« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

歯科のレーザー治療

31日(金)痛くない虫歯の治療でした。虫歯の部分を取り除いた後、細菌をレーザーで殺菌し、詰め物をしていただきました。治療費用は1400円と安く、全く痛みを感じませんでした。先生は丁寧に説明してくださいました。このような治療法のデメリットは何でしょうか?レーザーを使用しない治療のところもありますね。
歯科用レーザー、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本レーザー歯学会へようこそ!
レーザー歯科治療・ガイド
特集記事 知りたい!レーザー治療 | ..
レーザー治療 歯科のレーザー治療について-ハーネット
レーザーで歯の治療!ホン トに治るの? - [歯の健康]All AboutS20081031_5S20081031_4S20081031_6S20081031_3_2S20081031_2

| | コメント (0)

2008年10月30日 (木)

年賀状は、贈り物だと思う

30日(木)、急に秋が深まってきました。■日経平均9026円、前日比917円高。円・ドルは97円74銭。ユーロ:130円45銭。■追加経済対策は最大27兆円、消費税上げ3年後と発表。■インフルエンザ予防接種(ワクチン)を受けました。今年流行するインフルエンザは何ですか?■全国の流行や検出の現状は、地域の感染症情報センター、保健所国立感染症研究所のホームページで知ることができます。■新型インフルエンザに備えて、国は2週間分の食料や日用品の備蓄を勧めています■くらしの小径(日本医師会HP)、旅の医療会話、休日の過し方■健康になる!健康の森へ、ようこそ!!(日本医師会)■病気をチェック!身体の部分でチェック!■今年もあと2ヶ月。■2009年用お年玉つき年賀はがきが売り出されました。今年の発行枚数は39億5千枚(前年比1.8%減)、近畿で6億1094万枚。今年は700枚書きますか?
年賀状は、贈り物だと思う
 たった一枚の、小さな紙。それが年賀状です。
 そこには何も入らない。
 指輪も、セーターも、シャンペンも入らない。
 でも、そこには、あなたを入れられる。
 あなたの気持ちを入れることができる。
 大切な人のもとへ。
 □□□、□□□□□□□□□□□□プレゼント。
■上記は昨年の年賀状のキャッチコピーでした。印刷の準備をしよう■運動不足、2944歩でした。

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水)

ISO14001内部監査員教育

S20081029_2 S20081029_329日(水)は谷町6丁目で、ISO14001内部監査員教育でした。午前は規格の復習、午後は監査チェックリスト作成、ロールプレー、是正処置要求書の書き方演習と目標通りに終了しました。受講者は次回の内部監査である5月実施の際に活躍が期待されます。■マイクロソフトが27日、インターネットを経由して各種ソフトやサービスを提供するクラウドコンピューティングに進出するための基盤技術「ウィンドウズ・アズール」を発表しました。■MSはサービスの本格化に備え米シカゴとアイルランドのダブリンに大型データセンターを新設する。■今年2月29日から3月6日訪れたアイスランドが世界で真っ先に金融危機が表面化しました。■アイスランド最大手銀行カウプシング銀行が発行した円建て外債(500億円)が27日、債務不履行条件に該当したことがわかった■国際通貨基金(IMF)から21億ドル(約2000億円)の緊急融資を受けることで暫定合意しているアイスランドの中央銀行が28日、政策金利を現行の12%から18%へ6%幅引き上げると発表しました。この危機はハンガリーやルーマニア、ブルガリアなど東欧各国に伝染。これまで欧州の銀行が高金利につられて多額の融資をしていました。欧州の金融市場は今後どうなるのでしょうか■NHK「ためしてガッテン」は1回10分、道具も使わず、高齢者でも楽にできる筋力トレーニングを紹介していました。▼スロートレーニングです。1)スロー腕立て伏せ、2)スロー腹筋、3)スロースクワットなどです。

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

スイス大自然周遊へ健康ウォーキング

20081028 28日(火)は朝の研修が延期になり、来週の研修のテキスト作成と準備でした。■日経平均が一時7000円割れ。困った状況ですね■本日の歩数は6401歩。■28日の発表の2008年版食育白書によると、一日の歩行数は全国平均で成人男性7525.5歩、成人女性は6662.6歩。神奈川県の男性が8371.5歩、兵庫県が8281.2歩。都市部の人の方がよく歩き、肥満の割合が低いそうです(朝日新聞)■昨日から地図上でスイス大自然周遊の(Zurich~Geneve)の527km を歩き始めました。前回は4ヵ月かかってしまいました。頑張って歩きます。■週刊東洋経済11月1日号は「医療破壊、消える病院、命を落20081028とす医師、さまよう患者と家族」です。
▼外科医の7割が当直明けに手術
▼綱渡りの血液搬送
▼全国の病院7割が赤字経営!
▼麻酔医の大量退職

| | コメント (0)

2008年10月27日 (月)

ナニワの発明王 ハードロック工業

20081027 27日は12180歩。秋が深くなってきた朝の大阪城公園を散策しホテルで朝食。午後1時から夜8時まで個人情報保護マネジメントシステムの指導でした。■世界経済の悪化と円高の進行への警戒感が引き続き根強く、日経平均株価はバブル崩壊後の最安値を大きく下回って7100円台まで下落しました。■日経スペシャル カンブリア宮殿「“安全“を開発せよ!~ナニワの発明王が吼える! 日本のものづくりは死なない~」ハードロック工業・代表取締役社長・若林克彦氏 ■NHKスペシャルは「日本とアメリカ第2回 日本アニメ vs ハリウッド」■週刊エコノミスト11月14日号は「金融崩壊から景気悪化の負の連鎖、大不況」です。S20081027_3 S20081027_6 S20081027_7 S20081027_9 S20081027_13 S20081027_14

