13 S20080713_14 S20080713_15 S20080713_17 S20080713_19 S20080713_20 S20080713_23

|

« 洞爺湖サミットで考える:世界危機入門 | トップページ | 整理術の指導 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。