« シンガポールより帰国 | トップページ | ロボット・ベンチャー企業のヴイストン »

2008年8月30日 (土)

ISO9001:2008改訂

30日(土)は終日ISO9001の模擬審査でした。9月16日(火)の第一次審査に先立っての予行演習的な位置づけで、問題事項はないようです。
■8月7日にISO9001:2008のFDIS(Final Draft International Standard:最終国際規格原案)が発行され、の投票期間に入っている。ISOのMember bodyによる2ヵ月間の投票期間終了後、承認との結果になればIS(International Standard:国際規格)として正式に発行されます。■ISO9001の2000年版から2008年版への移行期間については、24ヵ月と決定された。■JSAがISO 9001の2008年改訂のポイントを掲載しています
特に変更点としては
(1)“consistent pair”の概念、
(2)“Output Matters”への対応、
(3)要求事項の明確化、
(4)ISO14001との整合性の向上、
(5)ISO9001における整合性、一貫性の向上、
(6)翻訳上の変更、
(7)移行期間が示されている。
改訂ポイントの講演会が10月18 日(土)13:30~17:00に開催。
会場は株式会社グローバルテクノ 中野研修センタ-です。
【講演内容】
ISO9001改訂の経緯(何がどう変わったのか)
ISO9001の本質を探る
2008年版への改訂と現行の仕組みへの影響
ISO9001の何が勘違いされているか
■関連ブログ:中尾優作 アイソス日記                             ■ 関連リンク:YONETO QM OFFICE  ISO9001:2008関連情報

|

« シンガポールより帰国 | トップページ | ロボット・ベンチャー企業のヴイストン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。