« 新情報革命“クラウド” | トップページ | 恐慌の足音 »

2008年10月16日 (木)

医療施設経営診断としてのBSCの有効性

S20081016_1 S20081016_5 S20081016     S20081016_4                                                       16日(木)はISO指導、18時から桑蓬会9月例会第276回に参加しました。講師は 清澤康弘さん。テーマは「医療施設経営診断としてのBSCの有効性」。■清澤さんが所属する学会が出版する「業種別事典」の「医療福祉施設」18業種を執筆されました。■本日は、19頁にわたる豊富な「病院・医院」およびBSC診断事例により報告された。
1)事業領域、2)業界動向、3)構造特性、4)営業形態、5)流通経路、6)ランキング、シェア、7)取引先業界、8)マーケットデータ、9)広告・プロモーション戦略、10)ノウハウ、11)収益性、12)課題・問題点、13)法的規制、14)将来性、15)患者ニーズ、16)業界団体、17)業界専門用語、18)医療の歴史
■在院日数短縮とBSC導入により専門病院の特性を活かす ■同志社大学大学院医療政策・経営研究センター2008年度第3回教育ワークショップ 「救急医療システムを問い直す」
▼救急医療システムの再構築に向けて~コストと負担を考える~講師:安川 文朗 氏
▼「救急は医の原点」に対応できない公立病院~再生のシナリオを掲示する~講師:邉見 公雄 氏
▼日 時:11月11日(火)18:00~20:30
▼会 場:今出川キャンパス扶桑館 MM2
▼参 加:無料/定員60名
■日経平均暴落、1089円安の11%強、史上2番目の下落率。日経平均は1987年のブラックマンデー以来の下落率。米国の9月の鉱工業生産指数は34年ぶりの落ち込み。実体経済への影響は深刻です。■人口31万人のアイスランドは金融サービス分野に強く、グローバル化の波にのって急成長していました。そのアイスランドが金融破たんの危機です。GDPが150億ドルに対して、銀行対外債務が800億ドルあり、アイスランド中央銀行はロシアから40億ユーロ(約5500億円)のユーロ建て緊急融資を受けることを明らかにしました(10月8日)▼アイスランド、金融危機でマイナス成長となる可能性高い,政策金利を12%に3.5%ポイント引き下げた=中銀S20081016_2_2S20081016_3

|

« 新情報革命“クラウド” | トップページ | 恐慌の足音 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。