« 2050年CO2半減? | トップページ | 温室効果ガス排出量の半減を »

2008年7月 8日 (火)

中小企業診断士の交流会

H20080712 8日(火)は8.00から営業研修でした。■週刊東洋経済7/12号は「地球はホントに危ないか?」■18.30から中小企業診断士の交流会『ファイヤー』に参加しました。■本日の発表はお二人でした。■松井さんの「文書の電子化とe-文書法」■廣芝さんの「商店街活性化について」■e-文書の参考資料は次のHPをご覧ください:e-文書の電子化・活用ガイド(経済産業省).pdf■e-文書法の施行について(首相官邸)電磁的記録による保存が可能となった規定の一覧 ■駅につながる二つの中心商店街は一日8000人、もう一方は1000人の通行者、その多くが自転車通行者。衰退の原因を探り、その対策を練るために、商店街の経営者に対する自律性、関係性などの36の質問・調査から仮説に対しての結論を発表された。■懇親会は「和洋居食家まどもあぜる(ヨドコウビル店)」■参加者は22名で、交流会最高記録でした。22.15まで時を忘れての歓談でした。  5月20日のブログです。■ガイアの夜明けは   “リサイクルを問う”第1弾「ペットボトル・古紙 資源ゴミが“カネ”になる・・・」 でした。S20080708_2S20080708_4S20080708_6_2S20080708_5S20080708_8

|

« 2050年CO2半減? | トップページ | 温室効果ガス排出量の半減を »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。