« ネットの知 | トップページ | 段ボール用印刷インク »

2008年9月 3日 (水)

言葉の花束

20080904 3日(水)のブログはお陰さまで1000回目となりました。(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「2008.09.01プラス魅力169-08.9.1.doc」をダウンロード してご覧ください。
☆ 人をほめることのできる人は、幸せな人
ほめることは、結局、自己表現。感じ入ったときは、手放しでほめることです。わだかまりなく、人をほめることのできる人は、幸せな人だといいます。「折り紙付き」「圧巻」などよく耳にする言葉から、「口果報」「柳絮の才」のように現代ではそう使われることのない言葉まで、語源を遡り解説。言葉を使いこなし、人生を豊かにする練習帳。 ――山下景子「ほめことば練習帳」(幻冬社新書)
第1歩 感動を伝えるほめ言葉;
第2歩 能力に敬意を表するほめ言葉;
第3歩 潤滑油となるほめ言葉;
第4歩 魅力を引き出すほめ言葉;
第5歩 人生を応援するほめ言葉;
第6歩 幸せになるほめ言葉
☆「ことば遊び」を楽しむ
 コピーには「ことば遊び」を使ったものが少なくない。読んだ人が遊びを楽しむことによって、コピーの訴求力が生まれる。 ――鷲巣 力「コピーから世相を読む」(聖教新聞)
■今晩の試してガッテンは「予防効果8倍!アルツハイマー病制圧3原則」でした。
1)有酸素運動をする
2)話し相手を持つ
3)生活習慣病にならない食生活
▼「漢方で朗報!家族に笑顔が戻った」
漢方薬の「抑肝散(よくかんさん)」でした。                             ■竹下さんから3日の新聞コラムをいただきました「200893.doc」をダウンロード してご覧ください

|

« ネットの知 | トップページ | 段ボール用印刷インク »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。