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

慶應義塾と日米関係を考える

26日(日)、ルソンの壷は世界の熱帯魚を輸入販売するトップ企業「カミハタ養魚グループ」。扱う魚は、年間5000種類以上にのぼる。会社を成長に導いてきたのは、会長の神畑重三さん。■経済羅針盤は家にいながらにして温泉気分を味わえる入浴剤のツムラライフサイエンス・古賀和則社長。■慶應義塾の原点は大阪。10.30から大阪国際会議場で2008年関西合同三田会慶應義塾創立150年記念大会。安西祐一郎塾長、服部禮次郎連合三田会会長をはじめ、 元財務大臣・塩川正十郎さん、 慶應義塾大学文学部 荻野アンナ教授など多数のご来賓の方々を迎え盛大に記念式典が開催されました。■“闊達”諭吉20代後半、渡欧中の写真、オランダで発見。▼26日産経新聞によると、福沢諭吉先生(1835~1901年)が文久2(1862)年、文久遣欧使節の通訳として渡欧した際に撮影された写真4枚がこの夏、オランダのユトレヒトで発見された。▼渡欧中の肖像写真はこれまでに十数枚が確認されているが、慶応義塾福沢研究センターの都倉武之さんは「諭吉の自由闊達な気風がとらえられた、とても興味深い写真」と話している。■NHKスペシャル「日本とアメリカ第1回“アメリカ”買収~グローバル化への苦闘~ 」は 日米関係を様々な視点から見つめ直すシリーズの第1弾。▼今、米企業を買収し、グローバル競争を勝ち抜こうとする日本企業が急増している。▼そのその先駆けとも言える動きが、東芝による原発メーカー・ウェスチングハウス社の買収。▼日本国内だけでは成長が望めず、新興国への市場拡大を目指す中で、米企業の販売網やネームバリューをそっくり取込もうという戦略だ。▼日本側が培ってきた「物づくり」の技術を生かし、米企業をうまく使いこなすことができるのか。■ブログ:慶應義塾大学 総合政策学部長阿川尚之「ブッシュ以後の日米関係」■慶應義塾大学 総合政策学部長阿川尚之「世界の中で日本の外交を考える」■あらたにす

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

文章作法

20081025 (財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんからいただきました言葉の花束「プラスαの魅力」です。■緒方竹虎式「文章作法」です。
■緒方竹虎式「文章作法」というのがあるそうな。
朝日新聞の主筆までつとめた政治家、故緒方竹虎氏の作文術である
①まず短冊のような細長いメモ用紙をつくる。
②書こうとする文章に、どうしても書き落とせない要点を、思いつくまま、一枚に一つずつ、この短冊に書き込んでいく。
③書き込んだ短冊を、机の上いっぱいに広げる。
④それを目で追い、これは序論に使う、これは結論の「目玉の言葉」に残しておく、などと入れ替える。
⑤机の上に並べた骨組みの短冊をつなぎ合わせ、肉をつけて、所定の長さの文章に仕上げていく。 驚いた。短冊をつくること、その短冊を机の上に並べることが、画期的だ。
 じつは、この作文術、大内文一さんの『PTA広報づくり入門』(新評論)を読んで知った。大内さんは朝日の記者だった酒井寅吉さんから教わつたらしい。 だから、わたしがここに紹介するのは、孫引きの孫引きということになる。
つまり〝ヒマゴ引き″だな。――青木雨彦「こっそり教えます」(講談社)
■「文章作成のコツ」
書くテーマ、題材がきまれば、まずその題材について、脳の中が嵐になるぐらい、考えを巡らし、思いついたことを一枚のシートに次々にメモにしていく。いきなりワープロに向かうのは良くない。まず文章の設計図を作ることである。
1)思いついたことは全部書く。
2)幅広く考える
3)思いついたことは必ず書く
4)単語でもいいし、文章でもいい
5)以上を同類項ごとに4つに分けて、分類し、整理しておく。
書きたいことをすべて書き並べる。
文章構成について
次に4色のサインペンで「起承転結」の4分類にまとめる。
1)事実を述べる
2)自分の意見を述べる
3)意見の正しさを検証する
4)反論を想定し、それに反論する
文章作成のコツのブログです(2006.11.19)
■斉藤孝「原稿用紙10枚を書く力」:10枚を達成すれば、あとは同じ!「書く力」がつくと、仕事や人生が変わる!
2006年1月16日ブログ:「文章の設計図」
■25日(土)は大和高田市で研修でした。S20081025_1 S20081025_2 S20081025

