« シンガポール・インドネシア企業視察 | トップページ | シンガポールエプソン »

2008年8月24日 (日)

緑の多い綺麗な都市、シンガポール

S20080824_14 S20080824_23 S20080824_48 S20080824_62 S20080824_70 S20080824_72

S20080824_24 S20080824

24日(日)の午前中はバスでシンガポール市内めぐり■シンガポールは、1つの都市で国家ができている都市国家です。中国系、マレー系などの住民が住む多民族国家でもあります。国土が狭いため、国民のおよそ9割が高層の集合住宅に住んでいます。民族による棲み分けをなくす目的もあって、政府が強力に建設を進めてきました。■市街地に入る車から料金を取り、それで交通量を減らそうとしています。ERPといって自動車についた装置にカードを差し込んで使います。交通量が多い時間帯は料金を高くするなど、状況に応じていろいろと設定できるようになっています。■インターネットに無料で接続できる端末が、街角に設置されています。国土が狭く資源に恵まれないので、ITによって国の経済を成立させようとしているのです。小中学校の授業でも、コンピューターが取り入れられています。■シンガポールで禁止されているものに喫煙。花を摘み取ったり、道路に唾を吐いたりしてもダメ。鳥にエサをやっても罰金。それから、チューイングガムを輸入するのもダメです。多民族国家をまとめて、外国資本や観光客を誘致するためにも、安全な国にするために細かく管理しているのです。■緑の多い綺麗な都市です■「明るい北朝鮮」とも言われ、政府はシンガポールに関する情報のチェックをしています。■1972年9月15日、当時の首相リー・クアン・ユーの提案で造られたマーライオン。上半身がライオン、下半身が魚の不思議な容姿の像です。上半身のライオンはシンガポールの名前の由来であるシンガポール(サンスクリット語でライオンの意味)に由来し、下半身の魚は港町シンガポールを象徴しているという。そのマーライオン像の前で記念写真。■今日は車を閉め出し、マラソン大会をしていました■午後は高島屋SC3階にある紀伊国屋書店へ。東南アジア最大のフロアを誇ります。全体の15%が日本語の書籍や雑誌が揃っているそうです■夕食はモンゴリアン料理でした。■ナイトツアーは昨年(2007年3月)から始まった光と音楽、噴水がシンクロするショー。ソング・オブ・ザシーを楽しみました。

|

« シンガポール・インドネシア企業視察 | トップページ | シンガポールエプソン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。