« iPhone | トップページ | 環境研究分科会・循環型社会研究分科会 »

2008年7月12日 (土)

洞爺湖サミットで考える:世界危機入門

20080712newsweekcover080716 12日(土)午前中はねじ製造、午後は鋼材卸・加工センター・建設業のISO指導でした。
ニューズウィーク日本版2008-7・16号の特集は「洞爺湖サミットで考える:世界危機入門」です。主な内容は次のとおりです。
■洞爺湖サミットで考える:世界危機入門
■中国「偽パンダ」の悲劇 30
■ムガベの国はこの世の地獄か 16
■経済 超インフレ国家の笑えない現実 19
■サルコジ経済革命、勝負の夏 20
■「世界の工場」がなくなる日 34
■急成長ジェネリック薬で製薬大再編
■明日は工業経営研究学会 環境研究分科会・循環型社会研究分科会合同研究会です。■会場は宝塚造形芸術大学大阪梅田キャンパス702教室■14:40~「二酸化炭素削減で地球温暖化は防げるか」畑中稔 様■15:40~「企業の環境新時代と循環型社会の探求」執筆者から5分の主張:各執筆者一同です。「循環型社会の基本原理について」の考えを述べます。

|

« iPhone | トップページ | 環境研究分科会・循環型社会研究分科会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。