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

「廃棄物は資源の原石である」~循環型社会への道筋~

20081027 24日(金)日経ビジネス10.27号は「遡上経営、市場反落、今こそ源流をつかめ」を特集しています。■米国の金融不安に端を発する世界不況の到来が現実味を帯びる。逆風の時代。しかし、資源戦略に後れを取った日本にとっては僥倖でもある。資源を寡占する「持てる者」の鉄壁がわずかに軋む今、あえて言う。日本企業よ、遡上せよ(p.24)。■「ゴミの山に新たな権益」、廃棄物は資源の原石である。地上資源をリサイクル。資源を買わなくなる日(p.36)。循環型社会構築の発想のヒントが満載である。■株価が語る。日本株、金融危機の震源地・米欧よりもきつい下げ、世界好況に安住、代償は重く。(P6.より)
■24日は円高・株安止まらず、東証終値7649円。前日比811円安。円急騰一時95円台、13年ぶり。■福澤諭吉先生が慶應義塾を創立してから150を迎えます。11月8日(土)S20081024_3には、福澤諭吉先生の生誕の地である大阪でも創立150年記念式典が行われます。■10月26日(日)は大阪国際会議場で2008年関西合同三田会慶應義塾創立150年記念大会が開催されます。■あらたにす■竹下輝明さんからいただいた新聞コラムです「20081024.doc」をダウンロード ■本日の歩数は9302歩。夕方からの研修でした。

| | コメント (0)

2008年10月23日 (木)

東証大幅続落(8016円)、96円の円高

2008102520081025 23日午前の東京株式市場では日経平均株価が大幅続落。世界的な同時株安が続く中、東証、600円超下げ 一時8000円割れ(8016円)寸前 。前日の米国株安と円高の進行を嫌気。1ドル=96円台まで急速に円高・ドル安が進み、景気に悪影響を及ぼすとの警戒感が広がっています。すでに輸出企業の業績に大きな影響が出ています■週刊東洋経済10.25号は「家族崩壊」を特集しています。▼インド自動車市場、挫折の先の「熱気」P112.■月刊アミューズメントジャパン11月号は2002年にJTBサービス最優秀旅館日本一を受賞した㈱阿寒グランドホテル社長・大西雅之さんの「サービスは個人技ではない」が興味深い記事でした。■ブログ:2005年12月25日 (日)あかん悠久の里 鶴雅あかん悠久の里 鶴雅■ネジ製造業のコンサルでした。本日の歩数10301歩。

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

ラジオ体操のエッセンス

NHK「ためしてガッテン」の放送はシリーズ運動で若返り[1] 生死を分ける!健康体操ホントの効用でした。▼NHKの「ためしてガッテン」のホームページから引用します。▼テレビ・ラジオ体操指導員である多胡肇さんがラジオ体操のエッセンスを短時間でやりたい、
という方にオススメするのは、以下の3種目です。
1)伸び:
  頭上に手に取りたい物があることをイメージし、手を伸ばすように目一杯体を伸ばします。  この時、カカトは浮かさず、逆に地面を押さえる感覚で行うのがコツです。
2)体の横曲げ:
  腕を頭上に伸ばし、脇腹を伸ばすように体を大きく横に倒します。
3)体のねじり:
  体をまっすぐに保ったまま、胴体を左右にねじります。  こうした運動を日常生活の中に上手に取り入れることで、無理なく続けることができます。
■22日は雨、午前8.00から早朝研修、午後は東大阪市でISO指導でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

環境経営学会第2回地区研究報告大会関西地区秋季研究発表会

S20081021S20081021_2  21日(火)、中小企業CSR分科会及び中小企業診断士のISO研究会に参加しました。
■中小企業CSR分科会17.00~
環境経営学会第2回地区研究報告大会関西地区秋季研究発表会の大会テーマ「中小企業CSR」です。
第2回地区研究報告大会のプログラムはホームページをご覧ください。開催案内は「2.doc」をダウンロード してご覧ください。
環境経営学会非会員の方も参加できます
1.日時 2008年11月15日(土)
2.会場 関西学院大学梅田キャンパス(KGハブスクエア大阪)
■中小企業診断士のISO研究会18.30~
1.ISO9001の規格改定の動き
2..論文の構成、執筆担当者、その他の討議
▼想定する読者は、まず中小企業診断士とし、合わせて中小企業の経営者とすることが確認された。
▼次回は11月 13日(木)18:30~
▼「中小企業診断士としてISO指導での役割」の執筆を担当する。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

言葉の花束「ありがとうは<奇跡の言葉>である」

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました

☆ありがとうは<奇跡の言葉>である。口に出せば、元気が出る
▼ありがとうは<奇跡の言葉>である。口に出せば、元気が出る。耳に入れば、勇気がわく。 私自身、毎日、朝から晩まで「ありがとう」「ありがとう」と言い続けている。▼外国に行った時も、「ありがとう」の言葉だけは現地の言葉で伝えることにしている。▼「サンキュー」「メルシー」「ダンケ」「グラシアス」「スパシーバ」「謝謝」。それを、心を込めて、きちっと相手の目を見て言っているつもりである。▼ 「ありがとう」を言う時、聞く時、人は心のよろいを脱ぎ捨てる。人と人が深いところで通い合える。「ありがとう」が非暴力の真髄なのである。▼「ありがとう」の中に相手への敬意がある。謙虚さがある。人生に対する大いなる肯定がある。前向きの楽観主義がある。強さがある。「ありがとう」と素直に言える心は健康である。だから「ありがとう」を言うたびに、あなたの心は光ってくる。体にも生命力がわく。(中略)▼家庭でも、「こうあってほしい」「こうあるべきだ」と、自分の思い通りの妻や子どもに変えようとしないで、まず、「ありがとう」と言ってはどうだろう。――池田SGI会長「人生は素晴らしい」
☆緒方竹虎式「文章作法」。■「言葉の花束」「17208.10.15.doc」をダウンロード   してご覧ください。
あらたにす
■竹下さんからいただいた20日の新聞コラムです。 「20081020.doc」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

