« シンガポール水処理 | トップページ | 気候変動と企業経営 »

2008年7月 2日 (水)

フード・マイレージをへらせ

2日(水)は2社の指導で8.20からのラジオ体操・朝礼でスタート、内部監査実施の立会い。午後はISO指導。
■「マンスリー・レビュー2008.7」を三井住友銀行でいただきました。
■興味あるCONTENTSです。
視点:「わが国とオーストラリアの関係強化に向けて」
地域トックス:「大阪でみられる都心居住地の増加」
アジアトックス:「楽観と悲観が混在するべトナム経済の先行き」
夜のNHKテレビは「地球エコ2008 フード・マイレージをへらせ!  『ニッポンの食卓大研究』」です。■食材の「輸送距離×量」を算出した“フード・マイレージ”。回転寿司の1人前10皿のネタの輸入先と日本までの輸送距離を積算すると13万キロ、地球3周分にもなる。食料の60%を海外に依存、世界中から集めた食材があふれた日本の食卓。これをフード・マイレージで見ると、日本はアメリカの3倍、フランスの9倍。大量の食材を長い距離運んで燃料を消費することで排出するCO2は年間1千7百万トン。これはニュージーランド一国の総CO2排出量の半分に相当する■なによりも地産地消の取り組みが重要です。

|

« シンガポール水処理 | トップページ | 気候変動と企業経営 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。