« 役に徹する | トップページ | リゾートホテルのようなきれいな「ネジを作る会社」 »

2008年10月11日 (土)

ISO27001内部監査員養成

10月からパナソニックに社名変更、そして「情報化月間」。20081011iso27001S20081011_6_edited11日は門真市の松心会館でパナソニック・協栄会のISO27001内部監査員養成(認定)の研修でした。■テキストは「審査員が教えるISO27001実践導入マニュアル」ほかを使用しました。■管理策の説明に最も多くの時間をとりました。ISMSの管理策の有効性測定の評価。管理策の実行度(実施率)、管理目的の達成度など。勉強熱心で優秀な受講者でした■今回の研修を受講しての全体的な感想。事前の準備・上司の動機付け。研修の内容は。担当業務への結びつけ。今後の決意・活かし方について(職場・仕事・生活等で)。ご意見・ご提案等をいただきました。■下記は受講者の感想の一部です。今後の研修の仕方の参考になります。▼受講前は情報セキュリティについて、何をすべきなのかわからないことがあり、なかなか理解できませんでしたが、今回の研修を受講して重要な内容、何をすべきかが少しづつ理解できました。説明の方法も良かったのでよく理解できました。▼一日という短い時間でしたが、ポイントと実際に運用した場合に必要な内容をわかりやすく学べたので良かったです。▼各項目の目的をしっかりと説明して頂いてから具体的内容に入っていったために、ポイントと流れがわかりやすく良かったと思います。▼成果の出し方や、どこまでISMSを進めたらよいかなど、考えないといけない内容があることがわかりました。▼管理策の有効性をどう判定していくかが難しいと思いますが経験を積まなければならないと強く感じました。▼管理策について、細かく理解でき、運用した後の対策や改善に結びつけることができると思います。▼ISMSを運用していくために進めていかなければならないことがまだまだあるので、今回学んだことを我々の会社、組織に合わせてISO27001受審に向けて進めていく。さらに内部監査員としても今回学んだことを参考にして進めていきたいと思います。▼来年度の2月のISO27001認証取得に向けて今回の講習を活かして的を得た内部監査を実施したいと思います。▼質問や本を読むなど、先生の工夫で苦痛なく研修をうけることができありがとうございました。▼休憩時間を適切なタイミングで入れていただきありがとうございました。▼丁寧かつテンポ良く進めていただき誠にありがとうございました。■ハードな研修にご参加いただき、ありがとうございました。
パナソニック・協栄会会員会社リンク検索(117社)
日経ビジネス2008.9.15号:パナソニックの野望、「暮らし独占」、世界を変える
■「松下」消え、経営理念を叩き込む
パナソニック、全世界の社員に原点回帰求める
■「パナソニック」社名変更を機に 冷蔵庫や洗濯機を国際市場で売る
パナソニックの家電は変わるのか
パナソニック━━社名変更の深層
松下電器はなぜ「パナソニック」に社名変更するのか
ブログ:パナソニック
パナソニック・協栄会のISO9001内部監査員養成(認定)研修あらたにす太洋工作所 S20081011_4_2 S20081011_5S20081011_7_2

|

« 役に徹する | トップページ | リゾートホテルのようなきれいな「ネジを作る会社」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。