日本小集団協会例会と京阪中之島新線開業

S2008101921_9 19日(日),大阪の都心を東西に貫く地下2.6KMの京阪電鉄中之島新線開業、天満橋6.53発の電車に乗車し中之島駅直結のリーガロイヤルホテルへ。お隣の大阪国際会議場も便利になりました。▼新4駅のうち、3つの駅名に「橋」がついています。渡辺橋駅、大江橋駅、なにわ橋駅、そして中之島線の分岐点の駅名も天満橋駅。島を繋ぐ橋の名前が由来しています。■ルソンの壷TTNコーポレーションの社長・辻野秀人さん。畳表の張り替え1枚わずか3分半。その速さと24時間営業を武器に、5年で売り上げを5倍に伸ばした畳店さんです。■経済羅針盤は冷凍設備メーカーのアビー社長・大和田哲男さんでした。
■9.30から日本小集団協会例会ですばらしい多数の資料をいただきました。
1)シンガポール・インドネシア視察日程(工業経営研究学会)8.23---8.29
2)世界の大学最新情報とシンガポール大学
3)セイコーエプソン・新社長・碓井稔氏
  4)巴バルブのバタム島での事業展開
5)「世界の工場」賃上げ
6)アイスランド経済危機
S200810197)「ドル大暴落」の足音が聞こえる
8)打つ手なしのGMに「破綻」の足音
9)三洋電機「身売り先」は「トヨタかホンダ」
10)新線にぎわい連結
11)なにわの「川床」楽しんでや
12)大阪川床「北浜テラス」
13)上町断層地帯の地震による地殻変動等に伴う浸水可能性の評価について
14)グーグル次の10年へ
15)グーグルの人材吸収力
16)最近のブログ・タイトル 
17)ニッポンのオンリーワン技術を探せ
18)Casitaのサービスとは
19)社長が話し方を工夫すれば社員は自分で考え自主的に動く
20)マンスリー・レビュー2008.8
21)マンスリー・レビュー2008.9
22)マンスリー・レビュー2008.10
S20081019_123)「木を植える」谷川俊太郎
24)「環境問題と哲学」梅原 猛
25)「食の安全と食環境ー消費者の課題ー」山口秀昌
26)大楽小楽2008.07
27)大楽小楽2008.10
20081020 28)知っておきたい循環器病あれこれ34心筋梗塞、狭心症ーその予防と治療
29)知っておきたい循環器病あれこれ44カテール治療の実際ー風船治療とステント治療
■21.00~NHKスペシャルは「世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦~輸入大国・日本の苦闘~」■あらたにす■竹下さんからいただいた19日新聞コラムです。「20081019.doc」をダウンロード S2008101921_2S2008101921_5 S2008101921_8 S2008101921  S20081019_2

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

世界の大学最新事情

20081018cover081022 18日(土)は東大阪で7.30~11.30:研修。その後、大和高田市で13.00~18.00:研修でした。■移動の車中で読んだ「ニューズウィーク日本版2008-10・22号」の特集は「世界の大学、最新情報」と「世界経済危機」で、とても興味深い読み応えのある内容でした。
■世界の大学 最新情報▼ 中東やアジアの各国が留学生獲得に乗り出し、名門大学の分校を次々と設立。ヒトとカネの流れを変える知の大移動」が始まった (P36)。ビジネス分野の研究者にとって、シンガポールと中国の大学を比較したとき、中国の方が自由だった(P41)。
教育 塗り替わる世界大学マップ 36
中東 アラブ新時代の学術都市 40
中国 リスクを恐れぬ学者求む 41
イラン 中東に現れた理工系大国 42
インド 増殖する「学位製造工場」 44
トレンド 大学改革派の生き残り戦略 46
アジア そろそろアートで行こう 50
テクノロジー キャンバスはネットの中 51
学費 進路選択は車選びのように 52
受験 韓国が生んだ超進学校 53
視点 伝統校よ、焦ることなかれ 55
■ 世界経済危機
恐怖の連鎖で経済危機に 16 
ガス欠でビッグ3が破綻危機 22
識者6人が見た金融安定化法の穴 34
崩れ去ったマイホームの夢 30
あらたにす

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

恐慌の足音

S20081017S20081017_2 17日(金)は八尾、大阪市内でISO審査の立会い、不適合はゼロでした。
日経ビジネス2008.10.20号は緊急特集「恐慌の足音」です。
▼第1部 迫る1929年の悪夢
米国経済、宴の後
欧州バブル崩壊、新局面
日本の金融機関に波及必至
これが危機の実相だ
S20081020cover_20081020▼第2部 日本企業に迫る津波
コンテナ船に異変
生産活動、世界で縮む
IT・自動車・流通に激震
▼第3部 危機はどう乗り切るか
ドル信認に揺らぎ
「無理な拡大は避けよ」スティーブン・グリーン氏(英HSBCホールディングス会長)
世界再興に4つの課題
■独創の研究は「 シルク・ドゥ・ソレイユ(サーカス集団)」です。それは「ディズニー感服の創造力」です。

