« 世界を救う社会起業家たち! | トップページ | BCMSに関する国際的動向 »

2008年7月22日 (火)

アポ取りの達人

暦のうえでは一年で最も暑くなる「大暑」の22日。立秋(8月7日)までに暑中見舞いを出さねば。近畿地方の最高気温は豊岡の37.4度でした。京都市も36.4度と暑かったようです■8.00から新規開拓の研修。本日の参考資料は下記の書籍を使いました。
■「ダントツに売るアポ取りの達人  実践編
S20080716  初回訪問時のゴールデンルールやトップセールスのクロージングテクニック、既存客へのアプローチなど、成約率を劇的に上げるアポ取りセールスのテクニックやノウハウを紹介する。お客がアポを求めてくる「逆アポ」すら可能になる!ダメセールスに陥る落とし穴を回避し、トップセールスが実践する科学的手法を身につければ、アポ取りの達人になれる。
【目次】
第1章 狩猟型セールスから農耕型セールスへ
第2章 トップセールスのアポ取りテクニック
第3章 初回訪問時のゴールデンルール
第4章 トップセールスのクロージングテクニック
第5章 既存客へのアプローチ
第6章 アポ取りセールスをシステム化する5つのパーツ
週刊ダイヤモンド7.26号「『食」を知れば経済がわかる!」
S20080722dw_h 世界的な食料価格高騰、相次ぐ食品偽装、瀕死の日本農業――。好きなものを好きなだけ食べてきたわれわれ日本人は、この飽食の時代に何を知り、どう行動すべきなのか。「食」の問題を通じて日本の経済の本質を解き明かす。
■「国民の負担なくして自給率は上がらない」政府の莫大な補助金が支える欧米農業の実態とは
洞爺湖サミット、首脳宣言文から資源問題を抹殺してしまった新聞報道
■日経:社説「日本企業は環境技術で新たな地平を(7/22) 」トヨタが脱エンジン、環境が成長を加速
■プロフェショナルの仕事の流儀は「ハンマー一筋、新幹線を作る」~ 板金職人・国村次郎 ~
■日経スペシャル「ガイアの夜明け」は「巨象に立ち向かえ ~町の電器店と商店街の闘い 」です。

|

« 世界を救う社会起業家たち! | トップページ | BCMSに関する国際的動向 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。