« 整理術の指導 | トップページ | この国のゆくえ »

2008年7月15日 (火)

前向きな言葉を使いましょう

20080715 15日(火)8.00から営業研修。その後は朝礼。■企業に倫理を、職場に心を ―企業の活力の源は朝のスタート(朝礼)にあります。そんな朝礼で活用されている『職場の教養』から毎月2編ご紹介されています(倫理法人会のHPより)。■『職場の教養』7月15日(火)のテーマは「口癖」、今日の心がけ… 「前向きな言葉を使いましょう」でした。このテーマは、「倫理法人会」のホームページに紹介されています。「よーし、わかった!」「よーし、結構!」「よーし、上出来!」■メールマガジン「元気が出る言葉」です。自分の夢に向かって頑張るための言葉。自分を勇気づける、勇気づけられた言葉。辛い時、悲しい時、参っちゃった時・・・思い出すと乗り切れる言葉。そんな、誰でも一つは持っている『元気が出る言葉』をご紹介いたします。■言葉の応援団元気が出る言葉、共感する言葉。発言者の人生略歴付き名言集です。■日経スペシャル「ガイアの夜明け」は “リサイクルを問う”第2弾「いらないゴミが地方を救う」でした。■【廃油が赤字バス会社を救う】は 沖縄県うるま市の4つの島を結ぶ路線バス(平安座総合開発)の事例。■【再生プラスチックがみかん農家を救う】は愛媛県のミカンの一大産地でみかんの搾りカスでバイオマスプラスチックはつくる東京の「バイオテック マテリアル」という会社の事例紹介でした。

|

« 整理術の指導 | トップページ | この国のゆくえ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。