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

医療施設経営診断としてのBSCの有効性

S20081016_1 S20081016_5 S20081016     S20081016_4                                                       16日(木)はISO指導、18時から桑蓬会9月例会第276回に参加しました。講師は 清澤康弘さん。テーマは「医療施設経営診断としてのBSCの有効性」。■清澤さんが所属する学会が出版する「業種別事典」の「医療福祉施設」18業種を執筆されました。■本日は、19頁にわたる豊富な「病院・医院」およびBSC診断事例により報告された。
1)事業領域、2)業界動向、3)構造特性、4)営業形態、5)流通経路、6)ランキング、シェア、7)取引先業界、8)マーケットデータ、9)広告・プロモーション戦略、10)ノウハウ、11)収益性、12)課題・問題点、13)法的規制、14)将来性、15)患者ニーズ、16)業界団体、17)業界専門用語、18)医療の歴史
■在院日数短縮とBSC導入により専門病院の特性を活かす ■同志社大学大学院医療政策・経営研究センター2008年度第3回教育ワークショップ 「救急医療システムを問い直す」
▼救急医療システムの再構築に向けて~コストと負担を考える~講師:安川 文朗 氏
▼「救急は医の原点」に対応できない公立病院~再生のシナリオを掲示する~講師:邉見 公雄 氏
▼日 時:11月11日(火)18:00~20:30
▼会 場:今出川キャンパス扶桑館 MM2
▼参 加:無料/定員60名
■日経平均暴落、1089円安の11%強、史上2番目の下落率。日経平均は1987年のブラックマンデー以来の下落率。米国の9月の鉱工業生産指数は34年ぶりの落ち込み。実体経済への影響は深刻です。■人口31万人のアイスランドは金融サービス分野に強く、グローバル化の波にのって急成長していました。そのアイスランドが金融破たんの危機です。GDPが150億ドルに対して、銀行対外債務が800億ドルあり、アイスランド中央銀行はロシアから40億ユーロ(約5500億円)のユーロ建て緊急融資を受けることを明らかにしました(10月8日)▼アイスランド、金融危機でマイナス成長となる可能性高い,政策金利を12%に3.5%ポイント引き下げた=中銀S20081016_2_2S20081016_3

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

新情報革命“クラウド”

S20081015 15日(水)快晴。「大阪にも川床のような水辺の風物詩がほしい」「大阪を川と町がつながる水都にしたい」「もっともっと水に近づきたい」。大阪・中之島を望む土佐堀川の川床「北浜テラス」のてる坊で、そばをいただきました。■ブログ記事からのてる坊情報です■ブログ情報:北浜テラス」のてる坊■今日のクローズアップ現代は「新情報革命“クラウド”の衝撃」でした。▼パソコンにソフトをインストールしなくても、ワープロや表計算、高度な画像加工まであらゆる作業を行うことができる。▼あらゆる情報処理をインターネットの向こう側「クラウド=雲」にある巨大コンピューターに一手にゆだねようという仕組みです。▼米国のセールスフォース社はクラウドを通じてビジネス分野で企業向け情報サービスを提供し急成長。■東大阪市の中小企業(15人)のネジ革命を推進するツルガの『セールスフォースの活用事例』が紹介されました。■グーグル:「クラウドが企業に役立つ10の方法S20081015_9 S20081015_10 S20081015_11 S20081015_17

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

東京ディズニーリゾートとシルク・ドゥ・ソレイユ

14日(火)週明けはよく雨が降ります。先週も、先々週も。■8.00から営業研修。9.45八尾へ移動してISO指導。■10月度の中小企業診断士交流会『ファイヤー』は欠席しました。
▼辻岡さん「目に見えない資産の有効活用について」
▼福嶋さん「サラリーマン立ち上げ屋の経験を生かす・若輩診断士のキャリアビジョン」
など楽しみでしたが。
■ガイアの夜明けは「東京ディズニーリゾート 次なる野望~ショービジネスへの挑戦~」でした。▼東京ディズニーランドがオープンして25年。今年の上半期、東京ディズニーシーとの合計入園者数が2500万人以上、過去最高を記録した。一体その秘訣とは?▼「東京ディズニーリゾート」の知られていない従業員教育の裏側などを取材し、強さの秘密を探る。▼従業員に配られる冊子には、接客への心構えである「魔法のこつ」が記されているという。そして、従業員でも出演者として振舞うことが求められ、「従業員もショーの一部」と考えられている、その徹底した従業員教育とはどんなものなのか?▼そしてこの秋、新たな挑戦としてショービジネスに乗り出した。▼上演するのは、世界的に人気の高いサーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」。約100億円をかけて施設内に常設劇場を建設、新作のショーで10年以上というロングランを目指す。▼これまで東京ディズニーランドなどで培ったそのノウハウをショービジネスに生かしながら、どうやって相乗効果をあげていくか、独占密着しその全貌を明らかにしていく。▼10月1日の「シルク・ドゥ・ソレイユ」のグランドオープンまでの3ヶ月間、ガイアのカメラが、その全貌を独占密着取材した。▼この「シルク・ドゥ・ソレイユ」が大阪の京阪電車中之島駅近くに、来年7月から9月やってきます。
東京ディズニーリゾート
シルク・ドゥ・ソレイユ
あらたにす

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

中之島は大きな帆船

S20081013_3_2 S20081013_6_2 S20081013_9 S20081013_10 S20081013_11 S20081013_16 S20081013_18 S20081013_22 S20081013_17_2      S20081013_5S20081013S20081013_1_3                                                                                                   13日(月)ハート大阪秋まつり。▼19日に京阪電鉄中之島新線が開通します。秋晴れ、天満橋から中之島駅まで「八軒家浜からほたるまち」まで歩きました。帰途はタクシーのため歩数は10931▼「中之島は大きな帆船」を開催、大阪の中之島は堂島川と土佐堀川に挟まれた中州です。▼西の中之島公園から御堂 筋を渡り、東の新みどう筋が通る中州の形が上空から見ると帆船のように見える ことから、中之島を帆船に見立てるというイベントコンセプトが考えられました。▼土佐堀川に川床「北浜テラス」がオープンしました。残念ながら日曜・祭日は休みでした。▼「ふしぎな水鳥をつくろう」▼中之島駅のすぐ近くの市立美術館の空き地に、カナダのサーカス団「シルク・ドウ・ソレイユ」の人気ショーの「コルテオ」のテントができる予定です。▼ほたるまちには、福澤諭吉誕生の地であり、慶應義塾大学のキャンパスがあります

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

リゾートホテルのようなきれいな「ネジを作る会社」

S20081012midokappo3 S20081012kappo_1 S20081012kappo_2 S20081012kappo_3 S20081012kappo_4 S20081012kappo 三連休の中間日の12日(日)、大阪市中央図書館へ借りていた8冊の図書を返却。■25年間続いた御堂筋パレードが今年から廃止、かわって歩行者天国にするイベント「御堂筋Kappo」が開催されました。御堂筋沿道は全国の物産展やコンサートで賑わいました。事業費は昨年の1/3の約7000万円とか。■今朝のラジオ深夜便・こころの時代は「~からだと対話して生きる~」というテーマで菊池和子さんが2回にわたってお話しされます。きくち体操の歩み、自らの人生と生き方など。74歳から「きくち体操」を始められた方の腰が曲がっていたのに、毎日運動されたら、真っ直ぐなられた例など■「きくち体操とは」のWEB情報で紹介されています。■ルソンの壺は「旬材」の社長・西川益通さんでした。▼全国各地の「地魚」を直接買いつけ、都市の消費者に届ける食材流通ベンチャー「旬材」。漁師さんから20%高く買いつけ、消費者へ20%安く売るビジネスモデルとは?「日本の漁業を活性化させたい」と、鮮魚流通の革命に乗り出した会社の挑戦のご紹介でした。
旬材のホームページです。
■経済羅針盤はネジを作る会社・福井鋲螺の打本幸雄社長。▼「町工場といえば油まみれ・汗まみれ」そんなイメージを持っていませんか?▼こんな町工場につきまとうイメージを一新、リゾートホテルのようなきれいな職場環境を作り、業績を伸ばしているのが福井鋲螺です。▼一流デザイナーが設計した豪華な社屋の中を覗いてみると、ガラス張りの床にバーカウンター。とてもネジを作る会社には見えません。▼打本社長が、3年前に新社屋を造りました。▼「きれいな職場だと社員のやる気が出る」「きれいな職場だと、部品がなくなることがない。なくなってもすぐに分かる」。▼実際、会社の業績は3年で20%伸びています。▼会社は見た目が大事だ。職場作りを通した社員の意識改革についてお話しされました。▼整理整頓、5Sから扱っている製品のネジを宝石のように飾る工夫まで。床は大理石ばり。真似るヒント、工夫すべきことが沢山ありましたね。

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

ISO27001内部監査員養成

10月からパナソニックに社名変更、そして「情報化月間」。20081011iso27001S20081011_6_edited11日は門真市の松心会館でパナソニック・協栄会のISO27001内部監査員養成(認定)の研修でした。■テキストは「審査員が教えるISO27001実践導入マニュアル」ほかを使用しました。■管理策の説明に最も多くの時間をとりました。ISMSの管理策の有効性測定の評価。管理策の実行度(実施率)、管理目的の達成度など。勉強熱心で優秀な受講者でした■今回の研修を受講しての全体的な感想。事前の準備・上司の動機付け。研修の内容は。担当業務への結びつけ。今後の決意・活かし方について(職場・仕事・生活等で)。ご意見・ご提案等をいただきました。■下記は受講者の感想の一部です。今後の研修の仕方の参考になります。▼受講前は情報セキュリティについて、何をすべきなのかわからないことがあり、なかなか理解できませんでしたが、今回の研修を受講して重要な内容、何をすべきかが少しづつ理解できました。説明の方法も良かったのでよく理解できました。▼一日という短い時間でしたが、ポイントと実際に運用した場合に必要な内容をわかりやすく学べたので良かったです。▼各項目の目的をしっかりと説明して頂いてから具体的内容に入っていったために、ポイントと流れがわかりやすく良かったと思います。▼成果の出し方や、どこまでISMSを進めたらよいかなど、考えないといけない内容があることがわかりました。▼管理策の有効性をどう判定していくかが難しいと思いますが経験を積まなければならないと強く感じました。▼管理策について、細かく理解でき、運用した後の対策や改善に結びつけることができると思います。▼ISMSを運用していくために進めていかなければならないことがまだまだあるので、今回学んだことを我々の会社、組織に合わせてISO27001受審に向けて進めていく。さらに内部監査員としても今回学んだことを参考にして進めていきたいと思います。▼来年度の2月のISO27001認証取得に向けて今回の講習を活かして的を得た内部監査を実施したいと思います。▼質問や本を読むなど、先生の工夫で苦痛なく研修をうけることができありがとうございました。▼休憩時間を適切なタイミングで入れていただきありがとうございました。▼丁寧かつテンポ良く進めていただき誠にありがとうございました。■ハードな研修にご参加いただき、ありがとうございました。
パナソニック・協栄会会員会社リンク検索(117社)
日経ビジネス2008.9.15号:パナソニックの野望、「暮らし独占」、世界を変える
■「松下」消え、経営理念を叩き込む
パナソニック、全世界の社員に原点回帰求める
■「パナソニック」社名変更を機に 冷蔵庫や洗濯機を国際市場で売る
パナソニックの家電は変わるのか
パナソニック━━社名変更の深層
松下電器はなぜ「パナソニック」に社名変更するのか
ブログ:パナソニック
パナソニック・協栄会のISO9001内部監査員養成(認定)研修あらたにす太洋工作所 S20081011_4_2 S20081011_5S20081011_7_2

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

役に徹する

20081010kyoyo 10日(金)「役に徹する」、組織に属する人々は、到達すべきゴールを知って働くことが何より大切です。目標をはっきり知れば、そのために何をすればよいかという具体的な役割が定まります(職場の教養10月号より)■10日はISO審査準備の指導でした。■歩数は10283歩でした。■明日はパナソニックス協栄会でISO27001の内部監査員研修の講師を担当します。3連休につき、一日で終えたい受講者のために事前に2~3時間の宿題を課しています。8.30--20.00のハードな研修です。■10日夕刊のトップニュースは東証8100円台、暴落一時1000円超。もう一つは高島屋と阪急阪神提携。株価の下落は止まらない。■あらたにす ■竹下輝明さんからいただいた10日のコラムです「20081010.doc」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

本当のものとISO

9日(木)、「本当のものがわからないと本当でないものを本当にする」(欣浄寺さん)。朝8.30から東大阪から大阪市東住吉区へ移動して工業ゴム製品企業のコンサルティング、午後2時から東大阪でのネジ製造業のコンサルティング。■地下鉄、東生駒線、JR、近鉄南大阪線、近鉄大阪線と移動が大変でした。■ISOの最新情報はアイソス誌11月号と中尾優作 アイソス日記です。■アイソス2008年11月号の特集は「 広がるISO審査サービス統合/リスク/成熟」です。■中尾優作 アイソス日記あらたにす ■竹下輝明さんからいただいた9日の新聞コラムです「2008109.doc」をダウンロード S20081009_2 S20081009_3 S20081009_4 S20081009_6

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

知的資産経営マニュアル

8日(水)は二十四節気の寒露です。鴻雁来、かりが飛来しはじめる。S20081008_2S20081008_1■平成20年度中小企業診断士理論政策更新研修でした。■講師は中小企業診断士の細谷弘樹さんでした。
▼新しい中小企業政策について
 ○農商工連携事業
 ○地域力連携拠点事業
 ○新現役チャレンジプラン創設
 ○事業承継円滑化支援事業
▼中小企業の知的資産経営

中小企業の成長・発展の原動力(価値の源泉)である「知的資産」を明確に認識し、それらを意識的に活用していくことで持続的な成長を目指すことが重要となります。
 ○知的資産経営報告書
 ○中小企業のための知的資産経営マニュアル(2007年3月)
浅野のブログ:2008年5月22日 (木)知的資産経営報告書あらたにす

| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

忘れてならない戦争の悲劇

7日(火)は8時から営業研修、午後は運輸業のISO14001のコンサルテS20081007_2_2 S20081007_3_2ィング。■デジタS20081007_1コの情報日経エコロジー11月号の特集は「コスト削減から環境ブランド向上、容器包装で攻める」でした。■18.30から大阪経営者漁火会10月例会に参加しました。
■テーマは「忘れてならない戦争の悲劇ーシベリアより帰還した生の声ー」
■語り手:宮田武次氏(コーワ21・金田社長の師匠)
     亀谷幸次郎氏
 聞き手:前芝辰二氏(大光電機・社長
大光電機のホームページ
コーワ21のホームページ
S20081007S20081007_4  ■昭和13年から20年の終戦まで、満州第六国境守備隊砲兵ニ中隊に在籍し、現中国東北部(旧満州国黒河省)に駐在。戦争という過酷な状況の下で、思想を超越し、生と死の極限を乗越えて、無事帰還されたお二人から貴重な生の声をお聞きしました。■夜のニュースは「世界株安とノーベル賞、日本の3人に」。世界株安の暗いニュースを吹き飛ばすような「日本研究者の物理学賞受賞、とても嬉しい、明るいニュース」でした。■歩数は15270歩■あらたにす

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

夕焼け

S20081006_1 S20081006_2 S20081006 6日(月)は東京のパテネットでお仕事。本日の歩数は10620歩。帰りの新幹線から見えた夕焼けが綺麗でした。■日経ビジネス10月6日号の特集は「不況に攻める地味企業 上場4000社調査 強気企業トップ50ランキング」です。■ウェッジ10月号は「通信2強の欺、これじゃケータイ下がらない」20081006cover_20081006

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

顧客満足NO.1のカシータ

S20081005_210月5日(日)は明治大学で開催の工業経営研究学会の第23回全国大会2008は統一論題,自由論題,シンポジウムです。                              ■9.00~統一論題報告テーマ「グローバリゼーション下の工業経営研究のフロンティア」
「日本の自動車メーカーの受注生産戦略比較」富野貴弘(明治大学)
「工業経営と非正規社員化に関する複眼的考察」小松史朗(近畿大学)
「環境経営の分析視座ーー持続的競争優位の視点からーー」所 伸之(日本大学)
「セル生産システムからポスト・リーン生産システムへ」信夫千佳子(桃山学院大学)
■13.00~自由論題
「マネジャーが交わすコミュニケーションのコンテクスト・パターンに関する一考察」奥居正樹(広島大学)
「中小企業適合型の新しいグローバル経営化モデル」平松茂美(高千穂大学)
  ■14.15~統一論題シンポジウム「グローバリゼーション下の工業経営研究のフロンティS20081005_3 S20081005_22ア」
報告者:富野貴弘(明治大学)・小松史朗(近畿大学)・所 伸之(日本大学)・信夫千佳子(桃山学院大学)
コメンテーター:野村重信(愛知工業大学)・風間信隆(明治大学)です。                         ■19.00からは吹き抜ける都会の風と夜景を感じながら、邸宅のような落ち着いたひととき、顧客満足NO.1のカシータで「顧客満足の秘訣」を体験しました■帰る際に、額に入れた記念写真をいただき、9階からビルの1階まで下りて、忙しいスタッフの方はわざわざ、私たちが見えなくなるまで見送っておられました■そして、その深夜にホテルのFAXへカシータから礼状が届きました。時間は0:42です。▼「昨晩はご来店いただきまして本当にありがとうございました。HILLTOP CASITA でのひととき、お楽しみ頂けましたでしょうか? 心に残る○○記念日となりましたら幸いです。またお近くにお越しの際はぜひともお立ち寄りくださいませ。お2人のお帰りをSTAFF一同心より楽しみにお待ちいたしております。from HILLTOP CASITA 」▼ありがとうございました。さすが感動を与えるレストランですね。

| | コメント (0)

2008年10月 4日 (土)

工業経営研究学会の第23回全国大会2008年

S20081004_2 S20081004_24 10月4日(土)は工業経営研究学会の第23回全国大会2008年です。 ■大会会場:明治大学駿河台リバティタワー ■9.15自由論題「人類社会の課題としての地球環境問題」澤田鉄平(大阪市立大学院生)
「製造業企業家の経済思想における宗教的理念と社会的責任の関係について」長谷川直哉(山梨大学)
「資源循環の概念モデルに基づく豊島・直島の環境志向型行動と3R」村山賢哉(明治大学院生)
▼11.00--特別記念講演
「グローバリゼーション下における中小企業のモノづくり」株式会社オキツモ・代表取締役兼CEO・山中克敏氏
▼13.00--司会・コメンテーターを担当しました。
「ISO26000の準備とCSR活動の展開」古山滋人(長崎総合大学)
「SCMとCSR」文(富士常葉大学)
「アンケート調査を用いた顧客志向経営に関する企業行動の定量分析と指標化」
森下俊一郎(日本ニューレット・パッカ-ド株式会社)
▼14.55環境研究分科会・循環型社会研究分科会「企業の環境新時代と循環型社会の探求」
▼16.00会員総会
▼18.00懇親会です。S20081004_42 S20081004_43 S20081004_46  S20081004_3

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

JFEスチール・東日本製鉄所の見学

S20081003_1 S20081003          10月3日(金):13.00からのJFEスチール株式会社東日本製鉄所千葉地区工場見学。JFE東日本製鉄所千葉地区は薄板を得意としています。缶詰や缶飲料、ステンレス鋼板を生かしたキッチン・シンク、優れたデザイン性を誇る自動車用鋼板、高性能の大径鋼管によるパイプラインなどとして、世界中のあらゆる場面で使われています。■17.00から明治大学工業経営研究学会の理事会 でした。■4日から第23回全国大会2008年が開催されます。■ホテルはエドモンド飯田橋です。■あたらにす

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

東アジアの市場動向を視野に

S20081002_2_2 S20081002_3_2 S20081002_4_2 2日(木)はさわやかな秋晴れ。生コンクリート会社のコンサルティングでした。■三井住友銀行のマンスリー・レビュー10月号の視点は「東アジアを市場として捉える視点が重要に」です。■平成20年度版通商白書が、先進国にアジア諸国、ロシア、ブラジルなど新興国を加えた50億人を「商圏」と捉える視点を提示しています。日本企業にとって、東アジアの市場動向を視野にいれた経営戦略の策定が不可欠な時代に突入したことは間違いなさそうです。
平成20年度版通商白書
あらたにす
■2日の新聞コラムです(竹下輝明さんの提供です)「「2008102.doc」をダウンロード 

| | コメント (0)

2008年10月 1日 (水)

言葉の花束

S20081001_9 S20081001_12 S20081001_15 10月1日(水)。今年もあと3ヶ月となりました。模擬審査でした。■(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「17108.10.1.doc」をダウンロード   してご覧ください。
☆「人々の心を鼓舞する」新聞と確信する。
☆政治を党利党略でもてあそぶ愚をやめることだ
あらたにす
■竹下さんからいただいた1日の新聞コラムです。「2008101.doc」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »